当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

台風が来るなら早めに出勤!?日本人に社畜が多い理由を外国人が説明

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/09/16

J313

台風天国日本。被害が出て大変な思いをするとはいえ、世界の他の国に比べると、日本人は台風に慣れていますし、建物も雨戸があるなど、台風対策が出来ている作りになっています。

反面、災害に慣れていない国の人にとって、台風とはとても大きな災害のひとつです。台風はなくても嵐やハリケーンがある国もあります。大雨で川が増水したりして災害になりやすい国や地域もあります。

そういう国では、災害時や災害予報があるときは、仕事を休んだり、災害を理由に遅刻が当たり前です。でも日本は、台風の中でもいかに営業や通常業務を続けるかをまず先に考えます。

海外と違う日本の文化

そのため、台風が近づいたときに、日本で働く外国人が、「明日は台風接近が予想されるので、普段より早めに出勤するように」という指令を受けてびっくり仰天しました!

台風の日は雨風が強いので、普段より多くの人が電車やバスなどを利用するため、さらなる混雑が見込まれるという理由での指令でしたが、外国人は文化の違いを感じたそうです。その外国人のつぶやきに対する、海外のコメントをご紹介します。

日本みたいに都市化された国でも、台風みたいな自然災害が多いなんて変だね。そんな自然条件の中で日本が世界第2位の経済大国になるなんて、すごいことだと思う。
礼儀正しいし、生活レベルや質もとてもいいよね。それに比べて、コロンビアみたいな、資源も豊かで災害もない国がいつまでたっても後進国なのはなぜ。日本人の凄さが分かる。
え、普段よりも早めに出勤しろだって?それがもしコロンビアなら、台風は休みの合図。だれも仕事にも学校にも行かないよね。というか、少なくとも前後1週間は休みになるな。本当だよ!
↑同感。もし台風やハリケーンが接近しているときは、だれも学校にも仕事にも行かない、全国レベルで。もし州知事が朝、空を見上げて、どす黒い雲が空を覆っていたら、その瞬間に全州のイベントや学校、仕事の休みを発令するな。

「市民の安全の確保」っていう建て前で(笑)。

日本企業はさすが、前もって台風情報を従業員に伝えて注意を促すなんて、立派!だと思うけど、その指令が「通常より早く勤務しろ」だなんて、とてもじゃないけど信じられない!

アルゼンチンなら、いくら命令されても従業員は絶対に従わないし、嵐は立派な遅刻、欠勤理由になる!やっぱり日本人の従順さが信じられない、台風だっていうのに、仕事するなんて!

日本人のまじめさ、働き者ぶりはさすが。だけど、台風が接近しているのに仕事に行くって、ちょっと危険だよね。
日本人にとって一番大事なのは、義務感とか責任感。しかもしょっちゅう地震もあるし。そういう日本人にとっては、台風ってどうってことないのかもね。
台風が上陸しても、通常業務、日常生活を送れる体制が整っているんだよ。慣れているしね。だからといって、自然をナメてるっていうわけでもない。日本人とそれ以外の国の人の違いは、経験から学習するかどうか、っていうことだと思う。

日本人は台風で被害に遭ったとしたら、その次の台風では同じ被害に遭わないように予防策を講じる。だけど我ら外国人は、洪水、嵐、浸水などの被害に散々遭ったとしても、学習しないから、また次の嵐で同じような被害に遭ってる。

台風って、ものすごい嵐のことだと思っていたけど、「普通よりちょっと強い雨風」っていうイメージでいいのかな?だから日常生活を送れるの?
日本人はもっと気をつけたほうがいいんじゃないのか。僕が日本にいたら、台風の日は絶対に仕事には行かない。ペルーで日本の台風のニュースを見ることがあるけど、まるで日本沈没でもするんじゃないか、っていうくらいの勢いで報道されているよ。怖いよ。
日本人は台風とともに生きてきた。さらに、建物は台風や地震に耐えられるつくりになっている。しかも津波対策まで出来ている建物もあるんだよね。チリも同じく自然災害が多い国の一つです。

ただ、対応の仕方が違うっていうだけ。災害に遭っても、日本みたいに対処策を取らない。

東京都に台風が直撃する場合、ほかの都道府県ほどの強さで直撃っていうわけではないんだよね。それでも、どうしても、台風が接近しているのに通常通り出勤しないといけないなんて、どうしても、どうしても、どうしても信じられない!
台風の接近するときの日本人の気持ちがわかるような気がする。ここでもハリケーンや熱帯低気圧が接近するからね。ここ数年、ありがたいことに、僕の住む州にハリケーンは来ていないけれど。
日本人は気象庁の予報や警報をよく見聞きするんだと思う。私の国は、台風もハリケーンもない、災害の少ない国だと思う。それでも、ときどき起こる大雨にすら、対策が取れていない状態。
さすが日本!台風みたいな自然災害が襲う中でも、日本が世界一の地位に居るすごさを感じるニュースだ。
えー、台風って中国にだけあるのかと思っていた。いろいろ勉強になるね。
千葉県市川市に住んでいる外国人です。ここは台風の被害はあまりないけれど、先日の台風接近の時は、小学校が休校になりましたよ。日本人だってちゃんと休校にするか、通常通りにするか、わかってやっているんだよ。
スペインも自然災害が少ない国。たまにあるのは、大きな雹が降るくらいかな。
ベネズエラは、どんなに大雨が降っても、お昼頃にはものすごい暑さになるのが耐えられない。
日本旅行に行ったとき、ちょうど台風にあたりました。木が倒れたり、結構大変なことになっていたけど、家も倒れたりするのかな。
大雨の中、自転車で走行したことがありました。何も見えなくて、すごく危なかった!台風はもっと大変なことになるんだろうな、雨だけじゃなくて風もあるんだもんね。日本人、気をつけてください。

台風の時も働く日本の勤勉さ

やはり外国人にとって、日本人の勤勉さに驚くニュースだったようです。
コメントにあったように、自然災害が多い中、勤勉でいることが、日本が世界の経済大国でいられる理由なのかもしれません。

それでも、世界の人々が心配してくれるように、台風の日は気をつけないといけないですよね。経済的豊かさと身体の安全のバランスをどう取るか、個人と企業が考える題材になればと思います。

海外のコメント見ると羨ましいって思うけど、実際その状況になると台風の日は何もできなくて不便って感じるのかな?なんでもほどほどがいいけど、日本はちょっとやりすぎなとこがあると思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年9月17日 9:10 AM

    社蓄って何ですか?管理人さん

  2. 日本の名無しさん
    2015年9月17日 9:11 AM

    社蓄ってなんですか?

  3. 日本の名無しさん
    2015年9月17日 9:12 AM

    会社にはやめに出勤すると社蓄なんです?

  4. 日本の名無しさん
    2016年8月23日 10:35 PM

    社畜の定義なんて人それぞれ曖昧でしょ。
    社畜って何とか?とか、早めに出勤したら社畜?とムキになる時点で社畜に仮確定。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.