当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】仕上がり10分!一筆龍のクオリティが半端ない芸術レベル!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/08/16

J311
日本の伝統的な技法であり一筆龍ですが、その工房の1つである晄秋家の絵師とその作品は日本のみならず世界中の人々を魅了しています。

この一筆龍の技術は栃木県の日光東照宮の門前町で受け継がれています。動画で有名になったのは晄秋家の当主は4代目の阿部哲也さんです。日光には晄秋家以外にも一筆龍の工房が立ち並び、その技を競っています。

これらの工房やショップは新たな観光スポットとして注目されていて、また多くの外国人もここを訪れています。日光東照宮にお出かけの際はぜひ工房にもお立ち寄り下さい。

直に絵師の技や作品を楽しむだけでもいいですが、縁起物や贈呈品として購入されることもおすすめします。価格は驚くほどリーズナブルです。



一筆龍とは?

さて、一筆龍と呼ばれる画法ですが、実際には胴体部分だけが太筆で一筆で大胆に描かれ、頭部や玉などの細部は細筆で詳細に描かれます。下絵もなく、僅か10分以内でこの絵は完成するのです。

製作過程だけを見れば簡単そうも見えますが、才能と熟練が求められる高度な職人技なんです。

龍は最初に頭部から描かれます。この時点だけを見ると何の絵かよく分かりません。そして大筆の一筆描きで胴体が一気に書き上がります。

細かい筆の動きで龍のしなやかで力強い動きを表現します。また鱗の様子まで見事に描かれています。最後に仕上げとして龍の鋭い目が描き入れられます。

この絵の特徴の1つはカラフルな色合いです。伝統的な墨絵は黒の墨液の濃淡で表現されますが、この絵にはメタリックカラーを含め鮮やかな色を取り入れています。描かれる龍は白や黒の背景に鮮やかに浮かび上がります。

観る人に強いインパクトを与えます。また描かれる龍はまるで動き出しそうな躍動感があり、その構図や色には意味が込められています。作品の仕上げには願いを表す素晴らしい筆字が書き加えられます。

この絵と文字の組み合わせは圧巻です。外国人にとって漢字は芸術の1つと受け止める人も多いのですが、この筆字の達筆さには日本人すら思わず息を飲みます。

龍は日本人にとって特別な存在です。昔から神の化身と言われ、招福や家内安全、厄祓いなど縁起物として知られています。

特に一筆龍は一筆で描かれていることから、商売や人間関係が「途切れない」または「切れない」とされています。そして一筆龍で描かれる龍の動きは昇進や健康などの願いを表しているんです。

