当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

日本は宝の山みたい!海外オタクがマンガを捨てる日本人に喝!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/16

J257
日本のアニメやマンガは世界的に大人気です。とはいうものの、翻訳されているマンガ雑誌はほとんどないので、外国人はマンガを手にすることができません。

そんな、日本のマンガが大好きな外国人が、日本の廃品回収やゴミ捨て場に、積み上げられたマンガの山を見たときに…どう思うのでしょうか!?

そのゴミ、持って帰りた~い

日本のごみステーションは、ただごみを捨てる場所、というわけではなくて、各家庭できちんと分別してから出します。缶は缶、ペットボトルはペットボトル、新聞、雑誌といった紙類、といったぐあいに厳しく分けられます。

そんな、ゴミステーションを見ていて、何よりも目を引いたのが、マンガ類です。

日本国外のマンガファン、アニメファンにとって喉から手が出るほど手に入れたい、しかし入手困難なマンガや雑誌が、きちんと並んで縛られて捨ててあるではないですか!

この雑誌類を拾って持って帰りたかったのですが、日本生活の長い私には、さすがにその勇気は出ませんでした。実は、出されたゴミは、所有権が都道府県や自治体に移るので、ごみの持ち去りは、なんと窃盗罪になってしまうのです!

この捨ててある雑誌、僕なら絶対拾って帰る!だってアルゼンチンではマンガなんて存在しないからね。激レア!
ありえない。僕はこんなに苦労してマンガを手に入れるのに、マンガがゴミになるなんて。

だけど、こういうのって、もしかして週刊雑誌なんじゃない?雑誌1冊に、例えばナルトだったら1話だけ収録されてて、ほかはその他のマンガが集まって1冊の雑誌になってるんでしょう。

だから、例えて言えば、スポーツ新聞みたいなものじゃないのかな。ある程度目を通したらゴミになるの。ま、我らはなんでもごちゃまぜにゴミ箱に捨てるけど、日本人はちゃんとリサイクルに出す、っていうところが違うね。さすがだよ。

だから日本人にとっては、雑誌自体じゃなくて、お気に入りのマンガが10話程度が集まって1冊の単行本になったものを買って、それを保管するんだよね。

捨ててあるマンガを拾ってどうするのさ、日本語わからないんだろ。せいぜい絵を眺める程度。結局、いつか絵を描くときのお手本にでもなるんじゃないの。
マンガが捨ててあるなんて、涙が出そう。ゴミ捨て場に置いてけぼりのマンガを想像すると、僕のKOKOROが痛い。
↑僕も同感。いらないなら、僕らに譲ってよ。僕らなら、何年も大事にとっておくもんね。
マンガが捨ててあるのを見たら、その行為にまず腹を立てる。だけどすぐ拾って、「マンガ拾った♪マンガがタダ♪」って歌いながらスキップして町内を走り回っちゃうな。
↑シーッ、歌なんか歌ってないで、さっさと逃げろよ、日本で資源ごみを拾ったら盗難になるって言ってるだろ!
↑そうか、ご忠告ありがとう。拾ってすぐカバンに入れて、家に着いてからマンガを拾った歌でも歌うことにするよ。
さすが日本だよね、ゴミステーションまでキレイ。これは、市民の一人一人の意識の高さのあらわれだよね。しかもリサイクルもきちんとしている。みんな、時間をかけてゴミを分別して、ゴミステーションに持っていく。なんて責任感が強いんだ。どの国も日本人を見習わないと。
私もリサイクルをきちんとするの賛成です。日本の道はゴミ1つ落ちてなくて、こういった普通の道が、まるで観光地の一部みたい。メキシコの通りは、お菓子の袋や犬のフンがどこにでもあって、川には犬の死体まで流れてたりするんだけど。
ゴミステーションに、マンガのほかに、家具、テレビ、電子レンジなどなどの電化製品もあるとして、どれか1つだけ拾って帰るとしたら、君ならどれを選ぶ?アラブ人とか、パキスタン人は日本の電化製品を持って帰って売るんでしょう。
こういう捨ててあるマンガは、週刊誌類でしょう、単行本じゃなくて。
僕ら外国人は、単行本を何ヶ月もかけて探すんだよ。ようやく手に入ったと思っても、素人のコピー品だし、カラーページもないし、高いし。本当に苦労してるんだ。日本人が毎週のように安価で買って捨ててるなんて、本当に不公平。
日本ではマンガはどこにでもあって、安い。だけどみんな、日本人はマンガを、ただ捨てるわけじゃないよ、リサイクルに出してるんだよ。常識的に考えてみてよ、リサイクルだよ!!おかげで次の雑誌が安くできるんだよ。
マンガを僕の言語で見つけるの、本当に大変。印刷されたマンガ本は絶対に手に入らない。せいぜい、ネットでダウンロードするくらい。でもほとんどが英語だけだし、高い!いつか日本に行って、マンガを買うんだ。
20~30年くらい前、「白いポスト」っていうのが日本にはあったよね。青年雑誌、ポルノとか、ヘンタイなんかの図書を青少年の目に触れないように、そこに入れるんだ。
リサイクルごみなんかに捨ててある雑誌類を持ち去るのは、確かに窃盗罪に該当する、みたいなことは聞いたことある。でも、電車の中に置いてあるのは、持って行っていいんだよね。
マンガが捨てられてる映像を見て、本気で泣きたくなったよ。僕のマンガは全部、湿気や虫類にダメにされないように大切に保管してるよ。400冊近く持ってます。全部僕の宝物。
日本人は、マンガをいつでもどこでも買えるから、カンタンに捨てちゃうんだよ。私たちの国でも同じじゃない、いつでも手に入るものなら、邪魔になったら捨てちゃうわよね。簡単に手に入らないから、私たちにとって日本のマンガは高級品であり続けるのよ。
こういう雑誌は、わら半紙でできた、安い素材の雑誌だから、いつまでも取っておくと紙くい虫が発生するんだ。これに噛まれるとすっごく痛いよ。パナマの週刊誌を、200冊ほど保管したことがあるんだけど、久しぶりに開いたら、いっぱい虫が湧いてたの。だから日本人も、衛生のためにすぐ捨てちゃうんだよ。
メキシコもいい国だけど、資源を大切にしない国だよね。日本は資源を大切にしてるから、みんなリサイクルに協力するんだよ。日本人を見習おう。

