当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

それはセクハラじゃない?やり過ぎなラテンアメリカのアプローチ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/11

ratin-love
ある日、女友達何人かと公園を歩いていると、一人の男性からの視線を感じました。気になったのでそちらを振り向いてみると確かに彼は私を見ていたのです。

正直私も気になったので友達と公園をもう一周してもう一度彼の前を通りました。今度は確信したのです、彼は私に気があると。すると彼が話かけてきてくれました。

この女性の状況にあなたがいたらどう反応していたでしょうか。もし男性の立場だったら?

ラテン文化の恋のアプローチ

この話はある夫婦がどのようにして出会ったかを語ってくれたものです。今は結婚して20年以上、大家族に囲まれて幸せな生活を送っています。

自分の気持ちを素直に表現することが苦手な文化で育った日本人にとってはこのような話は信じられないかもしれません。

しかし世界には様々な文化があるわけで、特にラテン圏の人々は表現力の点で傑出した「賜物」をもっているといっても過言ではないでしょう。

ただしあまりにも行き過ぎてしまうことも多く、逆の文化からするとプライバシーの侵害とかセクハラにとられることもあり得るのです。

ここでいくつかの例をご紹介します。

①好きと言って何が悪い!

控えめなで慎重な態度はある文化では重視されますが、ラテン系の文化になると全くの逆にとられます。

つまり自分の気持ちを表現しない=つまらない人と思われるのです。友達でもカップルでも家族でも、会話の節々で「あなたのことが大好き」「愛してる」などの表現が頻繁に使われます。

②道端でまで…

例えば幾人かの女の子が道を歩いているとしましょう。それを見ている男性は口笛をふきます。この口笛には意味があり、口笛=かわいいね、君は魅力的だよと言っていることになります。

男性が本当に個人的にその女の子に興味があるかないかにかかわりなく、一種の挨拶としてこれは一般的によく見られる状況です。

ちなみに全く口笛をふかれないと、女性の中には「私は魅力がないんだ」と感じる人もいるそうです。ある文化だとこの状況はセクハラとして訴えられることになりかねませんが、ラテン系ではこれが常識なのです。

③とにかく相手のことが知りたい!

ある人たちにとってプライベートなことを突っ込んで聞かれるのはとても不快なことです。しかしラテン圏ではとにかく質問して相手を知ることが純粋な関心の表れととられます。

初対面で家族構成、家族の名前などを聞かれるのは当たり前、年齢、体重、靴のサイズまで聞かれることもあります。

基本的に自分のことを話すのが好きな人は相手のことにも興味があるわけで、そうやって相手が何を考えどう感じるのかを知っていきます。

④実際に表現してこそ意味がある

相手のことを知って口で自分の想いを伝えるだけでは不十分、それを実際に体で表すのがラテンの文化です。

例えば朝起きて、家族にあいさつするのもおはようのハグとキス、行ってきますのハグとキス、そしておやすみなさいのハグとキス、言葉と表現はきってもきり話せない関係にあります。

これは夫婦でもカップルでも同様で、手をつないだりハグしたりというのは大切な愛情表現の一種、公の場でそれが見られないと逆に夫婦仲は大丈夫なのかと心配されることもあるそうです。

彼らには公共の福祉なんてお構いなし。道を歩いていると嫌でもそういう光景を見てしまうことも多々あります。

さてこのような文化を世界はどんな目で見ているのでしょうか。

僕の国だって同じだよ。いや、僕らのほうがうまいかもしれないね。愛情は表現するものってならうんだ。
人にじろじろ見られるのはいや。セクハラになるでしょ。
言われ慣れてない女性は猛烈なアタック受けたらすぐにおちるだろうね。ラテンの女性は言われることになれてるからなかなかおちないんだよ。
かわいい子がいたから目で追って何が悪い。
アジアの女性が観光でこういう国に行ったら、すぐにおちるか耐えられずにすぐに帰るかのどっちかだろうな。
愛情表現が素直にできるなんてうらやましい!
女をそういう目でしか見てないってことじゃないの?
アジアには草食男子って言葉があるみたいじゃないか。ラテンの男性から技を学んだらどうだい。
逆に彼らがアジアに来たら、表現できなさすぎて死ぬかもな。
女性は男に褒められてきれいになるものよ。選べるんだしいいじゃない。
口笛ふかれるなんてバカにされてる気分。動物じゃないんだから!
言葉や行動で自分の気持ちを素直に表現できるって素晴らしいことじゃない。でも何にでも限度ってものがあるからね。相手の気分を害さない程度にね。
言いたいことを言わない人?言えないのかな。閉じ込めすぎてたら死んでしまうよ。
アジアの映画を見たことあるけど、夫婦で手もつながないしキスもしない、親も子も全然ハグしないしすごくおかしいとおもったよ。
熱いほどモテるよ!
すべての男が痴漢に見えるかも。
ある国ではプライバシー、ほかの国では人への興味、物は言いようだな。
家族を愛するのは当然だし、表現するのも当然でしょ?
初対面でいきなり体重とか歳聞かれたら普通はひくでしょ?私なら住めないわ…
自分の気持ちに素直に生きればいいだけさ。
僕らにとっては女の子に対する挨拶程度の感覚だよ。かわいいねって言われて嫌な気分のする子はいないだろ。

このように世界的に見ても彼らの表現力は際立っているようです。しかし一見素敵に見えるこの文化、教育・公共の福祉・プライバシーという観点から考えるとあまり快いものではありません。

例えば、公共の場でそういう光景をひたすら目にするとします。街の印象、特に観光地などは外からの人の印象で成り立っているので、彼らが目のやり場に困ったり不快に思ったりするならそれはマイナスになります。

また、未成年の妊娠やそれに付随する問題も避けられなくなってきている現状を考えると、文化を言い訳にせずに教育が大事になってきています。

こういう点を考えると、プライバシーや他の人を考慮に入れることを評価する日本の教育に本当に感謝できます。

ラテン圏の女性が口笛が吹かれないと「私には魅力がないんだ」と思うなんて、日本人とは日常的に思考が違うんだなと驚いた。

初対面でいろいろ聞かれるのはやはりデリカシーにかける部分があるのではないか。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.