当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

日本のときめきが世界で300万部突破!世界で最も影響力のある1人とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/24

J272
永遠の課題である片づけ。

それを、物を手に取り、ときめくかどうかで残すもの、捨てるものを判断するという著書、「人生がときめく片づけの魔法」が2012年に出版され、一度片づけたら、二度と散らからない、と大ヒットした近藤麻理恵さん。

そんな彼女は、今、全世界でも話題の人となっているのをご存知ですか。

アメリカをはじめ、イギリスなど計31か国で翻訳出版され、世界でも300万部を超す売り上げを上げているのだとか。

世界で最も影響力のある100人に選ばれた日本人

そんな話題の本を書いた近藤麻理恵さんが、今年、2015年4月16日に発表したTIME誌、「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたのです。

日本から選ばれたのはたった二人で、もう一人は、作家の村上春樹さんです。近藤麻理恵さんは芸術家部門で選ばれました。

片づけコンサルタントとして、物に感謝をしながら片づける方法を書籍を通して全世界に広めたことが今回のこの栄誉ある100人に選ばれた理由です。

12

海外では、片づけをすることをKONDOEDと呼び、その声は、世界中の人々が、ツイッター上や、インスタグラムでもハッシュタグで感謝、感激の声が上がっています。

13

こんまりメソッドのおかげで、たくさんのいらないものを処分できた。この方法で片づけたことでとてもすっきりした気持ち。幸せに向けて再出発できそうです。
本を読んだときは、こんまりの洋服のたたみ方に懐疑的だったけれど、その通りにやってみるとスペースが少なくて済むのでとても気に入ったわ。
こんまり風に片づけを進めたら、空いたスペースがたくさんできたので、アートを飾るスペースができた。今、とても気持ちがよいわ。
こんまり風に洋服をたたんで収納すると、私がどんな洋服を持っているかもわかるし、引き出しが閉まるようになったわ。
こんまりの本を読んで、朝から片づけを始めて、いらないものを手放していったら、心が軽くなり始めた。家中にこのメソッドを適応して、私自身が変わりたい。
50足あった靴を33足まで減らした。気持ちもすっきり。みんなにおすすめしたいわ。
私がこんまりメソッドを実践していたことに興味を持った娘に、ぬいぐるみの片づけをさせた。

「一つ、一つ、持ってみてときめくかどうか教えて」と言ったところ、「全て捨てていいよ」との回答。子供にもわかりやすくて有効な片づけ方法だと思う。

こんまりメソッドを開始。洋服をゴミ袋4つ分捨てて、とても心が軽くなり、自由を感じる。
スパークジョイ(英語版でのときめきをこう呼んでいます)を感じるかどうかで片づけができるなんて楽しみ。早く片づけを始めなきゃ。
この本は、すぐ読めるし、とても読む価値がある。この本を読む前から実践していたことはたくさんあったけれど、ときめきを感じるかどうかで片づけをする、というのは新しい考え方でとても役立った。ぜひみんなにも読んでほしい。
もうときめかない服たち、さようなら。こんまりメソッドのとりこになったので、他の物たちも片づけを進めていこうと思う。
家中をこんまりメソッドで片づけ中。どんどん心が軽くなるのを感じる。
一つのものを一か所に集めるとこんなにたくさん同じものを持っていたことに気が付く。ときめかないものはさようなら。心地よい人生に近づくために。
こんなに楽しく片づけできるのは初めて。とても気持ちが良い。
誰にでも簡単にできる、こんまりメソッド。ただ、手に取って、よく見て、ときめくかどうかで手放すかどうかを決める。
kondoed(という言葉は、不要なものを処分するという動詞になっている。)が終わった、kondoedが終わり、とてもすっきり、解放感にあふれている。
この本で書かれているのは、日本でモノに溢れている小さなアパートに住んでいる方向けだけど、この手法は、アメリカでも通用する。気持ちの問題だから。
今日で三日目のこんまりメソッドで片づけ中。今日は本を片づけているけど、他のところも片づけをするのが楽しみでしかたがない。
この本は素晴らしい。私のように、常に片づけをきちんとしている人でもすごく学ぶことがある。

洋服のたたみ方を変えただけで、もっとすっきりした。みんなにおすすめしたい。

部屋ごど、じゃなくて、物ごとに一か所に集め、何を手放すか、よりも何をとっておきたいかを考える方法。近藤麻理恵はアメリカでもとても有名。今では、彼女の名前を聞いたことがない人はあまりいないと思う。

今回、アメリカでどれくらいこんまりメソッドが広まっているのか、また、どのくらい実践されているのか、を調べてみると、写真付きで、ビフォーとアフターを紹介している人を多く見かけました。

なぜ、こんまりメソッドが全世界に受け入れられたのか

英語以外の言語での投稿もたくさん目にしました。この、こんまりメソッドが全世界に受け入れられている理由は、簡単だから、そして何の準備もいらないのですぐに始めることができるからだと思いました。

衣類や本など、物ごとに取り組んでいけば良いので、空いた時間に、今日は服、明日は本、という様に取り組んでいる人が多かったです。

物を捨てる時に「ありがとう」という感謝の気持ちを込める、というところに日本的なものを欧米の方が感じているとのことです。

確かに、アメリカに住んでいると、消費文化なので、様々なものを使い捨てにする場面を多く見かけます。

日本人は「もったいない」とか、「物を大切にする」という文化が古くから根付いているため、こんまりさんもこのような片づけ方を考案されたのだと思います。

アメリカのアマゾンでは、「人生がときめく片づけの魔法」の翻訳版として、「The Life-Changing Magic of Tidying Up」が出版され、現在では2,800以上のレビューがあり、軒並み高い評価を得ています。

片づけ、という多くの方が取り組まなければならないことを、簡単に、かつ、楽しんでできる、物を慈しむ心も育み、そして片づけ終えると、とても爽快な気分にさせてくれる、そんな良いことずくめのこんまりメソッド。

TIME誌の影響力のある100人の中に、世界中のそうそうたるメンバーの中で選ばれるなんて、同じ日本人としてとても誇りに思います。

(参考)http://m.huffpost.com/jp/entry/7083660
http://m.jp.wsj.com/articles/SB1178522621856773455740
4580493060632934430?mobile=y

TIME誌が選んだ影響力のある100人のうちの1人なんて、正直「え~!!」って感じ。いや、もっと他にいるんじゃないかと思うけど、こういうのはいつも何人で決定しているのか気になる。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年7月24日 11:41 PM

    ちゃんと読んでないけど、とりあえず池野恋の話ではなさそうだな。

  2. 日本の名無しさん
    2015年7月25日 6:16 AM

    ああ、テレビでやってたな。本の売り場でサイン会もアメリカでやってたよ。

    俺に教えて欲しいのはまず片付けをしようという気分にどうやったらなれるか、だ。

  3. 日本の名無しさん
    2015年7月25日 1:49 PM

    このぉ妊娠しやがって~
    ゆるさんぞぉ~( ;∀;)

  4. 日本の名無しさん
    2015年7月26日 1:15 AM

    こうやって旦那も片付けられるんだな…

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.