当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

海外のお医者さんもビックリ!年間1億8千万枚売れる熱さまシート

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/18

J217
「熱さまシート」、「冷えピタ」、「デコデコクール」などの商品名でおなじみの「冷却ジェルシート」。急な発熱でつらい時、おでこにピタリと貼るだけですーっと気持ちがよくなる、救急箱には欠かせない一品ですね。

日本で生まれた、肌に直接貼って使える「冷却ジェルシート」は、海外へも多く輸出され、アメリカ、東南アジア、ヨーロッパと世界各国の人たちに喜ばれ、いろんな場面で大活躍している商品なのです。

銀行で配られるおまけとして開発

この「冷却ジェルシート」は、奈良県に本社を置く「ダイヤ製薬株式会社」により、1993年4月に世界で初めて誕生しました。

当初、銀行がお客様に配る「おまけ」として開発されたそうですが、これに目を付けた会社が、翌5月に一般向けに販売を開始。

そして、1994年10月に小林製薬から発売された「熱さまシート」が大ヒットしたのに続き、ライオンの「冷えピタ」、久光製薬の「デコデコクール」などが次から次へと登場し、小さいお子さんがいる家庭では「一家にひと箱」かかせない商品にまで成長しました。

中でも小林製薬の「熱さまシート」は、中国向け「退熱貼」、欧米向け「KOOLFEVER」など、商品名を現地の人にも覚えやすいように変え、何と世界中で年間1億8000万枚も売れているそうです。

世界の人口が約72億5200万人ですから、全世界の約70人に1人が使っている計算になりますね。

お医者様も驚きの優れもの

日本人にはおなじみのこの商品。海外旅行、仕事で海外に住む人たちも、万が一の時の為に、荷物の中へ入れて行く人も少なくはありません。

行先によってはまだこのシートが販売されていない国もあり、お子さんが熱を出して日本から持ってきた「冷却ジェルシート」をおでこに貼ったまま病院へ連れて行ったら、お医者様に「そのおでこに貼っている物は何なの?何の為に貼っているの?どこで買ったの?」と質問攻めにあったそうです。

「熱を取るためなんですよ。おでこにぴったりくっついて、8時間も効果があるんです」との答えに、お医者様はとてもびっくりして、「日本人って本当にいろんな物を発明するのね」と感心されたそうです。

では、この「冷却ジェルシート」の使い心地について、消費者の皆さんの感想を集めてみました。

今までは子供が熱を出したらタオルを濡らして冷やしていたんだけど、すぐぬるくなるし、ずれるし、困っていたの。このシートだと、子供が動いてもずれないし、長時間効果が続いて本当に助かってるわ。いつも救急箱に用意してるのよ。
子供のために買ったんだけど、私の偏頭痛がひどい時にも使ってるの。発熱以外にも使えるし、いつも買い置きしているわ。
貼った瞬間のヒンヤリ感がいいわね。子供達はちょっとの熱で貼りたがるから、何枚あっても足りないわよ。
いつも冷蔵庫の中に入れているわ。熱を下げる効果はないけど、冷たくて気持ちいいから子供も寝やすいみたい。
うちの子供には大きいから、せこいようだけど細く切って小分けして使ってるのよ。
偏頭痛持ちの救世主ね。この「冷却ジェルシート」に出会ってから、頭が痛くなるとすぐ貼ってるのよ。
大人用と子供用といつも常備しているんだけど、軽いやけどをした時、試しに貼ってみたら痛みがやわらいだの。いろんな使い方ができて、本当に優れものだわ。
おでこに直接貼れるっていうアイデアだけでもすごいのに、しっかりくっついて、はがれないから子供にもぴったりね。
いろんなレビューを読んで、何か信用できなかったんだけど、使ってみてびっくりしたね。ヒンヤリ感がすごく気持ちよくて、頭痛のことなんか忘れちゃったよ。
子供達が病気でもないのに貼りたがって困ってるわ。
孫の熱が引かなくて困っていた時、テレビのコマーシャルで見た「おでこに貼るシート」を思いだして薬局へ行ったの。商品名を覚えていなかったから、コマーシャルの話をしたら、薬剤師さんはすぐ商品を出してくれたわ。フィリピンではすごい人気商品なんですって。
誰がこんな素晴らしい物発明してくれたの!感謝してもしきれないわ。子供が熱を出す度に氷枕を作っていて大変だったけど、これならぺたっと貼るだけでいいから本当に助かるわ。家族がいつ熱を出すか分からないから、いつも冷蔵庫に常備しているのよ。
階段からすべり落ちて足の指を痛めた時、お母さんが「冷却ジェルシート」を持ってきてくれたの。指の大きさに合わせて小さく切って指に巻きつけたんだけど、すごく気持ちが良かったわ。発熱用だけど、ねんざにもよく効くわよ。
妊娠中、薬を飲むのに抵抗感があるじゃない?このシートだと、頭が痛い時や熱が出た時、貼るだけだから副作用とか心配しなくていいから絶対お勧めよ。
娘がテーブルの角におでこをぶつけて大きなたんこぶが出来て、応急処置をネットで調べたら氷で冷やせって書いてあったの。でも氷じゃ冷たすぎるし、たまたま家にあった「冷却ジェルシート」を貼ったら、大正解!買い置きしておいて本当に良かったわ。
使い捨て商品って何だかもったいなくて、普通はあまり買わないんだけど、これは別!いつも薬箱に常備しているの。お子さんがいる家庭には絶対お勧めの商品ね。
子供が中耳炎で熱が高い時に、試しでこのシートを買ってみたの。正直、こんな薄いシートが熱に効くなんて思っていなかったから、その効果にびっくりしたわ。以来、ずっと買っているわ。
近所のドラッグストアで売っているんだけど、すぐ売り切れになるから、入荷したらまとめ買いしてるわ。スーパーで安売りする時も買い占めてるわよ。
一度、はがすのを忘れて貼ったままマンションの外に出たことがあるの。皆にジロジロ見られて、すごく恥ずかしかったわ。

