当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

これはクローゼット?こんな小さな家に人が住んでるなんて!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/25

J181
外国人が日本に来て驚くことのひとつに、居住スペースの狭さがあります。特に東京などの大都市では庭のない家や、隣の建物との間にスペースがないことも少なくありません。

日本に住む私たちにとっては普通でも、海外から見たら“クローゼット”のような狭さだと言われることも。海外のような大きな家もいいけど、日本だって負けてない!

日本の家にはその土地に合わせた素晴らしい工夫が見られます。狭いけど、とても機能的に作られた日本の家を紹介します。

驚くべき工夫の数々!これが日本の家だ!

この家、とても狭く見えますよね?でも効率的な設計で、入ってみると実際よりも広く感じます。東京郊外に建つこの家は、快適でありながら、人口が密集した都会でもプライベートが保てるように工夫されているのです。

伝統的な日本の家の造りとは異なり、プライベート空間である寝室とお風呂は一階と二階に、キッチンとリビングは三階に設計されています。

天井を吹き抜けにすることで開放感を感じることができ、家族が多くの時間を過ごすリビングを最上階に持ってくることで、たくさんの自然光を取り込み、視覚的な広さを確保しています。

狭さを逆手にとったフロアプランと垂直にデザインされた家は、開放感がありながらもプライベート空間を上手く調和させています。

1
2

変形土地もうまく利用

さて、次に紹介するこちらの家は、狭いうえに変わった形の土地に建てられています。居住スペースに加えて、駐車場も確保したい、というオーナーの要望のもとデザインされた家です。

車が出し入れしやすいように、玄関は地下に作られ、家に入ると階段をあがってリビングに行くことができます。

上から吊るされたようなダイニングテーブルや壁に備え付けられたビルトインの収納は機能的なだけでなく、モダンかつミニマムなインテリアとなっています。

変わった形の土地のおかげで、この家は外から見るよりもずっと広々としたスペースが確保できているのです。

3
4

次に、このコンパクトだけど都会的なデザインの家は、三角形の土地と道路に面した大きな窓が特徴です。50平米という狭さでありながら、段差のある階層構造でスペースを最大限に利用しています。

白い階段と間に設けられた空間のおかげで、圧迫感を感じません。広くとった窓のおかげで、外に広がる公園とつながっているような気持ちにさせてくれます。

5
6

狭いかもしれないけど、機能的でスタイリッシュ!でかいだけの家よりも断然すばらしい。こんな家に住んでみたいよ。
日本の家は美しい!まるでアートみたい。アメリカでも日本のような家を建築してくれたらいいのに。
こういうクールな家が作れるのは、日本人だからこそ。土地にあった工夫がされているし、近未来のようなデザインがかっこいい。シンプルだけど誰でも作れるものじゃない。
アメリカでは仮に子供が二人いる家庭だったら、最低でも寝室4つ、バスルーム3つ、ファミリールームとリビングが一つ、そして駐車場3台分が必要だけどなあ。
家は、家族が一緒に時間を過ごす大切な場所。狭いからといって家族の団らんができないわけでもないし、子育てが出来ないわけじゃないよ。家族の幸せにとって、必ずしも大きな家が必要とは限らないんじゃない?
日本の機能的でコンパクトな家を見ると、僕たちアメリカ人は「広さ」に慣れ過ぎてしまったように感じる。
私は日本に住むアメリカ人で狭い家に住んでいるけど、生活はとても快適。アメリカ人は甘やかされているのよ。
日本だけでなく、世界でも狭い家に住んでいる人はたくさんいる。でも幸福度は、家の広さに比例するものじゃないと思う。
日本の家が狭いのは、もしかしたら日本人の体格だから可能なのかもしれない。体の大きい外国人にはちょっと厳しいよ。
狭いからといって、快適じゃないとは限らないよ。僕は180㎝以上ある外国人だけど、日本の家に慣れたし、問題なく生活している。狭いぶん、よく考えられて設計されているから。海外から遊びにきた友達は狭いっていうけど、僕にとっては完璧なサイズ。
とにかく広いスペースが必要だと考える人たちへ。あなたのリビングやキッチンに置いているもので、実際に使うものは一体どれぐらいあるか考えてごらんよ。それって本当に必要なの?
日本のように、限られたスペースに本当に必要なものを置くほうがスマートでクールだ。広い家は、無駄なことや必要のないものが増えるから良くない。
わお、日本人は本当にこんな狭い家に住んでいるの?まるでシューズボックスみたいだね…。でも住み心地はすごく良さそうだ。
広いからって快適だと言える?自分に必要なスペースがあって、使い勝手が良い家のほうが断然いいに決まっている!「広さ」が快適な家の条件とは限らないよ。
ただ広さを追い求めるよりも、それぞれの土地にあった家に住むのが一番いいと思う。物質的な豊かさよりも、効率や精神的な豊かさを求める考えは素晴らしい。
アメリカ人は、家に置く家具を買う余裕もないのに大きな家を欲しがる。日本人のように無駄のない生活を心がけるべきだ。
限られたスペースにアイディアがつめこまれた日本の家は素晴らしい。他の国も見習ったほうがいいんじゃないの?
あなたの希望する家の広さから、実際に必要とする生活スペースを引いてごらんよ。それが無駄な広さだよ。
狭い家に住むことの最大の利点は何か分かる?失敗したときのリスクも少ないっていうこと!

映画やテレビで見る、外国の大きな家や庭に憧れることもありますよね。でも、大きな家は住んでみると無駄なスペースが多かったり、掃除が大変だったり、大変なことも多そう。

その点、日本にはコンパクトながらも立地をうまく生かした機能的な家が多く見られます。その工夫とデザインの美しさに海外からも多くの関心と称賛の声が寄せられています。

ただ大きければいいってもんじゃない。無駄を省き、限られたものを上手に、そして最大限に活用する日本人の良さが現れていますね。

(参考)http://www.trendir.com/house-design/efficient-small-house-in-
tokyo.html
http://www.trendir.com/house-design/small-house-plan-maximizes-a-small-
lot.html
http://www.trendir.com/house-design/urban-home-by-modern-japanese
http://humble-homes.com/cool-small-house-from-japan/
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=128953596

なんか海外コメントが日本人に対して優しいのばかりだ。大は小を兼ねると言うので、絶対大きいほうがいい。しかし、土地が狭くてもそこに住みたいと願う根性が、どうにかしようとする考えを生み出したんだと思う。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年5月25日 8:07 PM

    普通に広い方が良いですw

  2. 日本の名無しさん
    2015年5月25日 8:13 PM

    家族は川の字で寝るものさ。

  3. 日本の名無しさん
    2015年5月25日 9:13 PM

    田舎に行けばデカイ家はけっこうあるけどね

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.