当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

飛行艇US-2の実力は!?日本の軍用機を絶賛するインドの声

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/18

J392
日本の広い海域を自由に移動できる最新鋭の飛行艇US-2は高い性能を誇っています。

実は第二次世界大戦中の時点で、日本の飛行艇の技術は世界トップレベルでした。この時に開発された海軍の二式大艇の技術を継承するUS-2は世界中の注目を浴びています。

日本は小さな島国だと思っている人は多いです。確かに日本の領土は世界で62位(0.25%)しかありません。けれど、排他的経済水域を含む領海では世界第9位なのです。

広い海域を自由に行き来する飛行艇

さらに第二次世界大戦までの日本の領土と海域は現在よりも遥かに広く、南洋群島(パラオやサイパン、マリアナ諸島など)も日本統治下だったのです。

03

このように広い海域を有してきた日本は戦前から飛行艇を発達させてきました。飛行艇というのは船と飛行機を一体化した乗り物。機体の下部が船のようになっていて、水面に着水することができるのです。

戦時中には二式大艇と呼ばれる名機もありました。当時のアメリカの飛行艇PB2Yは最高速度が360km/h、飛行距離3,717kmであっと事と比較すると、二式大艇の性能(最高速度465km/h、飛行距離7,153km)は桁違いだったのです。

戦後、日本は二式大艇譲りの凌波特性を持つPS-1を開発します。その後、水陸両用で離着陸が可能なUS-1、その後継機のUS-2に発展していきます。

US-2は洋上・対潜哨戒の役割よりも、救難救助に特化した飛行艇です。着水・離水の距離が非常に短いのです。40t以上もあるUS-2がなんと90km/hという超低速で飛行ができるのです。また3mの波の海でも離着水ができます。

この2つの驚異的な特徴が狭い場所でのUS-2の離着水を可能にしているのです。陸地や船、漂流者の近くに着水する際はとても役立つ性能なのです。

04

日本が武器を輸出し始めた??

戦後長い間、日本は武器輸出が制限されてきました。近年これを緩和して、日本の初の国産軍用機の輸出を目指しています。

飛行艇の導入を検討しているインドは日本のUS-2とロシアのBe-200を候補にしています。Be-200はジェットエンジンを2機搭載しており、最大速度がUS-2より120km/h早いのです。

目的地まではUS-2よりも早く着きますが、Be-200は1.2mの波までしか着水ができません。今のところは日本のUS-2が最有力候補とは言われています。その他インドネシアやタイなどもUS-2の導入を検討しています。

海外でもUS-2は非常に注目されています。特に、インドではUS-2の特集番組が作られるほど話題になっています。

日本製品は良いですね。私は日本製を世界で一番信頼しています。
日印の友好の歴史は長い。これからもよろしく!
US-2は、中国からのミサイル攻撃に対して無力です。
インドが高額な兵器を持つ意味があるのかな?インドには貧困にあえぐ人々がまだ沢山います。原爆を持つ限り、インドを攻める国はないでしょう。
US-2は短距離で離陸ができて、飛行距離が長い。
欧米のどの飛行艇より日本製は高性能です。
隣国のパキスタンはF-16戦闘機を保有している。US-2のような低速の飛行艇はすぐに撃墜されてしまうのではないか・・・
US-2は普通の戦闘機とは役割が違うんだ。戦闘機と比較すること自体が無意味。またF-16はステレス性がない旧世代の代物。
インド政府は武器を買う前にインド国民に対して、食料と家、そしてトイレを準備してくれ・・・
インドは歴史的に日本とロシアの友好国だ。
インドは日本の最新技術を必要としている。
ロシアも日本も中国と仲が悪い。私は日本大好き!
インドは日本を応援しているぞ!!
アメリカとフィリピン、インド、そして日本は歩調を合わせて中国と戦おう!
私はインド人ですが、日印ロの同盟が必要だと思います。
どうやったら飛行機が時速90キロで飛行できるんだ???日本の技術は凄い!
ジェット機は離発着の距離が長いので、使える場所が限られる。US-2は海でも空港でも短い距離で運用ができます。
私は日本からのUS-2の輸入を支持します。
ロシアもBe-200をインドに売り込みをかけているが、ロシア製はジェット飛行艇だ。
ジェット機はスピードがあるが、飛行距離はUS-2の方が長い。もともと飛行艇にとって速さはあまり重要ではない。
US-2はインドでライセンス生産できるの?
日本はそれを認めないでしょうね・・・
このUS-2飛行艇を気に入りました!
日本のUS-2の方がロシアのBe-200よりも信頼性が高い。ターボプロップエンジンが4つあるところが良いですね。
US-2は荒れた海でも離発着ができる高性能の飛行艇です。
そう、3mの高波で離発着ができる飛行艇は世界でUS-2だけさ。
インドにとって必要な兵器だ。通常の救難救助にも役立つ。
中国に敵対する国は日本の武器を使おうぜ。中国の粗悪コピー兵器は危険だ。
日本の技術力の高さは世界中が認めている。US-2は世界中が欲しがっている。中国は自壊し始めている。
日本は中韓ロと国境問題を抱えて緊張状態だ。だから最先端の武器開発を常に行なっている。
2014年には中国の海洋進出を警戒して、日印豪米の4ヶ国の共同軍事訓練が行われた。
中国の技術が日本を超えたって??絶対あり得ない(笑)
US-2は技術的に素晴らしい飛行機です!
日本の飛行艇の技術は世界最先端ですね。中国にとって日本の航空機は脅威です。
美しい飛行艇ですね。もっと世界の航空ショーで展示して欲しいです。
見ているだけで惚れ惚れする・・・

