当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ワールドカップやオリンピック、日本の技術は縁の下の金メダリスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/28

J227
2015年4月に日本政府が、2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、最新技術開発を支援し東京五輪を技術見本市にして行こう、と発表しました。

オリンピックと言えば世界中の人々が、五輪会場で、自宅のテレビで、またはスポーツバーの大スクリーンで観戦する一大イベントです。過去のオリンピックの舞台裏でも日本の最新技術が活躍していたことをご存じでしょうか。

今回は2012年に開催されたロンドンオリンピックで活躍していた日本の技術を紹介し、次の東京オリンピックではどんな映像技術を期待できるのか紹介したいと思います。

デュエルレンズカメラ

10
先のロンドンオリンピックで初めて導入された、日本の「デュエルレンズカメラ」と呼ばれる技術は、水中・水上合わせてシンクロナイズドスイミング選手の全身の動きを連動させて移せるようになりました。

この技術は、2つのカメラが一体となって1つは水中、もう1つは水上に設置され、自動制御で選手全身の動きをタイムリーに撮影することを可能にしました。こうすることで、観客の皆さんも水中で何が起きているのかを目にすることが出来たのですね。

巨大ハイビジョンパブリックビューイング

11
また、ロンドン市内でオリンピックの状況を放送するのに使用された400インチ(約10メートル)の巨大ハイビジョンスクリーンも日本からの技術提供があって実現されたもので、当時世界中にたった3台しか無かったそうです。

ちなみにこの巨大スクリーンは2015年4月現在では私たち一般人が入手出来る物ではありません。もし購入が可能になれば一体いくらするものなのでしょうか…。

NTTの「ターゲットマイク技術」

12
サッカーでゴールを決めた選手がカメラに向かって喜びを爆発させていたりする映像をよく目にします。あそこで選手の喜びの叫び声がお茶の間にも聞こえると臨場感が出ると思いませんか?

それが2015年1月にNTTから発表された「ターゲットマイク技術」で可能になりそうです。この技術は観客の歓声の中から、拾いたい対象にマイクを集中させることでその対象の音を増幅させることを可能にする技術です。

例えば、バスケットボールの試合で残り数秒間の逆転スリーポイントのボールがネットを通過する音が聞こえたら気持ち良さそうですよね。この技術でより臨場感の溢れるスポーツ放映が可能になること間違いなしです。

3D放送

14

残念ながら2018年、2022年の日本単独ワールドカップ開催は実現しませんでしたが、次のロシアワールドカップまでには、日本技術が3D放送を可能にすると海外のサッカーファンの間で期待が高まっています。

