当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

焼き鳥ならここ!昔ながらの町並みが残る新宿の思い出横丁

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/14

J210
東京の中でも新宿といえば、世界中のグルメが堪能できる街ですが、そんななかでも密かに外国からの旅行客に人気のエリアがありました。高級レストランでもチェーン店でもなく…それは焼き鳥店が並ぶ小さな横丁。

12

11

14

安い!旨い!狭い路地にひしめき合うレトロな店

JR新宿駅から徒歩数分の場所に位置し、決してお洒落とは呼べない「思い出横丁」。けれど、昭和がそのまま残っているような、ここだけ時間が止まってしまったかのような、不思議と懐かしい気分にさせてくれます。

どのお店も店舗面積は非常に小さく、ほぼカウンター席のみで、席の後ろを通るのもままならないほどの狭さ。あちらこちらで陽気なおしゃべりが聞こえてきます。

この焼き鳥、江戸時代から人気があったようで、神社の参道では雀の焼き鳥屋が人気で、またお祭時にもたくさん売れる人気の名物料理だったようです。何と言っても手軽に食べられるのがいいですね。

この「思い出横丁」には、うわさを聞きつけた海外からの焼き鳥ラバーたちもたくさん訪れるようです。ここで焼き鳥を食べていった彼らに感想を聞いてみましょう。

新宿に来て、ここ「思い出横丁」での経験がいちばん楽しかった!それぞれ違う個性のある、小さな小さなお店たちが無数に並んでるんだ。でもみんなうまい焼き鳥と安いお酒を出してるのに変わりはないよ。

始めに入ったお店の女主人が日本語でガンガン話しかけてきたから、少しだけでも日本語を覚えていたらよかったなと思った。自分たちが何をオーダーしたのかも分からなかったけど(笑)注文したお皿は全部美味しかったし、なによりビールが最高にうまかったね!

いつか行ってみたいとずっと思ってたんだけど、ちょうど新宿行った時に立ち寄ることができた。どこかのお店に入りたかったんだけど、どのお店もいっぱいで、横丁を行ったり来たりしてたんだ。サラリーマン二人組が出るのと入れ代わりに、やっと小さなお店に入ることができた。

英語で書かれたメニューはなかったんだけど、女主人がその日いちばん美味しいっていう焼き鳥5本焼いてくれた。ハツ、レバー、モモ、あとはトマトとベーコンと魚と…結局もっと別のお皿も注文したんだけれど、どれも美味しかったなあ。楽しい夜だった。

ちょっと一杯ひっかけるかって感じでここに来たんだけど、ここの焼き鳥の美味しいこと!リーズナブルで、しかも思い出に残るような食事ができた。まるで映画「ブレードランナー」のセットの中にいるようだった。とてもクールで他では味わえない経験ができたよ。
これこそ東京でぜひ僕が食べてみたかった味だよ!横丁をぶらりと歩いて、空いてる席を見つけたら座って、何本かの旨い焼き鳥を注文し、隣のサラリーマンと酒を酌み交わす…これこれ!彼らとしゃべって、一緒に酒を飲み、ハグし合い、涙を流す。

こどもの写真を見せ合い、うまい牛の串を食べてはまたビールを飲み、ちょっと馬刺しも食べてみたりして…ベロベロになって真夜中に家に帰りつく…これがしてみたかったんだ、最高!!!

東京の地元のひとたちが、仕事終わりにふらりと立ち寄る場所。なんとも居心地のいいところさ。どのお店もとても小さいから、並ぶのは覚悟しといたほうがいいかもね。それでも、絶対行って損はないよ。
新宿滞在中、ほぼ毎晩通ったわ。いくつか別のお店を試したんだけれど、女性がオーナーのお店がいちばんよかったな。そこの牛肉料理は美味しかった。ちょっと高かったけど、その日はどうしても牛肉が食べたかったから。

もしあなたがベジタリアンだったら、そうね、ここの雰囲気だけ味わって他で食べるっていう手を使うのはどう?(笑)

