当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

水族館より面白い!?築地市場が外国人に大人気だった!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/20

J176
取引高世界一の魚市場、東京都の築地市場。ここで毎日忙しく働く方々の姿を見学に、毎日数多くの外国人が訪れています。

築地マーケットを観光して日本が好きになった、苦手だった寿司が食べられるようになったというコメントがいっぱいの、海外の記事を見つけました。

世界に発信、築地

築地マーケットは世界的に有名な、世界一の卸魚市場です。東京の中心にあり、観光客が気軽に行ける位置にあることから、毎日多くの外国人が訪れます。

市場は大きく場内市場と、場外市場の2つに分かれています。場内市場は、有名な競りが行われる場所で、魚の処理もします。広大で900もの商店があります。

場外市場では、一般向け、業務用の販売が行われます。調理器具もあれば、レストラン用品などの食に関する物まで購入できます。でも何よりもオススメは、軒を並べる美味しい寿司屋です。

魚の消費量世界一、日本の台所ともいうべき築地市場についての、世界のコメントをご覧下さい。

早朝に着いて、マグロの競売を見たら面白いよ。新鮮な魚が並んでる市場内で、うまい刺身や寿司が食べられる。
買い物好きで、いい物を多くの種類の中から選びたい人は、絶対ここで満足するはず。競売を見れなくても、市場内を歩き回るだけでも結構満足できるよ。行列を作ってでも中の寿司屋で食べる価値はあるよ。あと、日本製のいい包丁も手に入るよ!
大きな港の、大きな魚市場だった。だけど、ヨーロッパの魚市場とよく似てるんじゃないかな。
朝4時に始まるって聞いてたんだけど、間に合わなくて9時に着いちゃった。…残念、もう全部終わってた。市場の中の食堂に一番びっくりしたな。美味かった。
いろんな種類の魚や、肉、野菜や果物もあってびっくりした。僕の国にはないものばかりだったよ。なんでもあるんだね。入場制限があって、競売には入れなかったよ。だけど、それでも十分に楽しめるよ。寿司ファンには何百種類っていう寿司を味わえるしね!回転寿司屋が多かったよ。
早起きする価値あるよ。マグロの競売ももちろん良かったけど、市場にいる人の動きが速くて、凄かった。
アメリカにはない、いろんな魚があったよ。寿司屋がやっぱり一番良かったかな。
ここにある魚が全部、海の中で生きているなんてびっくりした。そしてこれだけの量を全部、日本人が食べるんだ、ってことにも超ビックリ。こんな大規模なのに清潔で秩序があって、さすが日本。
世界一の魚市場。どこまで行っても終わりがないかと思ったよ。市場を歩くときは邪魔にならないように気をつけて。みんな本来、仕事できてる人たちだから、忙しく走り回っているのが当然だったよ。
日本人の海鮮料理に対する興味、関心を肌で感じられる場所。ここには海のものが全部あるよ!そこらの水族館より相当すごいね。寿司が苦手でも、そういうのを見てるだけで十分楽しめる場所。市場の中の食堂でぜひ寿司を食べてみてね。
みんなが忙しそうに動き回っている市場を見ているだけで面白かった。だけど何よりも面白かったのは、セリをしている人。まるで歌を歌ってるみたいだった!
マグロの競売を見るには、前もって整理券を手に入れて、朝5時には市場に行かないといけない。そして見学用の部屋に連れて行かれて、そこから競売の様子を見るんだ。全部よく管理されてた。
海の生き物だったら何でも、全部ここで売り買いされてる!ここは、日本人の魚に対する愛情が詰まった巨大なモニュメントだね。寿司好きでも、そうでなくても、ここには絶対見に来るべきだね。
午前9時に到着して、野菜と果物の市場に行ったけど、ここもなかなかよかったよ。でもやっぱり魚市場の、魚や、イカやタコなど軟体動物の種類の多さは世界一だね。あんなたくさんの魚、見たことなかったよ。
食堂がありすぎた。だけど市街地の食堂やレストランより割高だと思った…けど、わざわざここで食べる甲斐はあったと思う。サーモンとマグロの刺身はとにかく最高だったな。ほかの刺身は、何の魚だったか覚えてない、っていうか見たことない魚ばかりだったよ!
絶対気に入るって!絶対行くべきだ。季節的には10月が暑すぎず、寒すぎず、一番いいんじゃないかなー。
超早起きして、朝4時半にようやく築地マーケット入り。頑張った甲斐があってマグロの競りを見れたよ。あんなでっかいマグロ、見たことない。競りのあと、朝食。新鮮で最高。北海道産の鮭は、最高でした。
世界一の旅行雑誌LonelyPlanetによると、数年前までは築地マーケットは誰でも自由に見学できたんだって。だけどモラルのない観光客が、競りの最中だろうとどこだろうと入り込んで、迷惑をかけて、いろいろ規制が厳しくなっちゃったんだって。
世界一の魚市場っていうけど…営業時間の変更に注意!ちょっと前の案内だと、見学するには朝6時に到着すればいいって書いてあったのに、6時に到着したらもう全て終わったあとだった。

案内の人が、「新しい案内表です」って新しい案内をくれたけどもう遅いって。だけどそんな怒りも、新鮮な寿司を食べたら気分一新したよ。ただ、市場だから安いかっていうとそんなことない、市街地のレストランと同じ値段。

魚を食べない文化の人や、普段なら「え、生魚!」と日本食や寿司を敬遠する外国人が、新鮮な魚介類をおいしく食べられる、満足できる場所として築地マーケットを絶賛しています。

こういった、人の働く姿や物流を見学することによって、その国の食に対する興味や関心がわくのですね。そんな、食の世界をのぞける築地マーケットは、外国人と日本人の架け橋と言えるでしょう。

市場の移転問題や、観光客の数が増えすぎたことによる見学数の制限や変更が頻繁にあり、せっかく訪れたのにお目当ての競りを見られなかった、といったがっかりのコメントもありました。

せっかく世界の各地から訪れている外国人のためにも、情報は更新されて伝わるよう期待したいですね。

(参考)http://www.tripadvisor.com.mx/Attraction_Review-g1066444-
d315477-Reviews-or40-The_Tsukiji_Market-Chuo_Tokyo_Tokyo_
Prefecture_Kanto.html#REVIEWS

寿司が苦手だったけど、市場を見てたら食べられるようになったって本当かな?そんなに食べたくなるのかな?これは築地市場側から見ても良い手だと思う。毎日テレビで生中継もいいかも!

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年5月20日 8:09 PM

    外国人観光客は何回注意しても立ち入り禁止区域に入るし商品を触るらしいな
    外国人観光客は当然生魚なんか買っていかねえだろうし現地の人たちには同情するわ

  2. 日本の名無しさん
    2015年5月20日 8:46 PM

    そもそも観光地じゃなくて職場だからね。

  3. 日本の名無しさん
    2015年5月20日 10:24 PM

    たまにマグロ買いに行く。やっぱし場内で仲買から買うのがいいねw

  4. 日本の名無しさん
    2015年5月21日 10:19 AM

    マグロの解体には大喜びなのにイルカ、クジラを食べるというと残酷とか言い出す外人どもw

  5. 日本の名無しさん
    2015年5月21日 4:14 PM

    買わないくせに来られても困るし
    水族館みたいに見に行くとこじゃ
    ないんだけどな。外人はそこんとこ
    わかってないよな。

  6. 日本の名無しさん
    2015年5月22日 10:49 PM

    仲買人の人達の邪魔にならないようにしてくれ。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.