当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

日本のリサイクルショップのレベルが高すぎてウケる外国人!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/23

J282

外国人観光客が「日本で訪れるべき場所」に大型リサイクルショップを挙げています。

例えば「ハードオフ」は、日本中に支店がある大型リサイクルショップです。値段付けもそれぞれの支店ごとにつけられ、どの支店も独自性のある魅力いっぱいのリサイクルショップです。

系列には、中古書籍を扱う「ブックオフ」、趣味、雑貨中心の「ホビーオフ」などがあります。それぞれの専門分野ごとに新品同様の商品や新商品まで、種類豊富に何でもそろう上、手頃な値段で購入できるのは、日本だけです!

外国人が体験!日本のリサイクルショップ

日本の大型リサイクルショップにはジャンクコーナーもあり、保証がないので気をつけなければいけませんが、よい物が驚くべき価格で手に入るのでオススメです。

ほかにも、「トレジャーファクトリー」という家具、靴、鞄、運動服などの大型リサイクルショップがあり、軽トラの貸出まであります!

《店内に持ち込めばその場で査定してもらえるサービスあり》

買取りの仕方も興味深かったです。買取の査定中、呼び出しがあるまで店内を見て回ることができます。誰でも持ち込めるんです。支払い金額はあまり期待できませんが、リサイクルショップで安く売られることになるので、仕方ありませんよね。

《海外のリサイクル品の現状》

リサイクルの売買といえば、世界中にTianguis(ティアンギ)、zoco、mercadilloという形式の蚤の市、またはフリーマーケット(FleaMarket)と呼ばれるがらくた市が、アメリカをはじめ世界のあちらこちらにあります。

日本の大型リサイクルショップと違い、中国などからの輸入品などが中心の商品が扱われています。

安価ですが、海賊版のDVDなど質の悪い商品が多く、特に電化製品は日本の大型リサイクルショップのように、なんでも新品同様で、というわけではありません。

さすが日本、中古品まですべてが美しいんですから驚きです。

売る方も、買う方も、お互いニッコリ。何よりもすごいのは、高品質のものがあることだね。こういう大型リサイクルショップで、店舗内で買取もするって、アメリカでも成り立つかな?
これって日本企業なの?アメリカ企業?店の名前が英語なのはなんでかな。
アルゼンチンには、こんな大型リサイクルショップチェーン店で、部門ごとに分かれている店はないなあ。
ベネズエラみたいな、経済危機に陥っていてすべてのものが高い国に、安く買えるリサイクルショップがもっと発達してほしいな。ガソリンだけは安いけど。日本について知れば知るほど、行ってみたくなる!
↑ベネズエラにもリサイクル品を安くで買えるところはあるよ。ただ、日本のリサイクルショップみたいに状態が良くて高品質のものは手に入らないけどね。
メキシコにはフリマくらいなものかな。Tianguis(ティアンギ)って呼ぶんだ。
蚤の市、フリーマーケットっていわれるリサイクル品を扱う店はどこにでもあるけれど、それがチェーン店化された、綺麗な店舗になっているのは、さすが日本って感じだよね。
アメリカの地方都市に住んでるけど、やっぱり蚤の市とかフリーマーケットしかないなあ。
第三国のフリーマーケットだと、陳列の仕方からなってないし、売ってるものも、盗難品だったりコピー商品だったりするから、信頼できないよね。アメリカのフリーマーケットは、まだ信頼できるほうだよ。
ガレージセールと一緒だね。ただ、大企業主催っていうことか。
ペルーにはParuroっていう、フリーマーケットが集まった市場あるよ。ここは、セカンド商品、っていうか、セカンド商品のセカンド商品、そのまたセカンド商品、っていうのを売ってるから気をつけないと。一番いいのは、売り子さんとお友達になることかな。
リサイクルショップは質屋とつながってるから、そういう商品だったら本物を安く手に入れることもできるよね。
本当にどれもキレイでよさそうな商品ばかりあるね。日本人は物を大事にするからなー。
こういうリサイクル品とか骨董品とか、なぜか中毒になっちゃうんだよねー、用がなくても見に行ってしまったりとかさ。
リサイクルショップに行ったことがないんだ。メキシコのリサイクルショップで売ってるもののほとんどは、盗難品や使いものにならないものなんだって。でもそれはメキシコの話。日本は全然違うよね。日本でリサイクルショップデビューしようっと!
日本は本当に違うよ。それを日本で見てきました。日本人がモノを捨てるときは、「使えなくなったから」じゃなくて、「最新型の、より良い商品を買いたいから」。日本の大型リサイクルショップの仕事は、それに見合った値段付けをすること。少しでも傷がついていたら、値段がつかないし。

