当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】平成のゼロ戦!純国産の最新鋭戦闘機F-3が世界中で話題

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/04/11

J401

日本は三菱重工が中心になって最新鋭戦闘機の開発を進めています。技術立国の日本の戦後初の純国産戦闘機への挑戦は、完成前から世界中で話題になっています。

この戦闘機の開発コードネームは「心神」(しんしん)、正式採用が決まった場合は「F-3」との名称になる予定です。

01

日本の戦闘機の歴史

日本の戦闘機には長い歴史があるのです。第二次世界大戦まで日本の航空産業は世界トップクラスでした。零戦(ゼロ戦)や隼などの世界的な名機を開発していたのです。

実戦配備には間に合いませんでしたが、終戦間際にはジェット戦闘機も完成させていたのです。敗戦後、日本企業による航空機の運用と開発が禁止され、その技術者の多くは自動車や新幹線などの分野に去りました。

その後、禁止が全面解除になると、技術陣を結集させて民間機のYS-11と、ジェット戦闘機のF-1を誕生させます。その出来栄えに驚いたアメリカは、日本に政治圧力掛けて、アメリカの旅客機と戦闘機を買わせ続けてきたのです。

1980年代、再び日本独自の戦闘機開発に挑戦しますが、アメリカの猛反対で日米共同開発になってしまうのです。アメリカのF-16戦闘機をベースとして、日本が独自開発した技術を組み込みF-2戦闘機が完成します。

F-2はアメリカに支払う技術料などで、かなりの割高になってしまいました。本当はF-16をアメリカから買った方が遥かに安かったのですが、日本の航空産業育成のために苦渋の選択をしたのです。

2010年代になると、日本は第5世代ジェット戦闘機F-35の導入を決定します。F-35はアメリカを中心に共同開発されている戦闘機ですが、日本は一部ライセンス生産や機体整備を国内で行ないます。

航空業界トップに返り咲けるか

その一方、日本は純国産の第5世代ジェット戦闘機の独自開発を進めているのです。この純国産の戦闘機「平成のゼロ戦」は日本にとって長年の悲願だったのです。

最先端の戦闘機は第5世代と云われていますが、この最大の特徴は相手に見えにくいステルス性です。飛行機を探知するレーダー波を違う方向に跳ね返したり、吸収したりして、レーダーに映りにくくしているのです。

第4世代以前の戦闘機は、ステルス戦闘機に5~10倍離れた先から補足され、状況を把握する前に撃墜されてしまいます。現在、世界で第5世代ジェット戦闘機はアメリカのF-22とF-35だけです。

日本のF-3の開発については世界中から熱いコメントが数多く寄せられています。

日本の最新鋭戦闘機はレーダーでF-22を捉えられないんじゃないの??
日本製のレーダーはF-22を捉えられます。でもはっきりとは映らないんだ。
航空自衛隊がF-22と戦闘することはないよ。
アメリが日本に独自開発を認めているのは、日本のF-3がF-22以上の能力を持たないと考えているからさ。
F-2はF-16の基本設計を使っているけど、 J/APG-1とJ/APG-2 レーダーは三菱製だよ。逆に日本からアメリカに技術供与されている。
まあまあ、熱くならないで。アメリカのF-22と日本のF-3がミッドウェー島上空で戦闘を繰り広げることはないから(笑)
戦闘機が優秀でも空中給油ができなければ意味が無い。米軍はフィリピンに空中給油機を持っているけど、日本も配備している。
今の時代に純アメリカ産や純日本産の戦闘機にこだわる意味があるのだろうか。
実戦配備済みのF-22と開発中のF-3の性能を比較するのは難しいね。もちろん、最先端の軍事機密がユーチューブ上で流れることもないだろう。
第5世代の戦闘機はステルス性が高いので、現行のイージスレーダーシステムでは対応できないんじゃないの?
図面上の戦闘性能と実戦は違うからね・・F-22はまだ1機も撃墜されたことがないです。
確かにF-22はシリア戦に実戦投入されたけど、空爆だけでしょう。
戦闘機にとって地対空ミサイルも脅威です。F-22が地対空ミサイルのレーダーに優っていたという事を示しています。
日本の戦闘機開発レベルの高さは第二次世界大戦中のゼロ戦を見れば分かる。
F-22は最高の戦闘機ですが、その機体には日本のカーボン一体形成やデジタルパネルの技術が使われています。
戦後、アメリカ、日本、ドイツ、そしてロシアの4ヶ国以外に戦闘機を独自開発できる国はありません。
アメリカは日本にF-22を提供しない代わりに、日本のF-3の独自開発を認めたのよ。
日本の戦闘機は自国の領域の防衛に必要な能力に限定されているんだ。空中給油のレベルが向上すれば、日本は空母にも対抗できるでしょうね。
今の日本には中韓が想像するような帝国主義的な野心は全くありません。そんなことは不可能ですし、その必要がありません。専守防衛の日本の戦闘機には飛行距離はあまり重要ではありません。その分、日本は戦闘機をコンパクトにして、スピードや運動性能の強化を行なっています。
現在の心神はF-3のテスト機です。今はステルス性のデータを収集している段階です。
日本のステルス戦闘機の開発に反対しているのは中国人と韓国人だけですね。
日本がF-2戦闘機を独自開発しようとした時に、アメリカは強引に反対しました。仕方なくアメリカ製のエンジンを使っているんです。
だからF-2ってアメリカのF-16にそっくりですよね。
F-3があれば、日本はF-35を必要としないんじゃないかな・・・
F-3の試作機は何度みても惚れぼれする美しさだ!!日本は凄い!!
日本は中国を倒すのに心神なんか要らない!buonoとakb48を送り込むだけで中国は降伏するよww

