当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

世界で人気の覆面レスラー!名古屋出身のウルティモ・ドラゴン

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/06

J247

昭和を代表するテレビアニメのひとつ「タイガーマスク」。放映当時、その主人公「伊達直人」に憧れて「将来はプロレスラーになるんだ!」と作文に書いた男子も少なくなかったはずです。

どんな夢でも、夢を実現させる為には「努力」と「情熱」が大切ですが、プロレスラーへの道は、それこそ血のにじむような過酷な特訓に耐える「根性」も必要です。

幸運にもプロレスの世界へ進めることが出来る人はごくわずか。そして、リングの上で輝かしいチャンピオンベルトを手にできるのは、ほんの一握りのレスラーというとても厳しい世界なのです。

リング名「ウルティモ・ドラゴン」こと名古屋出身の浅井 嘉浩さんは、アニメから誕生した実在するプロレスラー「タイガーマスク」に憧れて、プロレスの世界を目指しました。

そして、多くの試練と致命的な怪我を乗り越え、今では日本だけでなくアメリカやメキシコに多くのファンを持つ、覆面レスラーとして活躍するプロレスラーになったのです。

夢は諦めないで!

高校を卒業した後、「新日本プロレス」の入門テストを受けた浅井さんですが、体力テストは何とかクリアしたものの、 172cmの身長はレスラーとしては低すぎるという理由で、結果は不合格。

それでも浅井さんはプロレスラーになる夢を諦めませんでした。大きな転機が訪れたのは「日本ボディビルダーセンター」のお手伝いをしている時でした。

ボディビルセンターの会長さんを通して、元プロレスラー「山本小鉄(故)」さんに出会う機会に恵まれました。

浅井さんのプロレスへの情熱に心をうたれた山本さんは、彼を練習生としてプロレス道場へ通うことを許可したのです。こうして、浅井さんは子供の頃からの夢だった「プロレスラー」への一歩を踏み出しました。

後継者への思いやり

プロレスラーとしてデビューしたのは1987年、メキシコでのことでした。

当時は、素顔のままでリングに上がっていた浅井さんですが、1990年に世界で一番古いプロレス団体EMLL(現:CMLL)に誘われたのを機会に「ウルティモ・ドラゴン」として華麗に再デビュー。

以来、覆面レスラーとして、メキシコ、アメリカ、日本の有名プロレス団体で活躍し続けています。

1997年にはメキシコに日本人レスラー養成学校を設立した浅井さんですが、自身が身長の低さで入門を断れたという悲しい経験をしたことから、この養成学校の入学志願者には身長の制限を定めませんでした。

このレスラー養成学校の卒業レスラーは、偶然にも「イケメン揃い」だったらしく、彼等は「空飛ぶホストクラブ」という愛称で呼ばれていたそうです。

では、この熱いレスラー「ウルティモ・ドラゴン」について、ファンの人たちの思いを聞いてみました。

日本人レスラーの中では一番好きだな。技の決め方がすごいよね。特に、ドラゴン・スリーパーなんてたまらないよ。
他のレスラーと比べて、テクニックが違うよな。さすが、ブルース・リーに特訓してもらっただけあるな。
↑これはガセネタだね。だって、ウルティモが7歳の時にブルース・リーは死んでるんだぜ。ブルース・リーの技に似ているものもあるから、そういう噂が出ているだけだよ。
彼ほどタイトルを獲得した選手はいないだろ?WCWからWWEに移った時はすごく嬉しかったけど、WWEは彼を上手く使えなくて本当に勿体ないことをしたと思うよ。彼ほどテクニックに優れた選手はいないよ。
彼の技は普通のレスラーとはすごく違ってて、スポーツ新聞の記者たちは上手く記事に書けないらしいよ。それだけすごいレスラーなんだよね。
たった数か月だけでいいからWWEに戻ってきて欲しいよ。生で試合をもう一度観たいんだよね。
動画で初めてウルティモの試合を観たけど、今まで見たプロレスの中でもトップクラスのマッチだったよ。マジで感動したな。
ウルティモは日本人だけど、メキシコの国旗の色をマスクとかで使ってるだろ?あれは、メキシコがプロレスの発祥の地だから、尊敬の意味をこめているんだって。彼こそ男の中の男だ!
日本のプロレスはマジでレベルが高すぎるよ。日本の試合は動画チャンネルでしか見たことがないけど、アメリカのレスラーなんて足元にも及ばないよ。
日本のプロレスが大好きなんだ。技とかテクニックだけじゃなくて、レスラーの雰囲気が全然違うんだよ。プロレス界の芸術だね。
ウルティモが被っている覆面がどうしても欲しいんだ!どこで売ってるか知ってる?
試合を見ていると、技のかけ方によっては、もしかしたら死んじゃうんじゃないかと思って、ハラハラするよ。それほど、真剣なんだよね。
英語がもっと話せれば、アメリカでファン交流ができると思うよ。がんばれ。
日本に住んでいた時、ウルティモの試合を観に行ったんだ!目の前で、あの技を見られて、鳥肌がたつほど感動したよ。
日本での試合を動画で見たんだけど、水着姿のリングガールたちに囲まれて入場するんだけど、ヘラヘラせず、威風堂々としていてすごく恰好良かったな。
日本人だけどメキシコで修業したらしいね。タイトルの獲得数でもプロレス界の歴史に残るような素晴らしい選手だよ。
ウルティモが技をかけるところを見ていると「これこそ本物のプロレスだ!」と思うよね。最近の若いレスラーの試合は、なんだかチャラチャラしてて全然プロレスらしくないよ。
最近は日本やメキシコでプレーしてるんだって?アメリカに戻って来てくれよ~。
ウルティモ・ドラゴンのファンなんだけど、ずっとメキシコ人だと思ってたんだ。日本人って聞いてびっくりしたよ。
プロレスの世界に伝説を作ったレスラーだな。

プロレスラーと聞けば、その体つきからファッションとは縁遠いイメージがありますが、浅井さんは「世界一おしゃれなレスラー」と呼ばれるほどファッション好きで有名です。

日本のファッションサイトにも登場し、パリっとしたスーツに身を包んだ姿はまるでプロのモデル顔負け。

でも、覆面レスラー「ウルティモ・ドラゴン」としては、どんな場面でも素顔を公表するわけにはいかないので、スーツ姿でもしっかり覆面はかぶっているようです。

未だプロレスラーとしてリングに上がりながら、日本とメキシコのプロレス界の架け橋として活躍する「ウルティモ・ドラゴン」こと浅井さん。機会があれば、是非リングでの戦いぶりを応援してみたいものですね。

(参考)http://www.reddit.com/r/SquaredCircle/comments/2eg271/why_
didnt_ultimo_dragon_work_out_in_wwe/

海外で有名な日本人レスラーなんてすごい!プロレスは特に興味ないけど、この記事読んでからウルティモ・ドラゴンを見たくなった。まだ現役でよかったぁ。そこまで身長低くはないと思うけど、プロレスは厳しいと思った。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年7月13日 12:27 AM

    アサイムーンサルト

  2. 日本の名無しさん
    2015年10月30日 9:10 PM

    そうそうWWEに出てたよね
    華やかさがあって印象的だった。日本人だったのかあ…凄いなあ。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.