仕事帰りのサラリーマンが、終電前までお酒を楽しむ場所…建物は1940年代後半のオリジナルの状態のまま残っていて、お店の規模はどれも本当に小さいの。ほとんどのお店が、5人から10人もお客さんが入れば満席って感じ。炭火で焼かれた焼き鳥とお酒やビールが手早く出されて、どれもお得な値段。

この狭い路地裏と小さなお店の雰囲気が大好きになってしまって、ちょっと高級なレストランでの予約をキャンセルまでして、またここに来ちゃった。だってここの雰囲気をもう一度体験したかったから。

ぜひ焼き鳥が食べたくて、ここに来たんだ。でも仕事が終わったサラリーマンでごった返していて…金曜日の夜だったからね!でもそれが、賑わいがあってとても楽しかったんだ。一階はどこもものすごく混んでるけど、二階に席があるお店もあるから、お店のひとに聞いてみるといいかもしれない。
巨大な新宿駅からすぐ近くのこの「思い出横丁」は、一歩足を踏み入れたとたんに過去にタイムスリップさせてくれるスポット。ネオンサインに彩られた焼き鳥店ひしめくこの路地裏は、戦後の東京を彷彿とさせる場所だね。

多くても8〜10人くらいしか入れないお店は、サラリーマンで溢れてるごくありふれた風景。だけどもし君が僕みたいに写真狂なんだとしたら、このロケーションは最高だよ!夕方の暮れていく背景と、お店と人とのコントラストはとてもいい写真になることうけ合い。

そうそう、たくさんオーダーすれば横丁といってもそれなりの金額になるよ。あと、僕が行ったところは英語のメニューがなかったんだけれど、そんなこと問題にならないね!

狭い路地裏を歩くのはとてもエキサイティングな経験だったわ!お店はお店でとても小さくて、席に座るだけでも一苦労なくらい狭いんだけど(笑)、雰囲気が最高で!料理もどれも美味しかった。本当にローカルのひとたちが集まる地元のお店って感じで、それを味わえたのがとても楽しかった。
正直、最初はあまり乗り気じゃなかったんだけれど、友人にどうしてもって誘われて来てみたんだ。結果、旨い焼き鳥をたらふく食べ、大量のビールでめちゃめちゃハッピーになったんだけど(笑)ここは、インドアの屋台みたいだね。いろんなタレや味付けの焼き鳥と、酒とビールが楽しめる愉快な屋台街って感じ。

どのお店も10人も入らないくらいじゃない?ときどき二階にも席があるけど。地元のひとや仕事帰りのひと、あとは好奇心たっぷりの観光客がお客さんに混じってるね(笑)言われるほど雑多じゃないし、いやむしろ清潔で焼き鳥のいい匂いで充満してるよ。東京を去る前に、友人を連れてもう一度訪れたいね。

食事するつもりはなくて、ちょっと立ち寄っただけなんだけど、ここはかつての戦後の日本を感じられる珍しい場所だね。ただ歩いてみるだけでも価値があると思う。
彼の30歳のバースデープレゼントに、思い出にと思って来てみたの。土曜の夜でものすごく混んでたんだけど、二階の席に通されて、窓も開けられたから煙たくなくてよかったわ。

ここは英語のメニューもあったし、頼んだ焼き鳥のどれもが美味しくて、しかもとても安かったの!たぶん東京で食べたもののなかで、ベスト!あんまり美味しかったから、数日後にまた訪れたくらいよ。ここは女性ひとりで切り盛りしてて、見ていて清々しかったわ。