マンガを宝物のように思っている外国人がたくさんいるんですね。せっかくですので、こういった外国人の声が出版社に届いて、いろんな言語、いろんな国で、もっとマンガを出版できるようになって欲しいですね。

動画見たけど、日本でよく見る光景だった。マンガはかさばって場所とるからどうしても捨ててしまう。海外コメントにもあったけど、日本ではマンガがすぐ手に入るから手放しやすいんだろう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年7月16日 10:44 PM

    拾得物横領罪があるから電車の中に置いて捨ててあるのも厳密に言えばいかんだろ
    集積場に待ちかまえて買い取ればセーフなのかな

  2. 日本の名無しさん
    2015年7月16日 10:47 PM

    親が勝手に捨てたのかも知れんぞ

  3. 日本の名無しさん
    2015年7月16日 11:49 PM

    なんだかゴミ捨て場から持っていかれるの嫌だから、わざとタイトルと巻数を滅茶苦茶にして縛って捨ててる。それでも無駄に根性あるやつは全部持ってくけど。ありゃ古本屋にでも売りにいくつもりだろうか。

  4. 日本の名無しさん
    2015年7月17日 12:38 AM

    ※3
    わざわざそこまでしなくても〜
    Bookoffにでも売った方が良いような…

  5. 日本の名無しさん
    2015年7月17日 1:03 AM

    浮世絵もこんな感じだったんかな~

    日本は何年、何百年前から
    変わってないな。

    多分百年後も…

  6. 日本の名無しさん
    2015年7月17日 4:09 AM

    よく不公平ってコメント見るけど何が不公平なのかまったく理解できない

  7. 日本の名無しさん
    2015年7月17日 4:11 AM

    雑誌はともかく、単行本は売るかな
    ジュース一本分にでもなるなら

  8. 日本の名無しさん
    2015年7月17日 7:18 AM

    雑誌も何十年も綺麗に保管出来るならお宝になるんだろうけど、場所取るし普通は捨ててしまうよね

  9. 日本の名無しさん
    2015年7月17日 7:30 AM

    ゴダイゴのボーカルの人が、買った漫画週刊誌をすべて保管してるんだよね
    自宅に大きな倉庫を建ててたよ。
    あれは金かかって大変だと思う

  10. 日本の名無しさん
    2015年7月17日 9:11 AM

    結局、商売として継続的に儲からないから海外版が出ないって事でしょう

  11. 日本の名無しさん
    2015年7月17日 11:42 AM

    雑誌はともかく単行本はブックオフにもっていこうよ。

  12. 日本の名無しさん
    2015年7月17日 7:11 PM

    日本は江戸時代から本が安い

  13. 日本の名無しさん
    2015年7月19日 4:25 PM

    と、言うより紙が安い。

    幕末に使節団(文久遣欧使節だったか?)がヨーロッパ巡ったとき、鼻をかんだ懐紙を捨てたら近くにいた人に速攻で拾われたとか・・・当時のヨーロッパでは紙は超貴重品で、鼻をかむなんてとんでもないことだったそうで。

    まあ、当時一般的だった和紙は逆に貴重品になってしまいましたけどね・・・

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.