駆け引き上手なインドは、インド国内でのライセンス生産も含めて、日本とタフな交渉をしていると言われています。また日本側の輸出制約も多く、最終的にUS-2に決定するか分かりません。

いずれにしても、インドは日本とUS-2の性能を高く信頼し、評価していることは間違いありません。

武器輸出に関しては戦争を誘発すると危惧する人もいますが、逆に力の均衡を保ち、抑止力にもつながります。

また、救難救助活動により、多くの人々を事故や災害から救うことにもなるのです。山火事などの消火対応への活用も検討されています。US-2が世界中で活躍する日が早くきて欲しいですね。

(参考)http://thediplomat.com/2015/03/india-and-japan-inch-closer-to-
surveillance-aircraft-deal/
https://en.wikipedia.org/wiki/ShinMaywa_US-2

動画見たけど、こんなに遅いスピードでよく離陸できるなぁと思った。日本は海に囲まれているので、こういう飛行機はかなり役に立つだろう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年3月18日 10:46 PM

    低速域での安定性と凌波性はSTOL機能には直接関係しないはずなんですが
    離水には100km/hほど必要ですしね
    またテッキトーな記事っすね Wikiの最初の方だけ見て書いたのかな

  2. 日本の名無しさん
    2016年3月18日 10:46 PM

    ライセンスはだめでしょ

  3. 日本の名無しさん
    2016年3月19日 12:32 AM

    インドのTVの編集が酷すぎる…

  4. 日本の名無しさん
    2016年3月19日 2:15 AM

    ロシアのBe200は海じゃ離着水出来ない。
    波高の問題より滑水距離が長過ぎるんだ。
    離水に約1000メートル必要だからな、ロシアじゃ殆ど陸上での発着でしか使ってないし
    水面で使う時は湖で風の無い時しか使えない。
    US2をライセンス生産させるのは論外だが、完成機を販売若しくは機体ユニットで販売して組み立てだけインドでするのは良いと思うよ。
    新明和も開発費を回収できてないし、国内の航空機産業の継続にも繋がる。

  5. 日本の名無しさん
    2016年3月19日 2:55 AM

    残念ながら製品寿命が短かく非常に高価な機体なんだよね。
    それでも離島が多い日本では必須なんだけどね。

  6. 日本の名無しさん
    2016年3月19日 8:36 AM

    US-2の低速飛行能力は凄いな。あと滑走距離の異様な短さ。

  7. 日本の名無しさん
    2016年3月19日 11:33 AM

    US-2を戦闘機として使うつもりの外国人が何人かいて笑えた

  8. 日本の名無しさん
    2016年3月19日 8:38 PM

    一般インド人の情弱ぶりは中国以上やぞ
    ガチで愚民国家の典型例やで「飛行艇って何?」とか「ジェットついてる方が凄くね?」とかそのレベルの発想しかない奴が多すぎ。
    いや侮辱じゃなくてほんとだから。

  9. 日本の名無しさん
    2016年9月15日 8:01 PM

    元々共産圏への武器輸出はしないとの主旨のものがいつの間にか日本は武器輸出をしない、できないとされていた。同じ敗戦国のドイツは議会の審査がもちろんあるにして世界へ武器を輸出している。日本も友好国へ武器を輸出することはその国を助けることなる、各国が自国の軍事予算を抑える為に兵器共同開発は当たり前の時代

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.