こういうリサイクルショップが、外国人にとって日本の観光地ナンバーワンだね。日本人がリサイクルショップで買い物するのは、きっと恥じらいがあるんじゃないかなあ、僕が店に入ったら、日本人の買い物客が慌てて別のところに行ってしまったよ。

↑外国人は恥じらう必要もないから、日本のゴミ捨て場に捨てられている粗大ゴミでも平気で拾えるよね(笑)。買い物はハードオフで大満足、品質も保証済みだよ。持ち主が自ら持ち込んで買取りしてるのもいいね。

日本にいる外国人はコンテナいっぱいに中古品を積み込んで行くんだ。中東、トルコ、ロシア、ラテンアメリカ人なんかが。ロシア人は特に、日本の中古車を一手に引き受けてるよ。

日本では盗難品を買ってしまう心配がないからいいよね。そして日本人のゴミは、恥じらいのない外国人が持って帰る完全なリサイクル。そういう外国人だって、カワイイ日本人の女の子の前ではそんなことできないよね。そういう場合、リサイクルショップに行けばいいか。
あれ、ハードオフとブックオフの違いって何?
アメリカにはPawn Shopsっていうリサイクルショップがあるよ。アメリカと日本の違いは、1つ1つ商品を手に取ってじっくり見ることができることだね。

外国の蚤の市と比較されていますが、状態の良い商品を手頃な値段で、しかも種類を豊富に選べるリサイクルショップは日本以外にはありえないでしょう。

これが日本で成り立つのは、物を大切にするという日頃の心がけのあらわれだから。つまり、リサイクルショップが外国人観光客に注目されているということは、日本人の心がけが評価されているということですね。

不要なものを必要な人に使ってもらうために、地球環境を守るために…日本のリサイクルショップのサービスやマナーがますます充実していってほしいです。

(参考)http://tokyocheapo.com/shopping-2/hard-off-affordable-electronics-
instruments-and-recycled-junk/
http://tokyocheapo.com/shopping-2/fashion/need-quick-money-in-tokyo-sell-
old-junk-at-the-off-stores/

日本人は買ってからの使い方も丁寧だから、綺麗な状態で売りに出せる。箱や説明書を残している人も多いから、新品と変わらない状態で、中古を買っても安心な気がする。海外の中古は怪しくて手が出せない。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年7月24日 12:09 AM

    逆じゃないか?
    物を大事にしないから綺麗な中古品が大量に出回る
    大量消費社会の極致に到達してしまってると思う
    まだ綺麗だから誰かに使って欲しいってのは捨てる側の言い訳

  2. 日本の名無しさん
    2015年7月24日 12:37 AM

    娘が部屋の整理をしたいので机を捨てたいと言い出した。
    粗大ゴミに出すより、留学生なんかにあげられないのかな?
    国際センターに連絡してみるかな。

  3. 日本の名無しさん
    2015年7月24日 6:32 AM

    電化製品の東日本と西日本でHzが違うという問題はデカいと思う。

  4. 日本の名無しさん
    2015年7月24日 6:53 AM

    基本はモノを大事にしない大量消費社会だけど、最近はほんのちょっとだけブレーキなんだな。
    昔はリサイクルとかせずドンドン廃棄してた。貴金属ならともかく、家電なんかは単なるゴミとして棄てられてた。家電みたいなもんを売る手段がこんなに増えたのは幸い。自分でオークションにも出せる。

  5. 日本の名無しさん
    2015年7月24日 7:25 AM

    リサイクルの環境が整ってきたのと、あと核家族化やサラリーマンが多くなり転勤等で移住が頻繁になっているから不要なものはどんどんリサイクルに出す住宅事情もある。
    先祖代々で定住している土地だと子供の代で使い回すことが多かった。

  6. 日本の名無しさん
    2015年7月24日 8:57 AM

    まだ綺麗だけどゴミへ、ってより良いと思うけど
    リサイクルが「捨てる側の言い訳」であってもさ
    自分はハードオフでは買わないけど、ブックオフはよくお世話になってるよ
    売るのも買うのもね
    図書館より本が綺麗だしさ

  7. 日本の名無しさん
    2015年7月24日 9:18 AM

    名前は似てるけど、ハードオフとブックオフは同じ系列じゃないよ。

  8. 日本の名無しさん
    2015年7月24日 1:15 PM

    買取査定が人によってバラつきがあるんだよなぁ……

    まぁ、生活費捻出とかじゃないから、いいけどさ。

  9. 日本の名無しさん
    2015年7月24日 5:36 PM

    ※8
    まあ、中古市場でお値段がきっかり決まってるのも、それはそれでちょっと寂しい気もするけどね
    掘り出し物とかさ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.