当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

これが日本人の本気だ!外国人が絶対見たい大人気の観光スポットとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/10/31

j419
住んでる国が違えば、文化も習慣も当然違うもの。あなたが普段当たり前だと思って、何気なく目にしている光景、外国人からしたらとってもおかしく見えるかもしれません。

例えば、東京などの大都市では、電車がとても発達していて、通勤通学に大勢の人が電車を使いますよね。だから、朝の駅は大混雑。数分でも電車が遅れようものなら、ホームが人であふれかえるなんてことも。

「でも、絶対会社には遅刻できない……!」みんなが同じ思いをかかえて、なにがなんでも決められた電車に乗り込もうとします。ああ、考えるだけで憂鬱になってきそう!

日本人にとっては、なんてことはない、むしろ嫌悪感すらいだくこんな朝の通勤電車の光景が、どうも外国人観光客の間でひそかに話題なんだとか!こっちは必死で通勤しているというのに、なにがそんなに面白いんでしょうか。

「押し屋ってどこで見られるの?」

ある海外の旅サイトには、こんな書き込みがありました。

「実際に押し屋(英語では、”pusher”)が働いているところを見てみたいんですが。今度観光で東京に4日間滞在するんだけど、満員電車にみんなが押し込まれるあの姿ってどこでみれるの?」

みなさんは、押し屋という言葉を知っていますか?あまり若い世代の人にはなじみがないのではないでしょうか。Wikipediaによると押し屋とは、

『鉄道の朝夕のラッシュ時に、列車の扉に挟まりかかった乗客や荷物を車内に押し込む人、およびその職業のこと

だそうです。えっと……、あれって駅員の方が必要に応じて担当していると思っていたのですが。まさか押し込み担当の呼び名があったとは!

初めて「押し屋」が導入されたのは、昭和30年と歴史は古いようで、当時から日本の電車は混んでいたことがうかがえます。

ただ、押し屋といっても鉄道会社の社員の方が担当する場合とアルバイトが担当する場合があるそうなので、必ずしも全員が「人を押しこむ」ためだけに雇われているわけではありませんが、そういうアルバイトもあるのだとは驚きです。

なにより、そんな事実を外国の人が知っているほど、朝の満員電車の光景は海外でもちょっとした話題なのです。

人々が電車に必死で乗りこむ姿の映像。私たちにとってはなんてことありませんが、ご覧のように、200万回以上も再生されています!かなりの注目を浴びているようですね。動画を見た人たちの反応を見てみましょう!

これどこで見られるの?!
これ、恐ろしいと同時に感心するよ。恐ろしいのは、こんなにぎゅうぎゅう詰めにされるのなんてきっと苦しいだろうから。だけど、感心しちゃうのは、みんな協力的なところだよね。だれも押し屋に向かって怒鳴ったりしないし、スペースを作ってあげようと努力してるみたいだし。
え、これ本気?ちょっとまじで…
えっと、これってSF映画のシーンかなにか?
人間テトリスだね!
へぇ、東京じゃだれもおいてかれないんだね、すごい!ロンドンだったら電車からだれかしら押し出されるところだよ。大体ロンドンの人は、自分たちでぐいぐい人のことを押すからね!笑
さすが、駅員が手袋してる。よかった〜
やばい、まじうける!笑
爆笑!電車に押しこむだけの人を雇ってんの?アメリカじゃ絶対ありえないね!ていうか、アメリカでも満員になることはあるけど、みんな次の電車を待ってるよ。
ははははは!まじでちょっと笑いすぎちゃったよ。
そんなにみんなが使う電車なら、2階建て車両にすればいいんじゃないかな。
ちょっとまって。これって、普通なの?友達から聞いたけど、日本じゃ10分おきに電車がくるんでしょ。それなのに、だれも待ちたくなくて必死で乗りこむんだね。
少なくともアジア人って細いし、体臭もないからよかったね!
あの満員電車の中でだれかがおならしたらどうするんだろう。笑
はははは!日本最高!
俺もみんなのこと電車に押しこむのやってみたいな!
もはや人間なのか動物なのか分かんないな。
こんなに全員を一度にまとめて運べるなら、実はめちゃくちゃ効率いいよね。
これ、本当に面白いんだけど。
押し屋って文字通り、乗客を「押し」込まなきゃいけないんだね。尊敬の意が芽生えたよ!
どうりで日本人女性は痩せているわけだね!細くなきゃ、乗り込めないもんね!
うわ〜。この動画教えてくれた人に感謝だよ!本当に人が電車の中に詰め込まれているんだ……!
僕もこの押し屋の仕事やってみたい。人のこと電車に詰め込んでみたいなあ。
これ本当に超まじで爆笑なんだけど。笑いが止まらない。あの電車のドアぎりぎりに立ってる人、笑
決めた、僕おとなになったら押し屋になる!
バンザイ!!
駅員の乗客の扱い方が丁寧だよね。全部のドアに駅員がついてるのもさすがだよ。怪我人とか死人が出ても、インドじゃ助けてくれる駅員さんなんていないからね。
こんなに詰め込まれたあと、今度はどうやって降りるのかが見たいよ!
押し屋の気持ち:「早くのれよ!!!」笑
私、すでに押し屋が二人がかりで押し込んでるのに、人が足りなくて、さらに3人がかけよってみんなで押しこむ部分が好き。うける。

ちょっとヘン、でもやっぱりけなげで協力的な日本人

なるほど、人に押し込んでもらってまで、電車に必死で乗りこむあの姿は他の文化の人からしたら「笑えるような」光景なんですね。本人たちは時間通りに出社しようと、それどころじゃないんですが。

そして見のがせないのは、人びとがこんな状況でも自分勝手な行動をせずに、みんなが乗れるよう協力的なところや、わめいたりして迷惑かける人がいないところに着目して、感心していた人たちの意見。

確かに、そういわれてみれば、おとなしく押しこんでもらうのを待つ日本人はけなげに見えるかも……!

外の人の意見を聞いて初めて分かる、日本の変な文化と、良いところに気づけたのではないでしょうか。

もちろん、「こんな混んでいる電車なんか絶対乗りたくない!」なんていう意見も。それはごもっともですが、人ごととして見るには面白いんだそうですよ。

(参考)http://www.jrpass.com/ja/forum/topics/general-japan-travel/
posts/where-can-i-see-train-pushers-in-action

この動画は見ていて笑っちゃうw次の電車ってすぐ来るんじゃないの?この電車に毎日乗るなんて、相当心臓に毛が生えた人達じゃないと難しいだろうな。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年11月1日 9:02 AM

    こんなことをしてたら先進国なら乗客が料金分の正当なサービスを受けられないって訴訟問題になるでしょ!
    裁判になれば乗車率が100%程度まで下げるように業務改善命令が出ると思うし、慰謝料を支払わなけれはならなくなるだろ!

  2. 日本の名無しさん
    2016年11月1日 7:48 PM

    毎日じゃないし、こんな状況の時は次の電車も混雑してるよ。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.