当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】危ない!ぶつかる!!日本体育大学の集団行動がすごい

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/08/26

J308

日本体育大学(以下、日体大)では「集団行動」パフォーマンスが披露されています。この様子はユーチューブに紹介され世界中の人々の視線を釘付けにしました。

このパフォーマンスに参加する学生の皆さん、そしてこのパフォーマンスの世界の反応を紹介していきます。

世界を魅了、集団行動

シンクロナイズド・スイミングは水中の集団演技として有名ですが、日本にはシンクロナイズド・ウォーキングとも言えるパフォーマンスがあります。それは日体大の「集団行動」と呼ばれるパフォーマンスです。

1966年に男子の「集団行動」が始まり、2011年からは女子の「集団行動」のパフォーマンスも行われています。

このパフォーマンスには現役の日体大生が参加し、週3日、5ヶ月間かけて猛特訓をします。ただみんなで歩くだけとナメではいけません。この5ヶ月で彼らが歩く総距離はなんと1200キロです。

直線距離で言えば東京から鹿児島の屋久島、または北海道の国後島までの長さになるんです。スポーツエリートの日体大生とはいえ、精神的にも肉体的にもとっても大変な事なんです。

このパフォーマンスへの参加は必修科目などではなく、学生の自由意志によるものです。入団するにはオーディションもあり、また特訓の途中で脱落する人もいます。

参加する学生たちは通常の授業や部活、アルバイトなどと平行してこの猛特訓に参加するのです。まさに日体大のトップエリートと言えます。

神業レベル!!

簡単そうに見える単純な整列歩行ですが、実際やってみると正確な動きは非常に難しいのです。また曲線や後進など複雑で速度の異なるパフォーマンスはもはや神業です。 1人のミスは全体のミスとなるので、一人ひとりが真剣勝負です。

パフォーマンスにはユーモアもあり、会場の張り詰めた空気の中にも笑いがあります。彼らのパフォーマンスは何度観ても飽きることがありません。ユーチューブで1度はご覧になることを強くおすすめします。

いろいろな集団行動のパターンがアップされています。日本人なら子どもの頃からある程度の集団行動を身につけますが、この究極の集団行動の美や技には圧倒させられますよ。

このパフォーマンスは日体大の体育研究実演発表会のメインイベントとなっています。この発表会ではチアリーディングや格闘技の演武なども披露されます。非常に人気の発表会なのでチケットもすぐに完売してしまうと言われています。

ユーチューブで公開されているこの「集団行動」パフォーマンスは国内外で360万回のアクセスを記録し、海外の視聴者からも絶賛されています。

動きが極限まで簡素化されています。日本人は何も考えない単なるロボットではありません。彼らはきちんと考えて行動ができる大人になれると思います。
集団行動はどの軍隊でも不可欠な要素です。
日本人はこの集団行動を楽しんでいるの!?
サイモンセッズ(命令ゲーム)では日本人には敵わない。
ロボットみたい。あははは~
かっこいい!
日本はいつも最高レベルを目指していますね。
大変素晴らしい。
まるでロボットみたい。人間がこんなに長時間に渡り正確に動けるなんて驚きですね。
素晴らしいとは思いますが、なんだか人間がロボット化していくような気がしました。
これは日本人が作り上げたロボットかな(笑)
神道や禅宗などでは自己規律を求めます。この集団行動には日本文化が影響しているのでしょう。
素晴らしい動きですね。日本はナンバーワンです。
日本人の動きを見ていると、自国に失望してしまいます。
次は日本人として生まれ変われますように。
この凄さは認めざるを負えない。
この集団行動パフォーマンスのために何百年練習をしたのですか?日本人を尊敬します。
日本の2011年のGNPは世界第3位になりましたが、客観的にみて日本は世界のどの国よりも素晴らしいです。
日本は第二次世界大戦ではナンバーワンじゃなかったですけど。
日本は面白いですね。
規律と勤勉は日本人の本質です。
素晴らしいですね。練習に時間がかかったでしょうね。
面白いですね。何度も動画を観なおしてしまいました。
これって軍隊学校のパフォーマンスじゃないですよね・・・
チームワークがいいね。
過去を抜きにして、日本人は最も尊敬に値する人々です。
日本は常にナンバー2で、ナンバー1は間違いなくアメリカです。
この素晴らしいパフォーマンスをマレーシアでもやって欲しい。
日本は再武装してアジアの軍事大国になるのですかね。
日本の魅力はアダルトビデオだけではありません。
日本が超大国になれたか分かりますね。彼らは生活の中に規律と武士道を持っています。尊敬すべき事です!
これは日本体育大の伝統的なパフォーマンスです。
素晴らしい!チームワークの良い手本だ!
2020年の東京オリンピックの開会式セレモニーでやって欲しいですね。
これはバカバカしいほど完璧です!
だから私は日本製の電化製品を買うのです。
動きがプログラムされたロボットみたいですね。
日本大好き!
これは面白いですね。私の街は日本との姉妹都市になっているので沢山の日本人観光客が訪れるけど、彼らはこんな動きはしませんよ(笑)
このパフォーマンスは日本人の規律を象徴していますね。だからこそ日本はどんな技術も開発できて、他の国々に追いつき、追い越すことができるのです。
東京渋谷のスクランブル交差点の歩き方ですね(笑)
人間がここまで規律正しく行動ができるなんて知らなかったよ。日本は素晴らしい!
信じられない動きですね。
日本人にしかできないことですね。凄い!同じことをアメリカ人にやらせるのであれば、絶対に列の前後や側面の人が衝突するので、救命隊員と救急車を待機させておいてくださいね。
フランス人だってパニックになりますよ。
彼らは最強の陸軍になれるかも。
単なる歩行を1つの芸術として鑑賞したのは初めてでした。
マレーシアの学校でもこの規律行動を取り入れて欲しい。

この「集団行動」は誰かに行動を強要されるものではなく、個人の自由意志で組織に貢献しています。独裁国家によるマスゲームとは全く異質のものです。

パフォーマンスに参加した学生たちは訓練や演技を通じて集団の中での規律の大切さを学び、卒業後の社会人生活に活かしていくのです。

また多くのオリンピックメダリストや力士、政治家、体育教師などの人材を輩出する日体大にとってこの集団行動は彼らの能力をアピールする絶好の機会となっています。

(参考)https://tokiotours.wordpress.com/category/stories-about-japan/
http://datab.us/s0WQkiDFsvA#’Synchronized Precision Walking’ in Japan

よく考えたらシンクロナイズド・スイミングよりこっちのほうが面白い!スイミングのほうは見慣れたせいか驚きみたいのが特にないけど、ウォーキングのほうは見ていて「ぶつかる!ぶつかる!」とか「すげ~!」って思っちゃう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年8月26日 10:41 PM

    確かロシアが五輪のために、日本から先生呼んでやってたよね
    完成させるまでのプロセスもテレビでやってたけど、本当に大変

  2. 日本の名無しさん
    2015年8月29日 1:14 PM

    動物の本質として慣れがある。
    戦火のあるところ野生動物でさえ銃声に慣れる。
    どんな偉大なことに対しても人は慣れてしまい、価値を見いだせなくなる。それがいつもショー、パフォーマンスを期待するだけの外国人なら特に。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.