当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

世界最強!ネオジム磁石の開発と世界中が驚いたアイデア実験

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/01/19

W738
ネオジム磁石は世界で最も強力な磁石としていろいろな分野で使われています。日々の生活ではあまり目立たない存在ですが、実は“縁の下の力持ち“的な役割を果たしています。このネオジム磁石を発明したのは日本人の研究者、佐川眞人氏です。

佐川氏は1943年に徳島県で生まれました。尼崎高校・神戸大学を経て、東北大学で金属材料工学を研究し、博士号を取得。富士通に入社後は磁石の研究を始めます。

しかし富士通では開発許可が下りず、単独で研究を継続していました。その後、1982年に住友特殊金属(現日立金属)の社長に直接アピールして転職。そして遂にネオジム磁石を開発したのです。

01

ネオジム磁石って?

佐川氏が開発したネオジム磁石は小さいながらも磁力がとても強力です。なんと磁力は通常のフェライト磁石の約10倍のパワー。

身近なものでは携帯電話のマナーモード振動用のモーターやCD/DVDプレーヤー、PCのハードディスクドライブなど、大きなものではハイブリッド車や電車・エレベーターなどの駆動部などの主要部品に使われています。

02

現代では世界中の動力の半分以上はモーターが使用され、そのモーターには磁石が使われています。私たちの生活はこれらの磁石なしでは成り立たないのです。

このネオジム磁石は30年間も世界最強の座を維持し続けています。日進月歩の著しい産業界、特にコアな技術においては驚異的な実力と言って良いでしょう。

03

ネオジム磁石の主原料はレアアースです。この素材はその名の通りレア(希少)なので、存在量が非常に少ないのです。

このため保有国による政治的な外交カードにされたこともあります。2005年時点では世界のレアアースの98%は中国から産出されていたのです。

原料となるレアアース事情は?

2010年、中国共産党は民主党(2016年に民進党に改名)政権下の日本に対して尖閣諸島で偽装漁船を海上保安庁の巡視艇に体当たりさせ、更にレアアースの輸出を事実上禁止するという外交圧力をかけます。

その結果、レアアースの価格は10倍に跳ね上がり、一時的に日本の産業界は窮地に陥りました。

この事件以降、日本はレアアースの中国依存を弱め、世界各地でレアアース鉱山の開発を積極的に行っています。

他方では、性能を維持しつつレアアースの比率を抑える技術や、日本領海や排他的経済水域(EEZ)などの海底資源からレアアースを取り出す技術の研究・開発も進められています。

ネオジム磁石を巡る中国との問題は原料だけではありません。日立金属の基本特許は既に切れていますが、周辺技術の特許を保有しています。

世界中の磁石メーカーはライセンス料を払ってネオジム磁石の生産を行っていますが、これに不満を持つ中国の一部メーカーは日立金属の特許の無効を求めてアメリカで提訴しています。

産業界では欠かせないネオジム磁石ですが、ユーチューブ上にはネオジム磁石のパワーを実感できるユニークなアイディアが溢れています。

中でも日本人(AmazingScience 君)が発明した超シンプルな玩具は大人気!小学生の夏休み工作でも作れそうな簡単なものです。

これは凄い!感動しました!!
とってもシンプルなのにこれが動くなんて信じられない。
誰かこの仕組みを俺に説明してくれ!どうして電池が動くんだ??
このネオジム磁石の玩具を最初に考え付いた人を尊敬するよ。
これは日本人(AmazingScience 君)のアイディアだ。
この材料は全てアマゾンで手に入るよ。
そう、子供のおこずかいでも買える値段だ。
ネオジム磁石の代わりにフェライト磁石を使ってみたけど、作動しなかった。
これは強力なネオジム磁石だからこそできた玩具ですね。
この磁石とアイディアを使って玩具を商品化すれば売れるかも(笑)
古代の人がこれをみたら魔法だと思うだろうね。
↑現代人の私でも魔法だと思うわ(笑)
電池と銅線の間に油を塗ると摩擦が減って、もっと早くなるかもね。
未来のチューブ列車はこのアイディアを使ったらどうかしら?
モーターの要らない電車だね。
シンプルかつクールなアイディア!
玩具としてはとてもユニークだけど、実物大を作るとしたら、大量の銅が必要になるね・・・
モーターと比べて非効率的な運動だが、非常にユニークだ!(^^)!
ネオジム磁石を増やせば磁界が強くなるかも知れないが、重くて進まなくなるかも。
これはレールガンの原理なのかな?
これは子供と一緒に作ってみたいですね!
ネオジム磁石はとても強力なので子供は取り扱いに注意しよう。
バッテリーが減ってくると、速度が落ちるんだろうね。
↑電池が切れたら、動きは停まります。永久機関じゃないよ。
この電車の実物大に乗ってみたいです!
ネオジム磁石の力ってすごいな!!!
これって普通の電池なの?何か特殊なトリックがしてあるのでは??
リニアモーターカーはもっと複雑な構造をしています。
アルカリ電池でどの程度走らせることができるのだろうか?
私の作った玩具では5時間作動しました。
ずっと見ていても飽きないね!
アメリカのハイパーループ構想もこの原理なの?
↑あれは真空の管の中を走るシステムです。
自分で簡単に作れるユニークな玩具だ。
電気工学を専門にしている者だが、理屈は簡単に分かる。でもこの発想は考えたことがなかったよ。
授業でこれをデモンストレーションしたら、生徒に大ウケでした。
これのアイディアを考え付いた奴は天才に違いない!
子供に電気や磁界について関心を持たせる最良の教材!!
素敵なアイディアを投稿してくれてありがとう!!
この玩具の材料は何ですか?
↑電池とネオジム磁石2つ、そして銅線だけです。

ノーベル賞を期待したい!

佐川氏は1988年に永久磁石を開発するインターメタリックス(京都市)を創業し、70歳を超えた現在でも最高技術顧問として活動しています。ノーベル物理学賞の候補としても名前が挙がることがあります。

青色LEDの開発で日本人が物理学賞を受賞していますが、筆者的には佐川氏の人類への貢献は青色LED以上だと思います。

もちろん、ノーベル賞は狙って獲れるものではありません。才能や業績だけでなく、トレンドや運の要素も大きいことは良く知られています。

それでもiPS細胞でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥氏に続く、神戸大学出身者の受賞に期待したいですね。

(参考)https://en.wikipedia.org/wiki/Masato_Sagawa
https://en.wikipedia.org/wiki/Neodymium_magnet

さすが民進党!日本を弱体化させることによって日本企業に喝を入れてたなんて。一般人には想像できない荒業だ。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2017年1月20日 2:59 AM

    TDKのフェライト磁石の開発などももっと取り上げられて良い
    こういう工業史におけるブレイクスルーを紹介するのは子供らに工学理学の魅力を伝えるに最適の手段だよ
    ひいては社会の力になる

  2. 日本の名無しさん
    2017年1月20日 9:38 AM

    知らなかった
    いいネタをありがとう、勉強になりました

  3. 日本の名無しさん
    2017年1月20日 10:13 AM

    なんでや民進党悪くないやろ

  4. 日本の名無しさん
    2017年1月20日 3:49 PM

    名前をコロコロ変える政党。
    どっかのミンジョクの通名みたいだな。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.