当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

お問い合わせ

golden.zipangu@gmail.com

へその緒とペニスを間違えてカット!あり得ない医療ミス続出w

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/04

W418
医療ミスはどこの国でも大きなニュースになることがあります。一歩間違うだけで、命に関わることもあるからです。十分気をつけていても、お医者さんの間違いは防げないこともあります。

悲惨!メキシコの医療ミス

メキシコの2人の研修医が、新生児を取り出す際、誤ってペニスを切った、というニュースが流れました。なんと、赤ちゃんのへその緒とペニスを間違えたというのです。

出産後、病院側の対応がおかしかったこと、父親への報告が3時間ほど遅れたことなどで、両親が異変に気づき、その後病院が認め、公式に発表することになりました。

病院側によると、すぐさま接合手術を行い、結果、「割礼」のような処理で済んだと述べています。研修医たちの名前や、医療ミスに至った経緯は公表されていません。

実はこの病院は、別の患者の右目摘出手術の際、誤って左目を摘出してしまい、患者が両目を失う、という大変な医療事故を起こしたばかりでした。

無料の公立病院と、高額すぎる私立病院

事件が起こったのは、ラテンアメリカ最大の保健機構が運営する、メキシコの公立病院でした。メキシコでは、公立病院の場合、患者の医療費負担が無料で処置を受けられます。

しかし、公立で無料であるがゆえに、医療の質の悪さ、環境の悪さが改善されることがありません。

医療ミスだけではなく、例えば救急で運ばれても、2~3時間待たされる、予約を入れても半年後にしか診てくれない、病院食が余りにも質素で入院患者が栄養失調になる、など、劣悪な医療現場についての話題は尽きません。

一方で、管理の行き届いた私立のクリニックや病院も多く存在します。しかし値段が高く、一般の人には敷居が高いのが現実です。

例えば、1泊の入院のために、前もって30万円支払い、それに加えて何十万円もする手術や治療費が別に請求される、というのは当たり前です。

こういった現状ですので、人口の半分以上が貧困生活を強いられているメキシコでは、たとえ度重なる医療ミスが話題になったとしても、ほとんどの人々が公立病院を利用せざるを得ないのが現実です。

フランケンシュタイン(ある医者が、死体から、奇妙な姿のフランケンシュタインという青年を作り出してしまったというストーリー)もびっくり、こういう医者は本当に犯罪者だ、刑務所に行くべき。
怠慢の罪は医者個人の問題ではなくて、こういう医者しか育成できない厚生省、保健省に問題がある。つまり、国の責任。
こういう低俗なニュースしか載せないスキャンダル誌にはあきあきする。来週は女性のヌード写真くらいしか載せるものがないんじゃない。
↑メキシコでは最近、薬局にお医者さんが来てくれるサービスが始まっているんだ。設備も整っている薬局で待つこともなく、すばやく診てくれるんだ。

それはそれでいいんだ、貧しい者は貧しいなりに、生き抜く方法を知っているんだよ。メキシコのことに口出しするな、メキシコにまたスペイン人が侵略するのは許されない。

(このニュースは、メキシコのニュースにも関わらずスペインの雑誌で紹介されました)

