当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

「おにぎらず」って!?漫画クッキングパパで紹介されたランチの新定番

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/18

J387
寿司をはじめ、ヘルシーでおしゃれな食べとして大人気の日本食。最近は簡単に作れて見た目も美しく、さらに気軽に食べられるということで日本でも話題の“おにぎらず”が注目を浴びています。

世界が注目?!日本の食ブーム

日本料理に興味のある外国人は多く、インターネットで熱心にレシピを検索し、自宅で作る方もたくさんいます。

日本食の中でもおにぎりの認知度は意外と高く、アニメの影響でおにぎりに憧れを抱いている海外の若者も多くいます。そのことからも日本食の注目度・人気の高さが伺えるのではないでしょうか。

最近日本で話題となったのは「おにぎらず」。食べたことはなくてもSNSやメディアなどで目にしたことがある方も多くいると思います。

そんな大人気のおにぎらずですが、その誕生はだいぶ前だということは日本人でも知らない人が多いのではないでしょうか?

「おにぎらず」って?

実はおにぎらずが誕生したのは1990年代のこと。漫画「クッキングパパ」で紹介されたのが始まりでした。それがどういうわけかレシピ検索サイトのクックパッドに掲載され、またたく間に人気検索ワードの上位に入りました。

おにぎらずのレシピは今では数百にも及ぶそうです。簡単に作れて見た目も鮮やか、しかもおいしいおにぎらずですが、人気になるまでにこんなに時間がかかったとは驚きです。

日本で人気を得るまでに時間がかかったおにぎらずですが、海外へ紹介されるまでに時間はかかりませんでした。すでに海を越え、海外でも日本食の新定番として紹介されています。

たくさんのレシピが誕生した秘訣はそのおにぎらずの作り方にあると言えそうです。具材をご飯で包み込むように作るおにぎりは、梅干しやサケなどスペースを取らず、かつ握りやすいものしか入れられません。

それに対しておにぎらずの作り方は、ご飯、具材とただ重ねるだけです。ハムやチーズなどの具材を細かく切らずにそのまま入れることができ、またケチャップやマヨネーズなどの調味料が使えるのが大きな特徴と言えそうです。

おにぎりに比べ、具材の種類や量を多く入れられる点も海外の方のお気に入りのポイントのようです。また寿司よりもボリュームのあるおにぎらずは、それ一個でお腹が満たされ腹持ちも良いので、ランチの新定番とて人気が出そうです。

アレンジ自由で、海外で人気!

日本でもおにぎらずの中身として色々な組み合わせの具材が紹介されていますが、海外の方もすでに様々な食材をおにぎらずの具として楽しんでいます。

例えば、「ターキー・アボカド・チーズ」「ベーコン・レタス・トマト」や「バジル・ツナ・アボカド」等。サンドイッチを作るように簡単に作れることも、海外で人気の理由の一つだと思います。

海外ではおにぎりは寿司のように「握るスキル」が必要と紹介されていますが、おにぎらずは、誰でも簡単にできると紹介されています。ご飯を素手で触ることが苦手な方もいるので、この点もおにぎらずの人気の理由と言えそうです。

日本のキャラ弁も海外ではじわじわと人気になっていると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。キャラ弁の人気とともに、じつはお弁当箱もベントーボックス(Bento Box)として浸透してきています。

お弁当を作るのはハードルが高くても、おにぎらずなら簡単に家にあるもので簡単に作れ、しかも見た目が鮮やかなので、キャラ弁初心者でも気軽に試せるようです。

01

日本食ブームの影響で、箸を使える外国人も増えてきましたが、それでもやはり苦手な人も多くいます。おにぎらずは簡単に食べられるので、そういった外国人の方々にも抵抗が少ないのかもしれません。

海外で寿司は大人気ですが、地域によっては生魚を食べない文化もあります。そういったところに住んでいる人々にとって寿司は試したくても怖くて試せないもののようです。

その点、おにぎらずは好きな具材を入れるので、そういった方々にも受け入れやすい日本食だと言えると思います。魚を使う寿司と違って、中身を野菜だけにすればベジタリアンの人にも試してもらえそうです。

おにぎりと違ってどこから食べても具があるから良いね。
おにぎりをこんなかたちにするなんて、なんてすてきなアイデアなの!
見た目が鮮やかですてき!
こんなに簡単に作れるの?さっそくスーパーに海苔を買いに行くわ!
簡単でおいしい!こんなものを作る日本が世界から注目される理由がわかるわ!
何を入れても良いの?フライドチキンも?!私もぜひ作ってみたいわ!
見た目が超クールだね!
こんなに簡単に作れるなんて忙しいママたちにぴったりね。
おにぎらずをランチに持って行ったら注目の的、間違いなしね!
子供たちがおにぎりが好きなんだけど、おにぎらずの方が簡単だし具材もたくさん入れられるから良いわね。
移動中でも簡単に食べられるから寿司よりも気軽に食べられるね。
お寿司をこんな風に作っているのを見たことないわ!さっそく作ってみる!
おにぎりよりも大きいから、これだけでお腹いっぱいになるから良いね!
簡単に作れて健康にも良さそうね!職場のまわりには健康的なランチを食べられる場所がないんだけど、これからはおにぎらずを持って行くわ!
サンドイッチみたいに作るんだね。でもサンドイッチよりも簡単そうだ。
おにぎらずを作るケースもあるの?!!こんなものまで作る日本人はすごいよ!さすがだ!!
おにぎりは塩味だけどおにぎらずはケチャップやマヨネーズも入れられるから飽きなくて良いね。
子供たちがおにぎりが大好きなんだけど、おにぎらずは色々な具を入れられるから毎日作っても飽きないわね。
おにぎらずはお気に入りのランチよ!今色々なレシピを探しているの!
とっても食べやすいし気に入ったよ!

目まぐるしく移り変わっていく、日本の食のトレンドは常に世界の関心を常に引き付けています。同時に世界に誇る技術や製品を世界に送り出してき日本は、次々と新しいアイデアを生み出す国としても世界から注目を浴びています。

「おにぎり」から「おにぎらず」を生み出した日本人は、既存のものに満足せず常に向上しようとする日本人の姿と重なるようです。

日本食が世界遺産に登録されたからと言ってあぐらをかくのではなく、さらにおいしいものを生み出し続ける日本人は、食文化においても世界をリードしているのではないでしょうか。

世界が注目する食文化を持てることを日本人として誇りに思います。

(参考)http://en.rocketnews24.com/2015/07/31/how-to-make-japans-
coolest-summer-snack-onigirazu-%E3%80%90recipe-video%E3%80%91/
https://www.bostonglobe.com/lifestyle/food-dining/2015/04/07/the-latest-
japanese-fad-actually-old-one-enjoying-comeback/
pDTxYENtt4wa0gPTMj4WtK/story.html
http://japanesefood.about.com/od/Easy-Japanese-Recipes/fl/All-About-
Onigirazu-A-Japanese-Hybrid-Onigiri-Sandwich.htm
https://magz.jpcolle.com/read/bigger-is-better-introducing-the-larger-
brother-of-onigiri-onigirazu

おにぎらずなんて初めて知ったけど、こっちのほうが具だくさんに見えるのでおいしそう。お弁当の幅がぐっと広がったんじゃないかと思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年2月20日 8:40 PM

    おにぎりみたく固めてないから食べるときにバラけてイライラしそうだわ。
    こんなサンドイッチみたくするなら、ご飯を使わないでパンを使った方が早いんでない?

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.