当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

海外旅行で入国拒否?!扱いが全く違う海外の旅行者達とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/06/16

noentry
最近、よく耳にするようになった。「ちょっと週末韓国までショッピングに言ってくるわ」「台湾で本場の小籠包を堪能してくるわ」「金曜日の夜に出発して、週末1日だけでも、ちょっとグアムのビーチに行ってこようと思う」など、ひと昔に比べると、週末プチ海外旅行やシルバー世代のお友達グループで海外旅行など、本当に気軽に出かけれるようになったと感心する。

しかも、日本から海外旅行に出かける人数は、毎年増加傾向にあり、法務省の調べによると、40代、60代の年齢層の海外旅行人数が増加しているという。
p1

JATA(日本旅行業協会)でも、毎年7月に旅行統計データをリリースしているが、最新の2013年度のデータによると、渡航先受け入れ国トップ10カ国は次のようになっている。
p2

海外旅行先での、入国管理で「滞在期間は?」「滞在目的は?」「滞在先は?」と単純な質問で入国を許可されることがほとんどだが、海外の旅行者にとってはそうは行かないケースも多々あるようだ。今回は主に、短期渡航(観光ビザ)について見ていきたい。

海外掲示板では、最近世界各国の入国審査が厳しくなってきた状況に対して、不満をぶちまけている声があったので紹介したいと思う。

「ちょっと前までは、世界中を旅するのも簡単だったけど、パスポートをとって、渡航査証(ビザ)がないと入国できないような国も増えてきて超ウザいんだけど。

アメリカなんて、不法入国者を捕まえようと躍起になってるじゃん?なんでこんなに厳しくなっちゃったんだ?!」

ほんとだよね。最近はめっきり旅行しなくなったけどさ。でも、大使館に出向いて 色んな証明書出して、査証(ビザ)を発行してもらうのがホント面倒くさい。

オーストラリアに行く際のことなんだけど、大使館宛に、15日間、5つ星ホテルに滞在できるくらいの資金的な余裕があることとか、くっだらない要件を満たしてるっていう証明させられたもんね。

今年の夏に、オーストラリアとニュージーランドにバックパック旅行に出かけようと思って出たんだけど、オーストラリアの空港で、1ヶ月滞在に必要な費用を十分持ち合わせていない、って理由で入国許可下りなかった。

3000ユーロ(約41万円)は持ち合わせていたのにさ。入国管理で、「君は働くつもりなのか?」って聞かれて、「いいえ。しばらくは旅行をしたいので求職中です。」って返事はしたんだけど、それがまずかったのかな?

かいつまんで言うと、オレまじでキレちゃったんだ。だってさ20時間のフライトにも耐えて地球の反対側(オーストラリア)まできて、「十分な貯金が用意されていないから入国は拒否する」だぁ?

帰国便は自費だってふざんけんなっ!つうの。ゴールドコーストなんか行くもんか!
ちなみに同行してた友達は、入国を許可されて、オレは同じ質問、「所持金はいくら?」「働くつもりか?どこで?」を少なくとも6回は聞き返してたな。

それも入国管理局のオフィサー3人から、順番に執拗に。

↑ 3000ユーロ(約41万円)あれば、バックパッカー旅行じゃ十分じゃないの? いくら用意していないと行けないって行ってたんだい?
↑ 帰国便のチケットは20日後。戻りの便の日程帰るのに、600ユーロ(約8万3000円)も払って、1.5日空港に足止めされて、次のフライトで帰国。最悪もいいところ。
3000ユーロ(約41万)はオーストラリアドルで、5000ドル(約47万円)に相当するな。これはかなりの金額だね。バックパッカーで月1600オーストラリアドル(約15万)じゃ、多いね。

ちなみにここ10年、オーストラリアは水不足なんで、ニュージーランドに移住する人も多いな。そうなるとみんなバックパッカーを強いられるな。(笑)

入国管理の話に戻ると、オレも定期的にオーストラリアに行くことがあるけど、現金で100オーストラリアドル(約9400円)しか持ち合わせてなかったけど、誰も何も聞いてこなかったぞ。