日本が開発中の心神は第5世代を上回る性能を目指しています。このため「ステルス・キラー」と呼ばれることもあります。

開発途中でありながら、世界中が注目するのは、日本は既に高い最先端技術力を持っていることが知られており、高性能の戦闘機開発は時間の問題だとみられているからです。

航空産業はその国の技術の結晶で、戦闘機を自主開発できる国は世界でも僅かです。今後その技術力を維持し、日本の平和を守るためにも、継続的な戦闘機開発が必要です。F-3の開発が待ち遠しいですね。

(参考)http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=
20150407000126&cid=1101

日本の技術料がすごいのを改めて理解できた。戦争しないにしても最強の戦闘機を持っていればどこも相手してこないので、日本は軍事産業に力を入れるのもいいかもしれない。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年4月11日 10:17 PM

    これ戦闘機じゃないんじゃなかったでしたっけ?

  2. 日本の名無しさん
    2016年4月11日 10:31 PM

    f2って形はf-16そっくりだけど
    実物みると全然違う
    浜松にかざってあるけど

  3. 日本の名無しさん
    2016年4月11日 10:32 PM

    一応、ステルス実証機と言われますね。
    でも、戦闘機開発に繋がっていくのは明らかです。早く日本の技術力が追いついてくると良いですねぇ。

  4. 日本の名無しさん
    2016年4月11日 10:43 PM

    ステルス機設計技術他の実証試験機ね
    これがうまくいったらF-3をステルスで作れること他が示せる
    F-3自体はまだ概念図の段階(i3Fighter)で影も形も朧げ

  5. 日本の名無しさん
    2016年4月11日 11:45 PM

    細かいことを言えばこれは先進技術立証機で、戦闘機じゃない。F3を開発する上で、こんなことできるようになるよね。という確認と下積みのための機体。ガンダムからロマンを取っ払って実用性を付け足したようなもの

  6. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 12:06 AM

    なんか無茶苦茶やね。

  7. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 12:15 AM

    ※4
    それもちと違う。
    これくらいの設計でどれくらいの効果が出るかの検証。
    F-22とかもそうだけど、ステルスってのは絶対基準じゃなくて、
    どれくらい盛り込んだら良いかっていう塩梅のお話。

  8. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 12:20 AM

    皆が言ってるように、コイツはステルス機がどんな事を出来るのかを研究する為の機体。
    大きさも小さいから、仮にコイツを量産したって武装も積めないし何の意味も無い。
    コイツでの研究を元に、将来国産ステルス戦闘機=F3を開発するかもしれないけど、それはまだまだ未定の話。
    管理人が自分で書いたのか、誰かの文章載っけたのか知らないけど、紛らわしいから記事のタイトルと文章変えた方がいい。

