当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ウサギ島って知ってる?野生のウサギが700匹以上がかわいいけど恐いww

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/04

J159
瀬戸内海に浮かぶ、野生のうさぎで一杯の大久野島、通称「ウサギ島」が、”Kawaii”を生んだ日本の新たな観光名所として海外メディアが注目しています。

地球上で最もキュートな島、そこには暗い歴史が

55
日本の瀬戸内海の小さな島、本土から2.5マイル離れたそこでは森も道も野生のうさぎで溢れ、訪れる観光客を追い回しています。その数700匹以上。しかし、その愛しい風景の裏腹に、第2次大戦中は化学兵器製造所がありました。

Kawaiiの聖地である日本では、ありとあらゆるキュートな存在が賞賛の対象です。うさぎの群れは、毒ガス資料館の数百倍人気のあるアトラクションです。しかし、うさぎの起源は謎のまま。戦時中の化学兵器の実験と関連付ける説も有力です。

1929年から1945年にかけて、日本陸軍は大久野島で秘密裏に6,000トン以上の毒ガスを生産しました。国民に知られないように、地図では島一体が空白地域として描かれました。その当時、不運なうさぎが毒ガスの実験台として島に持ち込まれました。

現在の島に生息するうさぎは戦後に放たれたうさぎの子孫だと主張する人がいる一方、これを否定する向きもあります。工場閉鎖時に、すべてのうさぎが殺処分されたと報告されてきました。

他の有力説は、1971年に小学生が島に持ち込んだ8匹のうさぎが、文字通り「うさぎのように」繁殖し、現在の規模にまで達したというものです。イヌもネコも禁止された、天敵のいない好条件下、近々島のうさぎは1,000匹を超えると予測されています。

豊富な観光資源

本土からフェリーですぐの大久野島には、小さなゴルフコースやキャンプ場、そして美しいビーチがある人気の観光リゾートです。島には至るところに軍の残骸が散らばっており、特に廃墟となった毒ガス施設には見学ツアーも用意されています。

最近イギリスにもできはじめた猫カフェですが、これも日本発祥です。うさぎ島はこれと大変似たものですね。多くの日本のマンションではペットが禁止されているため、こうした施設への需要が大きいのです。

大久野島への上陸者は、うさぎ用のえさを購入可能です。昨年2月には、うさぎたちが一斉に女性に群がる以下の動画がYoutubeで話題となりました。

この動画のうさぎたちはこの後女性を食べちゃったんだよ。
ここならウサギの毛皮が沢山採れる。
うさぎの島??天国みたいな響きだ。
うさぎの島に満足できない人にはネコが沢山いる田代島はどうだ?そう、日本にはネコの島もあるんだ。そこではネコが人間の6倍近くも住んでいるんだ。
うさぎ大好き。とてもキュート。
俺もうさぎ大好きだ。食べても美味いからね。
手の中にあったレタスが一瞬で消える!
ウサギの餌だけでなく、ジャガイモ、タマネギ、ニンジン、セロリーも買えるのかな。大きな鍋で煮て、塩と胡椒を加えて…
うさぎのシチューを作るんだね!
今まで観た中でもっとも怖くない動物の群れだよ。この愛らしさに感謝する。
ホラー映画の『巨大うさちゃん、大襲撃!!』みたいだ。
この世界にまだ、うさぎのための世界が残されていたことを知って感動してる。
気まぐれに数年前にこの島に行ったよ。そこはパラダイスだった。人間は殆どいない。無数のうさぎと廃墟となった空っぽの工場、軍事施設。丘の上からの眺めは驚くべきものだ。丘の頂上にある鉄塔は日本一高いんじゃないかってぐらい高い。フォトグラファーにはとても魅力のあるところだよ。
このキュートさに興奮しちゃう!
ブラジルにはヘビの島があるよ。
2匹のうさぎを飼っています。そして休暇を取りたいと思っていたの。そんな私たちにここはピッタリの場所だね。早速予約しよう。
この島、うさぎのフンでいっぱいなんじゃない。
とはいえ、イヌのフンよりマシだよ。
僕の飼っているイヌがこの島に行きたがっていると思う。でももし行ったら、いつかウサギの島でなくなってしまうだろうね。ああ、ジョークだよ。
島を調査したら未だに毒が残っていることが分かるだろうよ。そんな環境下でうさぎの寿命は異常に短いに違いない。食べ物の取り合いでうさぎは戦い殺しあっている…僕はそう推測するね。きっと観光客が見つける前に、スタッフが毎日密かに死体を隠しているんだよ。
私はちょうどにここに行ってきたところよ。一部のうさぎは食料を巡って争っていたけど多くはとてもかわいく、健康的だった。僕はラビットハウスのオーナーでいくらかはうさぎのことがわかるのだが、この島で病気に罹っているように見えたうさぎは1匹だけだった。

スタッフが、死んだうさぎが観光客の目に入る前に、処分しているのかどうかは知らないけれどね。ここは訪問する価値のある、とても愉しいところだよ。

いつになるかはわからないけど、ウサギの島にもネコの島にも行かなきゃ。絶対にね。

Kawaiiの国として

2014年に日本を訪れた外国人は前年比3割増、史上最多の1341万人。今や日本の旅行収支はプラスになりつつあり、2020年の東京オリンピックを控え、観光大国としての地位を確立しつつあります。

“Kawaii”の国、Japanのイメージにピタリとはまったウサギの島は、対外的に特にアピールできる観光スポットです。世界が羨むKawaii島、まずは私たち日本人が訪れてみたいですね。

(参考)http://www.theguardian.com/travel/2014/jun/02/rabbit-island-
oknoshima-japan-holiday-resort-bunnies
http://www.dailydot.com/lol/rabbit-island-japan/
http://www.treehugger.com/travel/japans-rabbit-island-might-be-
cutest-place-earth.html

うさぎ島なんて名前がかわいすぎる!動画を見たけど、こんなにうさぎが走ってくるシーンを動物園じゃ見たことないから、なんだか恐い気もするけど、日本じゃないみたい。一度行ってみたい!

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年5月4日 7:40 PM

    「この島、うさぎのフンでいっぱいなんじゃない。」

    よくわかったな。その通りだw

  2. 日本の名無しさん
    2015年5月4日 8:34 PM

    小学校の遠足で行ったな

  3. 日本の名無しさん
    2015年5月4日 8:35 PM

    ここは飲料水は船で運んでるから
    水が貴重なんだ
    ウサギにあげる水は
    ポリタンクで本土から
    持参してくださいね

  4. 日本の名無しさん
    2015年5月4日 8:50 PM

    修学旅行で行ったわ。もう一回行きたい。

  5. 日本の名無しさん
    2015年5月4日 9:18 PM

    犬の島ってのはないのな
    あったとしても、ただの野犬の群で怖いだけか

      

  6. 日本の名無しさん
    2015年5月4日 11:15 PM

    猫カフェの発祥は1998年に台湾・台北でオープンした「猫花園」です。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.