当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

少子化なのになぜ?日本で紙おむつ生産数が伸びている理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/10/12

1012
花王が販売するメリーズはテープタイプの紙おむつ。動き回り、汗を多くかく赤ちゃんのために、通気性とやわらかさにこだわって開発された。単独ブランドとしては国内トップシェアの約25%を占めている。

おむつにおおわれた皮膚には赤い炎症ができる。炎症はかゆみや痛みを伴い、ただれて血がにじむ場合がある。おしりだけではなく、ウエスト、太もものあたりには、おむつかぶれだけでなく、あせもの心配もある。

このおむつかぶれ、あせもをいかに防ぐかが紙おむつの課題になる。

日本の紙おむつ生産数量は伸びている

おむつの内側につかわれている凸凹構造のエアリーメッシュ。点と点で肌に触れるポイントタッチのために、肌にべったり張りつかず、おむつかぶれがしにくい。

エアリーギャザーと呼ばれるやわらかなギャザーがおなかや股下にフィットする。通気性素材が使われているので汗がたまりにくいおなか周りもさらさらに保てる。

さらには、つまみやすい色つきテープ、中央の3本線が青に変わることでおむつ替えのサインをだす、薄型パワフル吸収体でかさばらない、と赤ちゃんのいる母親の希望をかなえようため、様々な工夫もされている。

少子高齢化が進む日本だが、実は紙おむつ生産数量は伸びている。

日本衛生材料工業連合会の調べによると、2013年度の乳児用紙おむつの生産量はテープ型で前年比110%、パンツ型が111%、合計111%と上向きなのである。(紙おむつ・ライナー生産数量(日衛連調べ)

この生産量の伸びを支えているのが海外での高い需要である。

特に2009年に花王が輸出を開始した中国では、メリーズを含む日本製紙おむつは人気が沸騰している。

日本各地で中国系のメリーズ買い占めが起こる

好評を受け、花王は2012年末には中国の自社工場で乳幼児向け紙おむつ生産を開始し、2013年より中国専用商品の展開も開始した。

ところが、昨年秋以降、メリーズが売り切れるという事態が日本各地で起こった。中国系の買い占めがおこったのである。

中国系貿易商が1500円と店頭より200円ほど高い値段で買い取っても、上海に輸出すれば、月60万から100万の利益を上げることができたという。

現地製品よりも高くても日本製を買い求めたいという富裕層が多数出現したのである。中国製のおむつはかぶれるという情報が中国構内で広がり、日本製信仰に拍車がかかった。

実際、中国のAmazonのサイトを見ると、メリーズ製品に「人気」のマークがずらりと並ぶ。正規品は5つ星あるいは4つを獲得しているようである。

パンパースなど他のものも使ってみたが、ソフトで吸水力があり、とてもよかった。
よい製品。通気性がよく、赤ちゃんのおしりがかぶれない。
とてもよい製品。環境対応がされているのだろうか?それならもっと安心して使える。
花王を使ってみた。本当によかった。
たくさん買ってストックしている。
今回で3度目の購入になる。とてもソフト。赤ちゃんがかぶれていない。
花王はいつだって使いたい。本当によいから。
日本産、ソフト、吸収力がよくて丈夫。
パッケージはシンプルで環境にやさしい。
すばらしい品質。ソフトな肌触り。
花王の品質はよい。
花王は少し高いが買う価値あり。
使いやすい。
ずっと花王を使っている。肌触りが最高。
何度も買っている。よい製品。
カザフスタンでも買う価値はある
プロモーションで安く買えた。品質はいつもよい。
赤ちゃんが一晩中快適にすごせる。
とても柔らかい。

一方、偽物もでまわっているらしい。5つ星か4つ星がずらりと並ぶ中、1つ星があり驚いたのだが、どうやらAmazon経由で販売している店から偽物を売られて、苦情を商品レビューに載せているらしい。

次の5つ星コメントには、本物の花王製品を購入できたこと、本物と偽物のちがいが記載されている。

何度も花王を買っている。満足のいく製品だ。正規品ならテープに色がついている。
正規品が買えてよかった。
本文が手に入った。おむつかぶれがなくなった!