大昔、ETAが導入される前、ビザの有効期限が切れてたってことで、数時間空港で足止め食らったことがある。入国管理局の事務所で、一時ビザじゃなくて、1ヶ月滞在用のビザを発行してくれて問題はことなきをえたんだけど。

それ以外はほとんど問題なかったな。でもここ数年 シドニーに飛ぶとよく目にしたのが、若いバックパッカー達が、入国管理局の中央エリアに集められたな。

そういや、異様な空気が漂ってたわ。 最近は18−25歳の若者達が、法の番人にやられてしまってるのかな。

イギリスで1学期分留学した経験あるけど、そのときは学生ビザは不要だった。けど、一旦イギリスを出てEU諸国を旅して回って、ロンドンに戻ってきたときのこと。入国管理局で2時間 足止め食らった。

それも小さな部屋に、大勢のアフリカ人と一緒に押し込められた。理由? イギリスに再入国許可させるにあったって「話のつじつまがあわない」って言い出した。

書面で、イギリスの大学からの受け入れに関する手紙、学生証、パスポートにすでにイギリス入国したっていう記録スタンプもあるっていうのに何を言ってるんだか。最悪な入国管理局のオフィサーだった。

イギリスの入国管理局ってのは、世界でも評判悪くて有名だもんね。アメリカよりも最悪って言っても過言じゃないよ。
オレの母ちゃん、パスポートを洗濯機で洗ってしまったようなんだが、驚くことに上辺だけなんだよね、パスポートって。 カナダとアメリカの税間では何も問題なかったけど、ベトナムと台湾の入国管理ではホント大変だったらしい。
異文化体験や現地の人たちとの交流を通して、いろんな経験するのに自由に海外を満喫したとはおもっているももの、自分の国にいる駐在大使館でではホントにがんじがらめの規則ばっかり。それに加えて意地悪きわまりない。

アメリカ大使館を例にとると、その近くにあるホテルは、そこに「特別料金」で「ラッキールーム」に宿泊した人でしか、申請が下りないと噂されている。

他にもあるよ。 知人の女性が彼女の母親と一緒に査証(ビザ)の申請に大使館を訪問したときのこと。面接で面接官の対応がひどくて、泣き崩れたって話。

面接官が彼女の親に対して、女の子に海外で修士号をとらせるとは、(ビザを発行する)国の侮辱行為に等しい、と言い放たれたらしい。

つくづく思うのは、外部からのその国に対する印象を決める要因となるのは、海外で働く大使館職員であったり、渡航者が最初に目にする入国管理で働く人たちだってことは、各国政府は気づいているのか?

↑ 私も第三国の者です。大使館で観光査証(ビザ)を手続きする際に、耳を見られて、ビザ発行に相応しい人物かどうか判断されるんです。

審査官が、気に入らない耳の形をしてたら、ビザ発行が拒否されるんです。アメリカ人よりも稼ぎが良くて、家を2軒、車3台所有している自分が、なんでアメリカに移住すると思いますか? 大使館職員どうかしてます。人種差別です、これは。

↑ それは違うと思うな。私には、白人でブロンドヘヤーの叔母がいるけど、未だかつてアメリカ訪問を許可されたことがない。その叔母と祖母は旧ソビエト連邦国民で、私の母(叔母の姉妹)と父は、アメリカ市民。叔母はまたもやこの春に、査証発行が却下された。
この場合、人種差別で説明はつかないと思う。入国管理のスタッフは、頭が悪いし、非常に悪意的。マジで、ほんとなんとかしてって感じの人ばっかり。

ニューヨークの投資銀行のプログラマーしている白人の友人がいるけど、彼カナダ国籍で、就労ビザでアメリカに滞在中。

ビザの切替更新手続きで、彼の手続き書類の学歴欄に、「コンピュータプログラマーに不適格」って赤字でマーキングしたらしい。この彼、物理学で博士号とってるんだぜ?

