当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

コーヒーも美味しくなる魔法のポッド!世界のプロが愛用、日本の『鉄瓶』

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/08/12

J303

皆さんのお家には鉄瓶がありますか?若い人なら、「田舎のおじいちゃんやおばあちゃんの家で見かけたことがある程度」という人も多いかもしれません。

しかし、今や、世界各地の日本料理店はもちろん、レストランや喫茶店、そしてお茶が好きな一般のご家庭にまで普及し始めているのです。早速、その魅力をひも解いていきましょう。

11

鉄瓶の歴史

日本で「鉄瓶」と呼ばれる茶道具が最初に見られるのは千利休の活躍した戦国時代だとも、また生産が確立した江戸中期とも言われ、諸説あります。

ほかの茶道具に比べ歴史が浅く、時期がはっきりしないのは、中国から伝来した茶釜を使いやすいように取っ手をつけるなど変形し、小型化して装飾を施すなど、長い時間をかけてゆっくりと「鉄瓶」という道具のジャンルを確立して来たためとも言えるのです。

その後、江戸後期・明治・大正・昭和と4つの時代、100年以上にわたって、鉄瓶は日本全国に広く普及しました。

日本には水を煮沸する道具は他にやかんがありますが、やかんは主に銅製なのに対し、鉄瓶は鋳鉄でできており、カラ焚きを避ければ直火にかけたままにすることもできること、そして火からおろしても保温性に優れていることが、鉄瓶が広く普及した理由の一つではないかと言われています。

プレゼントとしての鉄瓶

日本でも江戸中期までは、茶器そのものが、将軍や大名、豪商など一部の特権階級にのみ使用が許された高級品ということもあり、完全な特注品でした。

その後、京都や南部(岩手)など鉄瓶の名産地ができて大量生産が可能になると、明治以降は、一般家庭でもその装飾の美しさや機能性の高さから、贈答品に使われるようになりました。

この傾向は現代でも続き、現在は通販サイトなどを中心に世界で需要が高まり、業務用としての利用はもちろん、バースデープレゼントなどでも珍重されているのです。

鉄瓶のメリットとは?

日本以外で利用する人々は、デザインや保温性を重視する声がほとんどですが、実は鉄分不足にも一役買っています。

鉄瓶にいれた水を沸かすことで、体内に吸収されやすい二価鉄の吸収がよくなり、貧血などの症状にも効果があると言われます。

また、ミネラルも抽出され味がまろやかになるので、緑茶はもちろん、紅茶やコーヒーを淹れるのにも向いているのです。

この「コーヒーにも使える、おいしくなる」というのが、鉄瓶の用途が今後世界に大きく広がる可能性を握っていると言えるでしょう。

鉄瓶のデメリットとは?

メンテナンスが大変なのが鉄瓶のデメリットの1つ。濡れたままにしておくとすぐサビます。外側や底につくサビは製品が傷む元となるので要注意。洗った後はさっと表面が乾く程度に直火で炙って乾かしてから収納するのが良いようです。

日本のキッチン事情と違い、海外では鉄瓶自体の大きさや重さを気にする声は少ないようですが、小ぶりのサイズのものは、「鉄瓶」ではなく「鉄急須」で、直火が使えないこともあるので注意が必要です。