メリーズの評判は中国だけにとどまらない。あまり市場に出ていないというアメリカでは、レビュー数は多くないとはいえ、絶賛を受けているのだ。

このおむつはすばらしい!布製のおむつが好きだったが、週に2回以上選択をしないといけない。

紙おむつのかわりになる使い捨ておむつをさがしていた。日本製のおむつメリーズは品質が高い。よい製品!!赤ちゃんの肌を刺激しない。Mサイズを娘に買ってみたら、吸収力がすばらしく軽量だった。

凸凹形状の紙表面はものすごく柔らかく、肌にやさしい。パンパース、マミーポコ、ハギーズ、セブンスジェネレーションと試したが、メリーズが一番だ。

どうしてアメリカでは販売しないのだろう。世界市場最高のおむつ。
最高のおむつ!!!どうしてアメリカでは販売しないの?私はロシア出身で、ロシアではメリーズがお気に入りのおむつ。一晩中使える。

日本企業の海外への工場移転が相次いでいる。国内工場よりも海外工場のほうが安く製造できるという事情がもともとあった上に、円高がこの動きに拍車をかけた。円安に変わった後も、円安効果は限定的で海外移転に歯止めがかからない。

12年ぶりに国内工場を建設

ところが花王では、なんと国内に12年ぶりに生産拠点の新設を昨年6月に発表した。山形県に紙おむつ工場を建設し、海外向け製品を製造するという。

すでに中国、インドネシアと海外でも紙おむつ工場を運営しているが、昨年秋からの買い占め騒動を受けて富裕層は高価格でも「日本製」にこだわると判断した。

実際、一時にくらべ沈静化したとはいえ、今なお、メリーズの大量購入を希望するホームページがあっさりみつかる状況なのだ。

中間層を狙った製品を現地工場で生産する一方で、ロシア、中国などの富裕層市場には新工場で生産した国産おむつの販売を目指すという。

海外展開が遅れていたというメリーズだが、今後、海外でも売れ行きを伸ばすため、着々と準備は進められている。

(参考)http://www.amazon.cn/Merries%E8%8A%B1%E7%8E
%8B%E7%BA%B8%E5%B0%BF%E8%A3%A4M64%E7%89%87-%E9%80%82
%E5%90%886-11kg/dp/B0018JJ7N8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1401322768&sr=
8-1&keywords=%E8%8A%B1%E7%8E%8B
http://www.amazon.cn/product-reviews/B0018JJ7N8
/ref=cm_cr_dp_synop?ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=
bySubmissionDateDescending#R2NU9BPDIXAQK0
https://translate.google.com/?hl=ja#zh-CN/en
/%E4%BF%83%E9%94%80%E8%B4%AD%E4%B9%B0
%EF%BC%8C%E4%BB%B7%E6%A0%BC%E5%BE%88%E5%90%88
%E9%80%82%EF%BC%8C%E5%93
%81%E8%B4%A8%E4%B8%80%E5%A6%82%E6%97%A2%E5%BE
%80%E3%80%82
http://www.amazon.cn/product-reviews/B0018JJ7N8
/ref=cm_cr_pr_btm_link_next_2?ie=UTF8&pageNumber
=2&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending
http://www.amazon.com/Merries-Diapers-6-11-Pieces
-japan/dp/B0018JJ7N8/ref=sr_1_12?ie=UTF8&qid
=1401321394&sr=8-12&keywords=kao
http://www.amazon.com/Diapers-Merries
-sarasara-90sheets-Japanese/dp/B00CQBL4O2/ref=sr_
1_6?ie=UTF8&qid=1401321394&sr=8-6&keywords=kao
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MO81EY6K50YA01.html
http://diamond.jp/articles/-/46460
http://toyokeizai.net/articles/-/13085
http://www.asahi.com/articles/SEB201312140058.html
http://www.asahi.com/articles/SEB201312140058.html
http://www.j-cast.com/2013/12/21192267.html?p=all
http://www.jhpia.or.jp/pdf/news78_graph.pdf
http://www.kao.co.jp/merries/products/air_ml_m.html