私はインドパスポート保持者です。そんな私がイギリスへ一人で渡航するためのビザ発行までの待機時間は、約1ヶ月。さらに、却下率は3割~4割。

今は、アメリカ大使館で発行してもらったビザを保有しているので、イギリスの大使館でのビザ発行 却下率自体は1割~1.5割に下がったんですけどね。

いわば、私のパスポートに他の国が発行したビザがあると知って、私の信用度をあげる、って変な話だよね。 今はイギリスに住んでるけど、他のEU諸国からだと、いとも簡単に渡航できるなんで本と不思議だよ。

私と婚約者が、今まさしく近い将来 この地獄を味わることになるんだろう。私はアメリカ人。彼とは長期休暇中にロンドンで知り合った。私は3日間スペインへ渡航。

ロンドンへ戻ってきた際に、入国管理で婚約者にあうためにイギリスに戻ってきた、と伝えると、イギリスへの再入国を拒否されてスペインへ戻された。スペインに戻ったって、誰も知らないのに!

空港では、婚約者ともあうことも許されなかった。 仕方なく、アメリカに戻って、彼をアメリカに呼び寄せることに。最初、彼の入国は、生体認証パスポートでないということで拒否され、新しいパスポートを作り替え、飛行機の便を取り直した。

だけど、彼の場合、ビザ免除対象でないということでまた入国拒否。今は、配偶者ビザをとって彼を呼びよせ結婚予定。入国管理のこの手の話が、アメリカ人とイギリス人に起こるんなら、どこの国籍の人だろうがあり得る話よ!

オレ、アメリカに入国できない。ビザも申請できない立場。 これは数年前にオンラインで発言した内容が原因見たい。 ならば、わざわざアメリカに行かなくても、別の国で楽しむさ!
↑ お前、何したんだ? どうやってそれがアメリカに入国できない理由だって分かるんだ?
↑ 9.11 事件に対してアルカイダにコメントした内容らしい。
私はヨーロッパに暮らす、ハーフのアメリカ人。母国に帰国する際に誰が酷い扱いを、入国審査で受けると想像する? あとは、アイスランド。名前は体を表すって本当だね。冷たい彼らの態度は気候のせいだね。

我々日本人が、海外旅行を身近に実現できるのは、確かに市場経済における「円の価値」のおかげでもある。それ以外にも、渡航先で渡航査証(ビザ)の免除、または取得の難易度によるものも考えられる。

ビザ(査証)とは、その国に入国しようとする人が、入国に相応しいかどうかを事前に判断する身元審査で、入国に問題がないという証書のこと。

ビザの種類には、就労ビザ、留学(学生)ビザ、短期滞在(観光)ビザなどがある。到着時に現地の空港で取得できるビザなどもある。

ビザ(査証)が発行されれば、身元は「お墨付き」ということになる。

日本は各国の外務省機関と取り決めを行っており、ビザ免除提携国を結んでいるのは60カ国以上にわたる。ビザ免除国リストは、外務省のホームページ上で確認することができる。

前述にもあるように、日本人が短期観光などの場合、入国審査の際に質問される内容は至ってシンプルで、「渡航機関」「滞在目的」「滞在先」などのいたってシンプルなもので形式的なものが多い。

現地の空港で入国審査を受ける際に、別室に連れて行かれて、セカンドインタビューといってさらに身元調査をされる様子はほとんど見たことがない。

これは、日本国パスポート保持者へのビザ免除プログラムのおかげといってもよい。 日本人、日本政府の信用度が高い、といっても過言ではない。

こういった制度の恩恵に感謝しながら、「旅の恥はかき捨て」にならないよう、また旅先では安全に気をつけて良い思い出を作っていただきたいものだ。

(参考)http://www.reddit.com/r/AskReddit/comments/a0k1r/is_anyone_kind_of_depressed_that_travel_and/

各国の話を聞いて、日本人がいかに優遇されているかよくわかった。

アメリカやオーストラリアに旅行に行ったら入国を拒否されたなんてことになったら、海外旅行も賭けになってしまう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. flipkart coupons
    2014年11月2日 9:40 PM

    Wow, this is a ideal portion of blog post which i’ve encounter around very long very long time. Can sometimes make a trip to my personal online store.

  2. coupons
    2014年11月4日 1:38 PM

    This really is quite legitimate place as greater around the website. Value talking about in and around.

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.