では晄秋家さんの一筆龍作製の様子をユーチューブで観た外国人の反応を紹介しましょう。視聴回数やコメント数も多く、ここで紹介するのはほんの1部です。

このアーティストについて知りたい。
素晴らしい!これって最も大きい筆ですか?
そこまで大きくないですね。普通の書道用の筆と比べると大きいけどね。
凄いですね、私の裸体にこの龍とピカチュウを書いてくださるかしら???
その背景には花も書いて欲しい欲しいわね。
素晴らしいですね。私もいつかこんなに上手に描けるようになりたいです。
若い時にこの毛筆画を観たのを覚えています。記憶が正しければメタリックやその他いろいろな色が使われていました。私の記憶と同じように素晴らしい作品ですね。
全財産をあげる!だからあの絵が欲しい!!!
鱗や細部の描き方はどうなっているの!?突然出来上がったようにみえるけど。
筆の動きで描いているんですよ。
何千回も練習をしたんでしょうね。
インターネットで注文して郵送して貰えないかしら。
何という筆使い・・・嫉妬しすぎて死んでしまいそう!!!
見事!私は緑と青の幸福そうな龍が欲しい。
この絵を書き上げるには2時間または2日を要すると思っていましたが、あっという間に仕上がりましたね・・・
この毛筆画でたくさんのかわいいネコを描いてほしいです。
最初何を描いているのか全く判らなかったけど、出来上がった龍をみてびっくりしました。
私は筆字を鑑賞するのが大好きです。とても美しいですね。
ずっと描き続けてくださいね。あなたには才能があります。
素晴らしい!この人の作品は最高です!!
これは純粋な日本の伝統画法ではありませんが、見応えがありますね。
この絵は大体いくらぐらいなのか興味があります。
無茶苦茶かっこいい!!優れた日本人画家です!
彼の絵はどこで買えるか知っていますか?私はどうしてもこの絵を手に入れたい。
購入できるサイトをネットで見つけたけど、機械翻訳がうまくいかない。私は彼の絵を2枚欲しいけど、日本語がわからないんですよ(涙)
これは超かっこいい!!
アジア人の才能にあこがれる時があるわ・・・・
こんな龍の画法を学びたいと思います。
わずか12分でこんな絵が完成するなんて・・
素敵な作品ですね。大きな筆で絵をごまかしているという人もいるかもしれませんが、それは間違っていると思います。
修学旅行で彼の店に立ち寄ったことがあります。私は中央ヨーロッパの出身ですが、そこで緑の龍の絵を購入しました。その絵は寝室に飾ってあります。素晴らしい作品です。聞いた話ですが、彼の画法は個性的で、名だたるコンテストで優勝したこともあるそうです。
日光の日本人画家の作品ですね。
彼の墨絵は大変綺麗ですね。
私が見た龍の絵の中では最高傑作です。
彼が作品を作る様子の動画を数え切れないぐらい観てしまいました。
ウェブサイトでは日本語で販売されていて理解できないな。インターネットを使う人の7割は英語を使うので、英語でのウェブ販売をするといいと思います。
死ぬほどこの絵が欲しい。
私も彼のような才能が欲しい。
彼の絵をオランダまで送ってほしい。
この絵の画法や紙など全てについて知りたいです。
お母さんの誕生日にプレゼントしたいのですが、残念ながらその方法が分かりません。
龍が持っているボールは何ですか?
あれは龍玉です。この龍の絵を贈られた人に幸福をもたらすと言われています。

一筆龍は江戸時代から続く日本の伝統的な技であり、これらの作品とその絵師は世界中から絶賛されています。このような技が育まれ伝承されてきた背景には日本人の高い美意識と文化があったからです。

(参考)http://www.boredpanda.com/japanese-dragon-painting-one-
brushstroke-hitofude-ryuu-kousyuuya/

こんなに簡単に龍が描けるなんてビックリした。今まで何回描いたんだろう。龍を一筆で描くことで人間関係が途切れないなんてうまく考えたなぁと思う。龍を描くにはユーモアのセンスも大事だってことか。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年8月17日 2:31 AM

    トップの龍は指が4本あるから日本のじゃないよね?日本は三本だったはず

  2. 日本の名無しさん
    2015年8月17日 11:05 AM

    龍は爪の数が身分を現してるんですよね。
    3本が庶民、4本が貴族、5本が王族とか。

  3. 日本の名無しさん
    2015年8月17日 2:29 PM

    才能か修行の賜物かはわからんが、白紙の状態で完成図が紙面に見えているレベルの人たちだなあ……

  4. 日本の名無しさん
    2016年9月10日 6:38 PM

    この人、4代目でもなんでもないです。
    ニセモノですよ。
    本家の高瀬龍正さんも自身のホームページできちんと証拠写真とともに説明しています。

  5. 日本の名無しさん
    2017年2月12日 4:49 PM

    なぜ偽物がここまで支持されているのか全く理解できない
    本家の高瀬家から技術を盗み成り上がったペテン師に鉄槌を下すべき

  6. 日本の名無しさん
    2017年8月19日 12:21 AM

    描ける技術さえ持っていれば本家か偽物など関係ないと思います。しかし皆さんの見方も違うので綺麗物は綺麗、ただそれだけです。独学している手嶋さんにとても感心する、三年間苦労して頑張ったから凄いしか言うことなし(*^^*)

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.