また、鉄瓶はある程度ブランド化が進んでおり、コピー品や安価な粗悪品が少ない反面、日本以外で手に入れようとすると1個5,000円は下りません。

入手には価格面でハードルが高く、世界の人から見れば、まだまだ「業務用備品や個人マニアの愛用品に過ぎない」という面も、デメリットと言えるかもしれません。

100ドル以下でこんなに装飾が凝っていて美しいティーポットはなかなか見つからない。僕は別にコレクターってわけじゃないけど、1つ買うともっと欲しくなるんだよね。近くのタイ料理屋さんでも食後のお茶を淹れていたのを見たことあるよ。
鉄瓶って日本文化の伝統ですね。金魚の装飾はその中でも王道らしいわ。柄もそうだけど、何より素晴らしいのは本当に作りがしっかりしていること。
茶器と合わせると、お客さんが来たときにちょうどいいわ。鋳鉄って、熱が冷めにくいのが特徴ね。何度も沸かしなおさなくていいのが便利なのよ。
誕生日プレゼントにもらったよ。食器には全然詳しくないけど、たんなるティーポットじゃなくて、芸術作品みたい。
陶器のティーポットが割れたから代わりのものを探していて見つけたのが、鉄瓶。これは長持ちしそうね。ただ、もうちょっと注ぎ口が長いと使いやすいとは思うけど。
鉄瓶大好き。ウチには3個あるわ。カウンターに座って、ちょっとお茶を飲むのに便利。
鉄瓶は、眺めて楽しむ分にはいいけど、重いのが難点だね…。もともとは屋外で使うものだったらしいから、ある程度ドッシリしていないとダメなんだろうけど。
近くの「テッパンヤキ」の店にディナーに行ってお茶を頼んだら鉄瓶で淹れていたな。一煎目から一時間近くたっても、まだお湯が冷めてないのに驚いたよ。
自分はお茶大好き人間だから、コレほしい。誕生日プレゼントの希望リストに入れよう。
日本に住んでた時、毎日使ってたよ。使い込むと馴染んでもっと良くなるよ。
茶漉しが中に入っているの?興味深いね。
不器用な私でも割らずに済みそうなところがイイわ。気に入った。
中国茶を淹れている動画を見たんだが、鉄瓶って日本のものだよね?違ったらゴメン。
↑そう、鉄瓶は日本のものだよ。
鉄瓶はデザインと機能性に優れていていいものだ。保温力が高いのが特にいいね。
紅茶を入れるのに使っているけど、シックで素敵なフォルムだわ。
直火にかけられるのがいいし、保温力が高い。お茶好きなら、1つ持っていてソンはないわ。
見てたらとても便利そうで、1つ欲しくなってきた。
買ってみたけど、しばらくしたら底の部分がサビてきた…残念ながら、私はオススメしない。
毎日使っているけど、水切れが悪いのが難点。それ以外はすごくイイと思うよ、鉄瓶。

日本の家庭から囲炉裏がなくなり、「軽くてサビにくいステンレスのやかん」や「オシャレなケトル」が普及した結果、「鉄瓶が家にある」という世帯のほうが今や少数派なのかもしれません。

しかし、日本の伝統美や保温力などの機能性に優れ、鉄分不足を解消できる、健康にも良い鉄瓶。1リットルサイズの小さいものから手に入れてみると、キッチンにいる時間がより楽しくなりそうです。

(参考)https://en.wikipedia.org/wiki/Tetsubin
http://www.spc.jst.go.jp/experiences/change/change_1312.html
http://www.amazon.com/Iwachu-Japanese-Teapot-Tetsubin-
Goldfish/dp/B003D3N38W
http://www.teatrekker.com/japanese-tetsubin-shugyoku-siku
http://hojotea.com/categ_e/tetsubin.htm
http://www.nanbutetsubin.com/q-a.html
http://www.teavana.com/tea-info/japanese-tetsubin-teapots
http://drinks.seriouseats.com/2012/01/how-to-brew-tea-in-a-tetsubin-cast-
iron-teapot.html
http://www.amazon.fr/product-reviews/B0010VQTXA/ref=cm_cr_dp_synop?
ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending#RX66WPIE8CVUI

こんな日本人もなかなか馴染みのないものが海外で人気なのがビックリした。たしかに日本っぽくて、戦国時代に合う感じがする。直火で使えるのはやかんの感覚からすると当たり前かと思ったら、小さいものは直火で使えないなんて、どうやって温めるんだろう?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年8月12日 11:50 PM

    鉄瓶も中国人の爆買いで在庫少ないね。

  2. 日本の名無しさん
    2015年8月12日 11:53 PM

    ポッ“ド”?

  3. 日本の名無しさん
    2015年8月13日 1:30 AM

    ※1
    そうなの?
    あの人らの国ってトイレの穴から線路が見えるような列車にもお湯が出る蛇口がついてるくらいお茶好きだから爆買いもわかるけど、扱い雑ですぐ錆びさせそうw

  4. 日本の名無しさん
    2015年8月13日 11:28 AM

    鉄瓶は韓国発祥だぞ?

  5. 日本の名無しさん
    2015年8月15日 3:36 AM

    鉄瓶が5000円程度じゃ激安だよ
    ティファールなんてたいしたことないデザインだけのもんがもっと高価なんだから

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.