  9. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 12:29 AM

    今時分、戦闘機が戦局の鍵を握るなんて思ってるやつはおらん
    だからアメリカが日本の独自開発を許した
    軍需産業がどうとかは流石に的外れ

  10. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 12:35 AM

    マジで出鱈目な内容の記事作るのはやめてくれ
    日本政府はまだ「F-3」の開発を承認してもないし
    記事の動画や画像はX-2先進技術実証機だろ
    F-3じゃないどころか戦闘機ですらない
    しかも開発コードネームは発表されてない 「心神」は民間がATD-Xに勝手に付けたニックネームだし
    米国がYS-11やF-1の出来栄えに驚いたって、どっちも失敗機スレスレの機体じゃねーか
    F-1に至ってはただでさえ「あの」ジャギュアのパクリなのに
    フレアも撃てないエンジンはパワー不足で離陸するだけでA/B必須だし

  11. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 1:00 AM

    ミリタリー系記事はデタラメ書くとコメ欄が荒れるぞ
    それにこの手の記事を好む層に今更アメリカの圧力ネタは古すぎだろw

  12. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 1:43 AM

    記事の訂正と
    明らかに間違っている内容を
    あえて書き連ねた釣り記事を
    作成したことへの
    謝罪を要求します

  13. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 4:58 AM

    なんで今さらこんな記事なんだろう。
    初飛行まで延期続きでやきもきしてるのに。

  14. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 5:09 AM

    戦闘機を含む航空機を自国で作る国は限られてるから
    実証機という概念は薄いのかもしれない

  15. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 5:36 AM

    どうでもいいけど「心神」って名前、カッコワルすぎ。中国の飛行機としか思えない。

    せめて「シンシン」とか「カンカン」とか「ランラン」で・・・・

  16. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 6:59 AM

    未だ心神などと書いてる時点で
    記事の信用性ゼロ

  17. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 9:36 AM

    日本が目指しているのは第6世代だったはず

  18. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 10:01 AM

    いわゆる心神は実証機だっつうの
    F-3にはなんないよ
    技術はF-3に採用されるかもしれんけど

  19. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 12:17 PM

    ※9
    空対空戦闘しか想像してないんじゃね?
    航空戦力が戦局に大きく関わってるのは否定できん。
    ミサイルで全て終わるとでも?
    直接照準できない目標に当たる確率なんてすごく低いし、
    照準できる範囲も意外と狭いぞ?

  20. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 3:35 PM

    これはひどい

  21. 日本の名無しさん
    2016年4月12日 11:22 PM

    ここ数年で最低クラスの記事だな。妄想はチラ裏って、10年前に教えただろ?

  22. 日本の名無しさん
    2016年4月13日 8:16 AM

    F-3はまだ作り始めるのかすら決まってない
    心神という名はコードネームとしても非公式
    今作っているのはステルス性やエンジン部のための技術実証機
    もう形はほぼ出来てて飛べるっぽいけど
    エラー吐いたりMRJなどの開発が優先されて延期しまくり
    この前やっと全力で走った(まだ飛んでない)
    狙いは技術力アピールでF-35のような多国間プロジェクトに入ることや
    普通に自前で戦闘機を用意できるようになること

    このへんでおk?

  23. 日本の名無しさん
    2016年4月13日 9:13 PM

    トランプみたいな人はお金だけしか見てないけど、それ以外に日本が払い続けてきたものを知ろうともしないんだろうな。

  24. 日本の名無しさん
    2016年4月14日 9:43 AM

    この分野のアメリカとの技術差ってのは、相当な開きがあるんだ
    蓄積も必要だしね
    多分想像している以上の差だよ
    塗料がどうのと喜んでいる場合じゃない
    でも、その世界でも日本はついていきますよって強固な意思表示でもある

  25. 日本の名無しさん
    2016年5月1日 2:07 PM

    第二次大戦で負け、アメリカに全て技術をドイツと日本の持っていったからね。今は、アメリカがそれを自分の技術かのように世界で振る舞っているからね。アポロ、レーダーミサイルは、全てドイツの技術。ステルス、潜水艦レーダーは、日本の技術。アメリカにあるのは、オイル、鉄、資源が豊富にあるだけ。第二次大戦中、フランスノルマンディーでの大戦でも、何度も上陸に出来ずに半年かけても落せず、全滅寸前までいった。そこで、日系部隊だけの部隊に託した。それで1日で、日系部隊がノルマンディを落として、アメリカのヨーロッパ戦闘は終わった。ノルマンディの映画では、白人がカッコヨクなってるけど。ノルマンディのドイツ人達は、皆、驚いていたそうだ。それはそうだ、同盟国だからな日本人は。アメリカは恥じるものは全て隠す。とった物は全てアメリカ、アメリカだ。日系部隊442隊に敬礼。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.