当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】からくり人形がすごい!日本の天才技術者、田中久重

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/08/15

J309
日本のロボット分野は世界の最先端レベルです。この技術を支えているのが日本伝統の「からくり人形」の技術です。

幕末の天才技術者、田中久重は素晴らしい「からくり人形」を製作しました。この作品は今日でも世界中の人々を驚嘆させています。

東洋のエジソン

田中久重とはどんな人物だったのでしょうか。1799年、福岡県の久留米市に職人の跡継ぎとして生まれました。彼は技術系の神童、今風で言えば「オタク」的な存在でした。

わずか8歳で、一定の方法でしか開くことができない「秘密箱」を製作しています。14歳になると単純な構造ながら綺麗な絵柄が織れる機織り機を発明します。

そして20歳になると彼の名を日本中に轟かせることになる「からくり人形」の製作を開始します。

当時、貴族や大名たちの中にはこの複雑な動きができる「からくり人形」のコレクターも多く、人々も興行で人形を観るのを娯楽として楽しんでいました。田中は家業を弟に押し付けて、夢中になれる人形作りの技と興行で生きていくことにします。

その後も彼の好奇心と探究心は衰えることがなく、日本に紹介されていたわずかな天文学や西洋技術などを次々に学んでいきます。

彼の開発や発明は身近な生活品や機械、兵器に至るまで多岐に渡ります。これが「東洋のエジソン」と呼ばれる所以です。

そして50歳の時、彼の人生で最高傑作とも言われる「万年自鳴鐘」(万年時計)を製作します。1000点以上の部品からできている精巧な作品で、国の重要文化財となっています。

代表作『弓曳き童子』

12
さて、彼の代表作のからくり人形「弓曵き童子」について簡単に説明していきましょう。分かりやすいので動画もご覧になることもおすすめします。

他のからくり仕掛けのように、ゼンマイの力を「カム」と「腕木」、「糸」に伝えて複雑な人形の動きを生み出します。人形は自分で矢をつかみ、弦にかけて弓を引き、そして狙いを定めて放ちます。

この一連の流れに左右の手と顔の動きが完全に連動しています。あえて矢は4回中で1回は必ず失敗するように設定されています。的に当たった時は人形が喜び、外れた時には悲しい表情をするようになっています。

あの能面と同じように顔の角度を変えることで感情を表現しているのです。多くの仕掛けはこの微妙な表情の動きに使われており、田中の表情へのこだわりが分かります。

また下部には別の人形がこの「弓曵き童子」の装置を動かしているように見せる仕掛けがあります。緻密ながら洒落っ気もありユニークですね。

彼の別の代表作「文字書き人形」では4パターンの文字を墨と筆で書くという神業をやってみせます。墨字の微妙な「跳ね」などの動きまで忠実に再現していて、この字の美しさには日本人も脱帽です。

飽くなき探求心

1881年に82歳で亡くなるまで田中は精力的に活動を続け、初の国産蒸気船の設計や大砲の開発など技術顧問として佐賀藩や久留米藩でも活躍しています。

74歳になると福岡から東京に移住し、その2年後には銀座に通信機器関連の会社「田中製作所」を設立します。

当時の平均寿命が60歳程度だったことを考えると、田中が如何に並外れた「スーパーおじいちゃん」だったか想像できるでしょう。彼が設立した会社が現在グループ全体で20万人以上の従業員を抱える多国籍企業の東芝です。

それでは田中の「弓曵き童子」のパフォーマンスを観た世界中の人々の反応を紹介していきましょう。

これは最高だ!非常に素晴らしい。
これは日本の江戸時代の伝統工芸品です。動力はバネの力だけです。日本はこのからくり人形の技術を活かしています。これは東芝の創業者、田中久重によって作られた人形です。
スゴイ!感動的なからくり人形だ。
これが200年前の技術とはすごい。
これは本当に美しい。
この偉大な作品を観られて最高に良かったです。
素晴らしい日本の先人の技。
このからくり人形が作られた年代がわかりますかね。私はからくり人形に非常に関心があります。
1820年頃と思います。
夢のような機械ですね。
田中久重についてちょっと調べてみたら、あの東芝の創業者だったんですね。この方は天才です。
信じられない複雑さと正確さです。当時の日本の職人たちのレベルを裏付けている。
これは江戸時代の伝統工芸職人、田中久重の作品です。何という精度と美しさなのでしょう。
わあ!思わず西洋のからくり人形と比べてしまいました。
200年前のからくり人形!!!!!
あの時代にこれだけの技術を持っていたのなら、今の日本が変形ロボット「トランスフォーマー」を作っていないのが不思議なくらいに思える。
天才により作られた素晴らしい作品。直ぐに陳腐化していく今日の製品と異なり、200年後の今でも彼の作品は輝きを失っていない。
田中久重は非常に情熱的な職人だったのでしょうね。脱帽です。恐らくぜんまい仕掛けの技術自体は既にあったのでしょうが、この作品を作るには芸術的なセンスが必要です。やたらと複雑な現在の機械と違い彼のシンプルな機械構造は注目に値します。
お見事!矢を握り、狙いを定め、そして射る姿は本当に驚異的です。
これは本当に驚くべきこと。デジタル理論やコンピュータ制御の入門レベルが求められる複雑さだと思います。
この作品は200年前に製作されたものです。多分、人類史上最初の自動化された人形の1つでしょう。これは弓を掴んで射ることができます。またこの人形は完璧な動きと技を披露しています。
私もこんなに美しい作品を作りたいです。
この「からくり人形」が大好きです。この人形の人気が復活すれば良いと思っています。人々はハイテクに飽き始めており、シンプルな構造の技に関心を高めています。
この天才的な作品に完全にうっとりしてしまいました。200年経った今なお完璧な状態は東芝の創業者の技量を示しています。私はどうしてこの矢の動きがこんなに正確なのか納得できていません。「糸」と「カム」だけで・・・・まったくスゴイとしか言いようがありません。
天才的!1800年代の人々にとってこの人形の動きは魔法のようなものだったのでしょう。私は今だって信じられません。

日本は幕末に開国からわずか約150年しか経っていません。それ以前は260年という長い鎖国状態が続いていました。

その鎖国時期あっても日本には世界レベルの技術力の基礎が蓄積されていたのです。だからこそ田中久重は彼の才能を存分に発揮することができたと言えるでしょう。

(参考)http://www.tested.com/art/makers/462669-karakuri-puppets-
japans-automata/#comments
http://karakuri.info/master/index.html
http://www.tofugu.com/2013/07/29/tanaka-hisashige-father-of-toshiba-
edison-of-japan/
http://web-japan.org/nipponia/nipponia38/en/feature/feature06.html

東芝の創業者すげ~w76歳で将来世界で戦える会社を立ち上げるなんて普通のおじいちゃんじゃないことはよくわかる。この人形もどんなからくりか全く想像できないし、偉人って感じがする。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年8月15日 11:15 PM

    なお今の東芝

  2. 日本の名無しさん
    2015年8月16日 4:53 PM

    万年時計の方が凄い!

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.