日本国内における中国人の紙おむつ買い占めはニュースでも大きな話題となったので、知っている人も多いと思う。

外国人の高くても国産がいいという思考は、日本の企業にとって良い兆しだと思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 2:18 PM

    花王?ああ朝鮮系企業ね

  2. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 2:24 PM

    一言ばっかだな

  3. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 2:25 PM

    日本の場合、老人用おむつが増えてるんだと思う
    病院の近所にあるスーパーだと、子供用オムツ売り場より老人用の売り場の方が広いw
    これから先も少子高齢化は進むから、老人用オムツ売り場が大きくなりそうだわ

  4. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 2:48 PM

    花王は朝鮮企業じゃないでしょ、朝鮮推しのウジTVのメインスポンサーだから主婦に目の敵にされただけ

  5. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 2:51 PM

    まいどありー

  6. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 3:31 PM

    中国人に人気だからだろう

  7. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 3:34 PM

    関税逃れは立派な犯罪ですよ。

  8. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 3:42 PM

    これ本当に迷惑
    ちょっと前まで転売屋がおむつを買い占めてて買えなかった
    最近は買えるようになったけど、お一人様○個までとかで買いだめは出来ない
    日本で売ってるおむつなのに、日本の子供が使えないってどうなのよ?

  9. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 3:42 PM

    日本を敵にまわして売上ダウン、某宗教団体に協力してもらって生き延びてる。
    んで、中韓にシフトしたんだろ。実質朝鮮企業みたいなもん。

  10. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 4:26 PM

    中国人の買占めがアピールされているけど、じつは、日本も高齢化で寝たきり老人の需要もけっこうあるんじゃないかな?

  11. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 4:44 PM

    金額ベースか、枚数ベースか忘れたけど、大人用のほうが上まってるはず。

    運転免許保有者も若者より年輩のほうが逆転してる。

  12. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 5:08 PM

    花王は朝鮮企業じゃなくて、売国企業だから。

  13. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 5:13 PM

    個人的には、
    パンパース>メリーズ>グーンetc>最下位…マミーポコ
    かな?
    安くても、漏れるマミーポコは買わないよ

  14. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 5:19 PM

    花王ね、俺も株やってた時は応援してたけどな、
    ↓こういうの見ると、流石にな。

    (見出し)
    ■フジのリトルボーイで花王不買運動に拍車・フジTV「イケパラ」で
    前田敦子がLITTLE BOY(広島原爆)Tシャツを着用・
    「9」Tシャツを着たFat Man(長崎原爆)も登場
    ・花王単独提供番組で次回作には反日韓国人女優キムテヒ出演
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4335.html

  15. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 7:12 PM

    大抵なんのオムツでもかぶれないうちの子だったけど
    マミポだけはかぶれてダメだった……
    メリーズは通気性が良すぎて服が湿るのがアレだったなw
    パンパは高くてたまにしか使えなかった
    なのでもっぱらグーンと
    そのOEMと言われてたベビザラスオリジナルのを使ってたわ

  16. 日本の名無しさん
    2014年10月14日 9:27 AM

    マミポは質がいまいちな分、安いから
    ある程度月齢が進んで肌が丈夫になった子にはいいよね。
    西松○オリジナルも悪くないわよ。

  17. 日本の名無しさん
    2014年10月14日 10:42 AM

    パンパースが一番品質いいだろうね病院もパンパースばっかだ
    ムーニーかメリーズよく使ってたな
    いろいろ使ってあまりよくなかったのはアンパンマンのやつだわ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.