当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【いくら出してもいい!】世界一の寿司に海外からも多くのコメントが!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/08/18

0818

ミシュランで三ツ星を持っているなんてすごいな。$300だとしても試してみるべきだよ。
何でお箸を使わないで手で食べているの?
カリフォルニアロールなんかとは比べ物にならないな!
人生最高の寿司を20分で食べられるのか。
この店はすごく高いと思うよ。でも、一晩のパーティーや飲み会で同じ金額を使ってしまうのと、地球上で一番うまい寿司を食べるのと。

どちらが忘れられないような強い衝撃を受けるだろう。 僕は絶対にJiroだね。 一生の内に世界一の寿司を一度でも食べられたって僕は言いたいんだ。

このドキュメンタリーを見た後に更に彼について色々調べてみたんだけど、彼はとても想像力の豊かな人だと思うわ。

70年以上も寿司を作ってきて、彼は一度もこの仕事を嫌だと思ったことがないと言っていた。

なぜなら彼はいつも彼の仕事に対して改善するべきものを持ち続けていたの。彼の人生は情熱と仕事に貢献することを教えてくれたわ。

彼が言っていたことは全て深くて、どれだけ彼が今まで寿司と真摯に向き合ってきたかがよくわかる。

子供たちが小さかった頃、あまり一緒にいられなかったことを後悔しているみたいだけど、それと同時に彼の子供たちが選んだ道をとても誇りに思っているみたいね。

彼は他の従業員たちに対しても、とても人間らしく接している。純粋に彼らに成功してほしいと願っている。道具のようには使っていない。 

彼はお金じゃないんだと言っていた。いいものだけをお客様に食べてほしい。 Jiro sushiの金額は、この高い質を保つために必要なんだと、私は信じているわ。

イギリスの寿司屋ももっとシンプルな握り寿司を作ればいいと思う。ここで売っている巻き寿司は複雑すぎて、みんな同じ味に感じる。
Jiroは匠だ。 いつか絶対に食べてみたい。
寿司が大好きって訳ではないんだけれど、これは美味しそうだと認めざるを得ないよ。
なんて新鮮で、とても寿司らしくて、すごく日本だ。
今めちゃくちゃ羨ましくてしょうがないよ。神様にいつかここに行けますようにってお願いしたんだ。Jiroか彼の息子たちの店に行けたらもう幸せすぎるよ。
彼の寿司を食べることは私の夢の一つよ。
素晴らしすぎておかしくなりそうだよ。
彼の口の中でとろけているのを想像できるよ。
ここは死ぬまでに行きたい場所の一つ。
急にお腹が減ってきたよ。
米がすごく美味しそうだ。
前にここで食べたことがあるけれど、今まで食べた寿司で一番美味しかったよ。
もしもプライベートシェフを雇えるとしたら、日本人、オールドスタイルの南西部、フランス人を選ぶよ。
寿司を握る時って手袋つけるの? シェフを信用していたら必要ないのかな。
今すぐ荷造りをしてすぐに行くんだ。
寿司は世界で最も洗練された美味しい食べ物の一つ。賢い人だけが真の味わいを理解して、それに感謝することができるんだ。

それがわからない人たちはベーコンやハンバーガーなんかを食べるべきだよ。

今寿司が食べたくてしょうがないよ。でもこれを見てしまったからきっとテイクアウトの寿司がすごくまずく感じるはずだよ。

人生ってなんでこんなに苦しいんだろう。

日本へ行ったら必ず食べに行くよ。
私とハンバーガーとの関係も、これでおしまい。
なんて素晴らしいんだ。日本文化と彼らの食に対する姿勢には本当にいつも感心させられるよ。

アーティストとして、僕はとても日本文化の芸術に引き付けられるんだ。

僕だったら1セット食べたあとにもう1セット簡単に食べられるよ。
寿司のためだったら$300くらいいつでも簡単に落とせるよ。
Jiroに行くか、もっと安い寿司屋に行くか。双方では2つの違った経験ができると思うんだ。

Jiroは彼の食材を愛する気持ちとか、完璧を求める姿勢を持って仕事をしているとてもレベルの高い店で、雰囲気も全体に影響していると思う。

ここは友達とビールを飲んだりする、地元の人がよく行くような場所ではない。僕はJiroに是非行きたいと思う。

でも、リラックスしながらパーティーができるような寿司屋も好きなんだ。両方共違ったメリットがあると思うんだ。

彼は完璧になるのは不可能だと言っていた。きっと分子レベルでの全ての完璧を探し求めているんだろうな。完璧への道だ。
日本人は料理人をとても尊敬していて、料理人がどのように食べて欲しいと思っているかということをとても尊重していると思う。

日本人は受け入れる余裕があると思う。Jiroは何年も寿司を作っていて、今でも成功し続けている。

‘お客様はいつでも正しい’ではいんだよ。作ってくれた人を尊敬するべきだ。

日本ではほとんどの人たちがJiro寿司を予約することは、総理大臣に会うことよりも難しいんだ。
どこに行くかで、素晴らしいものになるか、つまらないものになるかが決まるんだろうな。
一生に一度は食べに行くだろうな。いや、一年に一回か、、、一年に一回以上は無理かな。
さっき夕食を食べたばかりなのに、Jiro寿司を見ていたらもうお腹が減ってきちゃったよ!
すごい!すごい! これしか言えないよ。これぞ純粋な食と店の本質ね。まったく驚いたわ。
魚はあまり好きじゃないんだけど、なんでかなすごく美味しそう。
ここに行くためだけに東京行きの航空券を予約したよ! €1000払ったって惜しくないよ。素晴らしい。
わぁ、次から次へと出てくるね。 僕だったらきっと飲み込んでしまうよ。
この寿司を食べているときはきっと天国にいる気分なんだろうなって想像できる。 ただ座って、、、なにも言わずに、、、ただ情熱と何十年も修行を重ねてきた人からの熟練の技術を感じていたいよ。
素晴らしい。リポーターの皿の上にあるのって、ガリなの? ピンクじゃないんだけど? 

寿司を食べるときは醤油とガリとわさびがないと食べられないんだけど、きっと彼の素晴らしい寿司を食べている時に余計なものを食べたらきっと侮辱になってしまうわね。

日本食の代名詞とも言われる寿司は、海外の人から見ると憧れさえ感じられるコメントが見られる。日本人でも同じように、ここJiroで寿司を食べようと思ったら憧れるけど。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年1月2日 5:26 PM

    何万の価値があるかは疑問だがシャリの美味さには驚いた、ネタの鮮度には自信のある店でもあのクラスのシャリを握る店はなかなか無いね

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.