焼き鳥が好きなら、行ってみるべき!東京でいちばん安くて、いちばん美味しい串を食べられるはずだよ。
うまい焼き鳥に、量も多くて安いビール…これ以上なにを求める?
安くて美味しいものを食べたいなら、ここはオススメ。東京に来て最初の晩に寄ってみて正解。お洒落…とはいえないけれど、あんまり観光客を見かけなくて、独特の雰囲気を味わえるから一度は行ってみるといいと思う。
ただブラブラ歩くだけでも楽しいし、美味しい焼き鳥とわいわい楽しくやってる人々に囲まれて、幸せにならないはずないよね?
まるで昭和に戻ったみたいな感覚を味わえる楽しい路地裏だね。それぞれのお店が特徴を出してて、すごく楽しかった。ケムリがもくもくで、東京を去る時まで匂いがついてるかもしれないけど、それは覚悟しておいてね(笑)
路地裏ってだけでワクワクするよね。地元のひとで賑わってるお店を選んで入ったんだけど、間違いなかった。うまかった!
ここは「焼き鳥天国」!1000円もあればうまい串で満足できるのさ。
東京に来る目的が、美味しいものを食べることなら、ここは絶対来るべき。ことさら焼き鳥好きでなかったとしても、ここの雰囲気を味わうだけでも足を運ぶ価値があるわ。
日本の人たちが本当に食べてるのがこういうものなんだろうね。気のいいサラリーマンの人たちと仲良くなって、話せたのも楽しかったな。働いてる人たちとインテリアはとてもクールで、この街の雰囲気とのコントラストがとっても面白かった。焼き鳥、美味しかったなあ。

昭和に浸れる場所

居酒屋で酒のつまみに食べられるだけではなく、家庭の食卓にものぼる国民的な食べ物、焼き鳥。塩焼きで素材の味を楽しむもよし、醤油、みりん、酒、砂糖などを混ぜてつくるタレで焼いた焼き鳥もまたたまらないですね。

でもこの横丁の良さはなんといっても、そのロケーションにあるでしょう。

戦後間もない東京を彷彿とさせる雰囲気を残し、隣のお客さんとの距離もあってないぐらいの近さ。今の日本では見られらないような、そんな特異な空気感がひとびとを惹きつけているようです。

お家で食べる焼き鳥も美味しいですが、もくもくの煙の中、昔ながらの建物と雰囲気を残した「思い出横丁」で炭火焼きの焼き鳥を楽しむのもまた楽しい経験ですね。

他のお客さんと重なり合うくらいの小さなお店で食べることで、いつもとは違った思い出になりそうです。

(参考)http://tokyodeep.info/post_299/
http://www.tripadvisor.com/Attraction_Review-g1066457-d1173749-
Reviews-Omoide_Yokocho-Shinjuku_Tokyo_Tokyo_Prefecture_Kanto.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/焼き鳥

昭和のかおりがするよい町並みだと思う。いずれここも観光名所のような感じになると思うので、今のうちに雰囲気を楽しんでおかないといけないだろう。海外のコメントを見ているとすでに結構行ってるみたいだけど。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年6月14日 10:50 PM

    第二宝来家はよく行くわ

  2. 日本の名無しさん
    2015年6月14日 11:42 PM

    安いってコメント多いけどテレビで見たのは、どの店もぼったくりに近い値段だったよ

  3. 日本の名無しさん
    2015年6月15日 12:37 AM

    ここ別に安くないぞ。
    半分ぐらいは韓国人がやってる店だがそういう店はどこも同じようなメニューで同じような値段なのはなんで?

  4. 日本の名無しさん
    2015年6月15日 7:35 AM

    海外は外食が高いからな1000円以上になるのはザラ
    日本に来て外食の安さと質にビックリするらしい
    とは言え下町の焼き鳥とか飲み屋の方がもっと安く美味く食えるよなね

  5. 日本の名無しさん
    2015年6月15日 4:11 PM

    確かに思い出横町は安くない。でも美味い!

    ここで喰って、ゴールデン街で飲むのが黄金パターンだったんだけど、ここ2年ぐらいで観光客が増えて行かなくなってしまった。

    久しぶりにこないだゴールデン街で飲んでたら、やたら外人が外から写真を撮る。
    開けっ放しのドアからのぞき込み、フラッシュ炊きまくりでバシャバシャと。
    まじで失礼なやつらだよ。礼儀も糞もあったもんじゃねーよあいつら!

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.