3D放送とは、図のように選手たちがそこにいるかのように映す技術。ハリウッドの近未来をテーマにした映画とかで見るものですね。

それではこういった技術についての海外の反応を見てましょう。

3D放送技術を用いれば、遠くにいてもまるでスタジアムにいるような観戦方法ができるってことだよな。そうすれば最近話題の大衆を狙ったテロの可能性も減らせるし、地元のスポーツバーで友達と熱狂することだって出来る。今からバーのオーナーに話しとくよ!
最近日本の踊るロボットの映像を見たけど凄かったよ!本当に映画の世界みたいだった。東京オリンピックではスポーツだけじゃなくて、東京の技術都市ぶりを見に行きたい。ところであのロボットたち、サッカーは出来るのかな?
テロと言えば最近キャノンが監視カメラシステムの技術開発に取り組んでるって噂を聞いたよ!東京オリンピックに向けて、着々と準備が進んでるみたいだね。日本は治安の良さで有名だし、防災技術と合わせて完璧なオリンピックを期待してるよ!
日本が2020年までに作り上げられるものを想像すると圧倒される。公共交通システムも世界一だし、オリンピックの収益でさらに技術開発を進めて世界を変えていって欲しい。
日本は水素電池やハイブリッドカーなんかで世界の先を行ってる国。次の東京オリンピックのためにこれから世界最先端のスタジアムを作るって聞いたけど、どんなものが出来るのか本当に楽しみ!
この前リコーの3Dプリンターを買ったんだ!やっぱり日本の商品は最高だよ、本当に良く動いてくれる。本気になって技術を発展させて素晴らしい東京オリンピックを開催してくれ!
私、実は1964年の東京オリンピックに行ったんです。次のオリンピック行けるかはまだ分からないけど、孫も連れて見に行きたいです。
私は2013年のシーテックジャパンに参加しました。東京オリンピックを目標にした今後の携帯電話とテレビ事業の発展構想について聞いてきましたけど、日本の技術分野に対する野心は本当に関心させられました。
小さな子供や金銭的に余裕が無い人たちも、ワールドカップを間近で見られるチャンスが広がるのはすごい技術だと思うわ。うちの子はサッカーファンだから、きっと大喜びよ。
オリンピックと言えば、毎回開催国のアイデアを総動員した開会式が見物だけど、日本の技術とアイデアでどんなショーになるのか見物だね。
2020年の東京オリンピックが決まった時に、ヨーロッパなんかで批判的な意見があったけど、日本ならそんな声を黙らせるくらいのイベントに出来るよきっと、というかそうしてくれ!
過去にオリンピックを2回以上開催した都市は数えるくらいしかない。東京はその中の一つだからプレッシャーだとは思うけど、世界の度肝を抜く仕掛けを期待しているよ。
オリンピックやワールドカップで、日本人が周りのゴミを拾ってる映像が紹介されたりするのを見る。きっと2020年は一番綺麗で清潔なオリンピック開催国になってくれそうね。
日本はマスコットやキャラクタービジネスで世界最高の国だ。オリンピックマスコットがどんなデザインになるのかも注目してるよ。
2020年は日本にとって自国を世界に発信する非常に重要な機会になるだろうね。2008年の北京オリンピックがまだまだ記憶に新しいから、そういった意味でも中国とは違った貫録を見せるチャンス。頑張れ、ジャパン!
日本の治安は世界でも有名だけど、最近、テロの問題も有るから大変だろうね。何事もなく成功させてくれることを応援してるよ。
2020年、僕は絶対東京に行くよ。僕の住む町は交通機関がてんで駄目で、車でしか移動出来ない。日本の素晴らしい電車やバスの交通網を体験してみたい。
東京と言えば日本のディズニーの接客サービスは本場アメリカよりもすごいって聞いたことがある。オリンピックみたいな大きなイベントでもそんな接客業を体験出来るか見てみたいね。
日本の居酒屋で日本酒を飲みながら、日本人の皆と熱狂してスポーツを観戦してみたいわ。
日本の2020ワールドカップ用3Dスクリーンのプレゼンを見たよ。これさえあれば俺の地元のスタジアムでもワールドカップ見られるってことだよな。全くすごいよ!こういう技術部門での金メダル授与なんかがあれば良いのに。

2020年が楽しみ

ここで紹介した技術以外にも、自動翻訳機や、眼鏡のようなテレビで現在のハイビジョンの16倍も精細な画像を再生可能にする技術等、現在開発が進んでいる日本の技術は沢山あります。

こういった技術を合わせ、総合的に利用して、例えば自宅にいながらシュートを決めた外国人選手がまるであなたに向かって日本語で話しかけてくるような放送も夢ではありません。

また応用するとゲームや映画のあり方も変わってくるでしょうし、携帯電話のスクリーンから3Dのビデオレターを再生というようなことも出てくることでしょう。

2020年の東京オリンピックでは、日本人の皆さんがこういった技術を率先して認識することで、世界中の人々と人脈を築きながら日本ファンを増やして行けるものと思います。今後の大きなスポーツイベント、想像するだけでワクワクしてきませんか。

(参考)http://www.huffingtonpost.co.uk/claire-broadley/5-cool-new-
technologies-at-the-2012-olympics_b_1652808.html
http://www.businessinsider.com/new-japanese-technology-enables-
holographic-broadcasts-of-sporting-events-2010-12
http://www.swide.com/art-culture/technology-news/olympics-2020-in-tokyo-
high-tech-gadgets/2013/10/04
http://www.japantoday.com/category/kuchikomi/view/2020-olympic-
planners-gear-up-for-high-tech-security
http://www.computerworld.com/article/2485475/personal-technology/how-
japan-s-olympics-will-revolutionize-tech.html
http://www.japantrends.com/tag/olympics/
https://www.linkedin.com/pulse/olympics-japan-2020-mobile-technology-
gavin-j-cleary

ターゲットマイクの技術は気になる。たしかに競技場で叫んでいる選手の声は今まで聞こえなかったけど、聞こえるようになればより臨場感が出てくると思う。東京オリンピックは会場に行かなくてもその場にいるような感覚になれる技術を日本が開発して使ってもらいたい。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年6月28日 10:57 PM

    うろ覚えなんだけど、砲丸投げだかハンマー投げの玉も日本の町工場の製品が評判良くて、外国人選手に借りパクされると、テレビ番組で視た。

  2. 日本の名無しさん
    2015年6月28日 11:46 PM

    いろん方向からハードルが上がっとる。

  3. 日本の名無しさん
    2015年6月29日 12:52 AM

    期待されすぎても困る。職人のプライドが唸るからいいけど、期待し過ぎてがっかりはしないで欲しい。普通にスポーツとついでに観光だけをお楽しみにしててくださいな。

  4. 日本の名無しさん
    2015年6月29日 12:58 AM

    開会式、頼むからアイドル系になんかやらせないでくれ。秋元康とかマジで勘弁。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.