カナダのある新聞には、新製品を編集部のスタッフが試してみるコーナーがあり、この「冷却ジェルシート」も取り上げられたことがありました。

実験当日、編集部のスタッフは誰も熱がなかったので、熱に対する効果はわからないままに終わりましたが、二日酔いで頭がガンガンしていた人は、この「冷却ジェルシート」のおかげで気分が良くなったそうです。

熱、頭痛、ねんざ、火傷、そして二日酔いと、色んな症状によく効く「冷却ジェルシート」。日本発の商品が、こうして世界中で大活躍している話を聞くのは日本人として本当に嬉しいですね。

(参考)http://www.huffingtonpost.ca/2011/12/23/bekoool-kids-soft-gel_n_
1167653.html
http://www.amazon.com/Koool-Soft-Gel-Sheets-sheets/dp/B000GG12VO/
ref=pd_sim_sbs_hpc_3?ie=UTF8&refRID=1RPTNRB9BV2YA4VXZ8RQ
http://www.reviewstream.com/reviews/?p=93878
http://www.reviewstream.com/reviews/?p=125582
http://www.reviewstream.com/reviews/?p=95424
http://www.reviewstream.com/reviews/?p=157820
http://www.amazon.com/Koool-Soft-Gel-Sheets-sheets/dp/B000GG12VO/
ref=pd_sim_sbs_hpc_3?ie=UTF8&refRID=0ZJ95BNQH9Y4JYVPTP24
http://www.amazon.com/KOOOL-SOFT-GEL-SHEETS-ADULT/dp/B00I81BEOY
/ref=pd_sim_hpc_94?ie=UTF8&refRID=0QG45RTVNZ8BMF5BT2FP

始まりが銀行のおまけだったなんて知らなかった。冷却シートが出回ってない時期にこんなシートをもらったら、ビックリしちゃうと思うけど、当時の人はどうだったんだろう?海外でも人気みたいで日本の技術力を改めてすごいと思った。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年6月18日 9:14 PM

    奈良県民の発明だったのか
    NICE

  2. 日本の名無しさん
    2015年6月18日 9:38 PM

    最初の頃出回ってたやつは貼るとヒリヒリ痛痒くて耐えられないから直ぐ剥がしてたなー
    肌弱いから子供のころはあれが苦手だった
    最近のは改善されてんだっけ

  3. 日本の名無しさん
    2015年6月18日 9:52 PM

    72人中1人じゃなくて?

  4. 日本の名無しさん
    2015年6月18日 9:52 PM

    肌質にもよるのかな?俺はすぐ剥がれちゃうんだよね

  5. 日本の名無しさん
    2015年6月18日 9:53 PM

    ほんとは水分がちょっと蒸発するだけであんまり冷やす力はないんだよなー

  6. 日本の名無しさん
    2015年6月18日 10:05 PM

    歳くったなぁ。
    冷却シートが物珍しくなくなったのは物心ついてからだわ。
    子供のころは母親が氷枕を作ってくれていたよ。
    手間が大変で、周りが濡れるわりにすぐ温くなって、
    割りに合わないシロモノだったな。

  7. 日本の名無しさん
    2015年6月18日 10:40 PM

    ※5
    そうなんだよなー
    結局高熱の子供にはアイスノンが必須で
    ウチの冷凍庫は交換用含め常時3つがスタンバイしてて場所とってるわー

  8. 日本の名無しさん
    2015年6月19日 12:15 AM

    デコがすげえ狭いから子供用の奴でも髪とか眉毛に被ってしまうんだよなぁ

  9. 日本の名無しさん
    2015年6月19日 1:46 AM

    計算おかしいから

  10. 日本の名無しさん
    2015年6月19日 6:09 AM

    それじゃ世界の人口が約7億人だよ!と思ったら既に、3と9が指摘していた。

    てっきり小林製薬が開発したんだと思ってた!特許とかどうなってんだろ?

  11. 日本の名無しさん
    2015年6月19日 11:03 AM

    冷却って…熱取れないから誤解するような書き方するなよ
    メンソールでスースーした感じがするだけで熱自体取れないから

  12. 日本の名無しさん
    2015年6月19日 11:05 AM

    高熱続くとやばいから急速に下げたい場合は大きい動脈?のところ(脇の下と脚の付け根)にもピタッと貼っておくと良いらしいよ

    ちなみに友人のお子さんは貼られてギャン泣きしてました(笑)
    熱高いから余計に貼る時のヒヤッと感がすごくて嫌だったらしい

  13. 日本の名無しさん
    2015年6月19日 1:44 PM

    ドイツで電車乗り過ごした時仲良くなったアフガニスタン人に説明してあげた事はあるがその後はわからん。

    前にNHK子供向け番組でタイで普通に売ってて一年中暑いタイで、屋台とか外で働くオバちゃんが暑さしのぎに助かってるって首筋に貼ってるのは見た事ある。

  14. 日本の名無しさん
    2015年6月20日 7:33 AM

    70人に一人とか。。。
    どう考えても一人が何枚も使ってるからその計算は意味ないっしょ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.