↑薬局にお医者さんが来るサービスもいいけど、彼らの目的は薬を売りつけることだからね。健康な人にも高い薬を売りつけて、病気にさせちゃうんだよ。
貧しい人には、貧しいなりの生き抜く方法がある、なんて嘘だ。貧しい人は、ただ黙って殺されていくしかないんだ。かわいそうな男の子。
こういうニュースが世界に広まるなんて、ほんと、恥ずかしい。
こういう医療ミスが発覚するにつれて、将来的には、公立病院がなくなって、全部私立病院になるのかな。もう、そのほうがいいよね。
それでも、働き者で、貧しい人を助けたいと思っている立派な医者だっているっていうことは、忘れてはいけないよね。ついつい、ミスばかりがニュースになってしまうから。
研修医のミス?そもそも、研修医がメスを持つなよ、っていう感じ。医療行為をする場合も、常に主治医の指導のもとですることでしょう。生死に関わる問題なんだから。
現実は、病院で働く医者も皆、研修医。だって医療に終わりはないのだから、どんな医者だって、常に研修医して経験を積む研修医、でしょう。
医学部に進んで卒業するのは、一番難しい進路。そして医学部に入ってからも、沢山学ばなければいけない。医療ミスは医師の怠慢だ、って言うかもしれないけれど、医者も大変なんだよ、時には36時間通しで働くこともあるんだ。
公立病院では、目を失い、性器を失い、腎臓を失い、命まで失う。恐ろしいことだよね。
メキシコの医療レベルについて、世界中で報道されてしまったんだね。それでも僕はメキシコ人なんだよ。
メキシコの医療現場には、何もないんだ。責任者もいなければ、管理者もいない、十分な薬もなければ、適切な設備もない、本当に何もないんだ。
医療ミスを認めて公式に発表したのはいいけれど、一体どういう経緯でミスが発生したのか、ミスを隠そうとしてその3時間、何をしようとしていたのか、そういったことはいつまでもうやむやで、公表されないんだね。

もし病院や国側が何も発表しないなら、報道機関の出番でしょう。報道とは、そういったことも突き詰めて公表していくことなんじゃないの。

怠慢による医療ミスは、絶対あってはならないことだよね。この期に及んでも、研修医の名前を公表しないで隠ぺいしようとする態度、どうかと思うよ。
結局、この赤ちゃんの事故は、割礼だけに終わったってことかな?ユダヤ教徒みたいで、いいよね。割礼済みの男性と性交する女性は性器の発がん率も低いんだって。
こういうニュースを流す目的は、公立の健康保険が役に立たないことを前面に出して、健康保険を売りつけようという、保険会社の策略なんだよ。
メキシコの私立の病院に一晩入院するだけで、約35万円かかるんだよ。これには手術代は含まれていない。公立の保険ならそれが無料。どんなにひどい処置しかしないとしても、それでもやっぱり、公立病院は貧しい人の味方だ、っていうことも知ってほしい。

日本の医療保険制度が優れていて、医療費が安いこと、医療のレベルが高いことは、日本に暮らしていると忘れがちかもしれません。

世界では、高い医療費を払えずに、危険を承知で病院に行くしか選択肢がない環境で暮らしている人がたくさんいるのです。

「このニュースを面白おかしく世界に広めるな」というメキシコ人の怒りのコメントもありました。

こんな問題が起きてしまう医療現場の現状や、それでもその病院に人々がかからなければならない環境などを世界に広めて、先進国日本が、援助を差し伸べる機会になる、意味あるニュースになればと願います。

(参考)http://www.excelsior.com.mx/nacional/2015/07/11/1034086
http://internacional.elpais.com/internacional/2015/07/11/actualidad/1436566125_438281.html

どうやったらへその緒とペニスを間違えるのかわからない。確かに笑える要素はあるけど、目の手術でも両目を失うとか管理が雑すぎて、患者さんがかわいそうで仕方ない。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年2月4日 10:22 PM

    両目を失うのは酷すぎる
    片目が見えないのと完全な盲目じゃこの先の人生選択の幅が違いすぎる

  2. 日本の名無しさん
    2016年2月4日 10:32 PM

    タイトル何草はやしとんねん
    笑えねーわ

  3. 日本の名無しさん
    2016年2月5日 2:51 AM

    多分、管理人さんはフェミナチ。

  4. 日本の名無しさん
    2016年2月5日 7:01 AM

    何笑ってんだよクズ管理人

  5. 日本の名無しさん
    2016年2月5日 8:35 AM

    ヘソとチンて
    医療ミス以前の問題だな
    性教育とか

  6. 日本の名無しさん
    2016年2月5日 3:28 PM

    メキシコか

    首を切られなかっただけマシだと思う事にしよう…

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.