当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

アイデアが次々と!独自性で大衆の人気を集める日本のカフェ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/03/04

J133
他の国ではコーヒーと軽食のサービスというシンプルなカフェが常識とされていますが、日本ではマンガ喫茶やメイドカフェといった個性溢れるカフェが存在し、サービスという点においても数段上のものを提供しています。

これらの日本のカフェに見ることのできる、日本人の優れた対応性と感覚に注目いたします。

時代の変化に適応する日本のカフェ

日本では毎年45万トンのコーヒーを輸入し、アメリカ、ブラジル、ドイツについで、世界第4位の消費国となっており、フランスやイタリアを凌いでいます。

多くの日本の家は小さく、スペースに余裕が無いことから、日本人はカフェでのゆったりとした空間を楽しもうとします。日本には現在、約8万件のカフェが存在し、お客様が安易にリラックスできる場所を提供しています。

日本のカフェではコーヒーなどの飲み物だけでなく、トーストやサラダ、他の軽食などが組み合わされた、安価な朝食セットを提供し、忙しい労働者に安息の一時をもたらしています。

そして出社前の短い休息時間を満足させるため、ほとんどのカフェは新聞や雑誌などを置いて、利用者が無料で楽しめるようにしており、利用者達はカフェで長い時間を過ごすことができるのです。

日本のカフェと言ったら…

日本にあるマンガ喫茶は1万冊程のコミック本を備えています。狭い住居に多くの漫画本や雑誌を置くことができないマンガファンに飲み物を飲みながら大好きなマンガを楽しむための、最適のスペースを提供しています。

そしてさらに先進的なマンガ喫茶では、マンガを読むだけではなく、創作するためのツールやコンピューターのソフトウェアまで用意し、プロを目指すマンガ愛好家を満足させています。

一方、メイドカフェではメイドの衣装を着たウェイトレスが愛嬌のあるサービスで利用者を楽しませています。最初のメイドカフェは秋葉原で発祥し、それが今では日本全国にまで広がっています。

他にも変わったところでは、多くの猫達がいる猫カフェがあり、自宅で猫を飼うことができない猫愛好家の利用者が、猫との親愛の一時を過ごせるというコンセプトを持っています。

特に興味深い現象の一つとして、カフェの中には飲み物やアイスクリームの自動販売機があり、その他にもコンピューターやテレビ、テレビゲームなどを楽しめる個室や、シャワー室、ダーツや日焼けマシーンなどの娯楽を提供するスペースが設置されています。

そしてこれらのほとんどが無料または低価格なことから、高価なホテルで宿泊するより、こういったカフェで一夜を過ごしたり、極端なケースでは短期間居住したりする人々が増えています。

日本のカフェの歴史

カフェは1877年に初めて日本に輸入されましたが、その頃のコーヒーは高価で、サービスもサロンのような高級志向のものでしたので、一般の人々が楽しめるものではありませんでした。

その後、20世紀の初めには一般の人々もカフェを楽しめるサービスがスタートしましたが、第二次世界大戦によってコーヒーの輸入が禁止され、ほとんどのカフェが廃店となりました。

しかし戦後に再びカフェが大衆の人気を集め始め、1953年に日本で初めてのテレビ放送が開始されると、テレビカフェが登場しました。当時テレビは高価な製品で、多くの人達はカフェでテレビ放送を楽しみました。

また同じ1950年代には、多くのレコードが輸入品であり、手に入れることが困難であったことから、クラシック音楽のカフェが登場しました。

1960年代の日本の経済成長期には学生運動が盛んとなり、同じ頃にジャズカフェが登場して、行き場のない学生達がそこで音楽を楽しむ風潮が生まれ、学生運動のシンボルとなりました。

さらに同じ頃には若い人達がエネルギーを発散することができるゴーゴーカフェが登場し、その後のディスコブームの源泉となりました。

1970年代後半にはコインで楽しめるテレビゲームカフェが登場して予想以上の人気を集めた為、100円硬貨が不足し、日本政府は同硬貨の発行数を増やすという事態まで発生しました。

そして1980年代にはカフェが日本中に拡大し、その頃には約15万件のカフェが存在しました。

しかし1990年代に入ってバブルが弾け、多くのカフェが閉店に追い込まれましたが、変わってマンガ喫茶やメイドカフェなどのアイデアが登場し、人気を集めることとなりました。

これからも進化し続けるカフェ

また核家族化が進む最近の日本では孤独な暮らしをする老人の数が増加し、そうした老人達の憩いの場としての地域カフェが登場し、大きな社会問題に対する解決策として注目されています。

以上のように時代の変化に応じてその様相を変化させ、人々のニーズに対応して来た日本の様々なカフェは、世界で最も特異な性質を持ったカフェとして関心を集めています。

この動画を見て本当に心が温まりました。とても面白かったです。
こんなに種類があるんだね!ここで紹介されているカフェの全部が魅力的で、ゆったりくつろげそうだ。
この動画をアップしてくれてありがとう。日本がどれほど美しい国かよくわかったわ。
自称カフェマニアから見て、これは素晴らしい内容です。カフェが本当に大好きなので、世界を旅する際に休日はいつもカフェツアーを行っています。

1980年代はじめに日本を旅行した際、日本のカフェに立ち寄ってとても驚きました。コーヒーの品質やカフェの雰囲気、サービスなど日本のカフェはとても素晴らしいです。

これを見てクラシック音楽とジャズのかかるカフェがとても気に入りました。コーヒー、タバコ、BGMなど全てが完璧です。紹介ありがとうございます。

この動画が大好きです。アップしてくれてありがとうございます。いつも仕事が終わったあとに見ています。
ジャズカフェが再オープンすることを願っているわ。だって本当に素敵な場所なんだもの。「坂道のアポロン」をもう一度見たくなった。
僕は、マンガ喫茶に行ってみたいんだ。そこで自分の漫画を描いたら絶対良い漫画ができそうだもの。
日本に日焼けマシーンがあるのが不思議と思っているのは、私だけ?
私はこのドキュメンタリーシリーズが本当に好きです。アップしてくれてありがとう!
メイドカフェだって?オタクカフェに変更すべきだね(笑。
マンガ喫茶があると知った時は声を上げて喜んだわ。
地域カフェは、何十年後かの自分を想像したよ。自分が歳をとったらきっと行きたくなるだろうな。
日本で見つけたカフェのメニューが大好きです。特にピザパンは本当に美味しかったです。
この動画をアップしてくれてありがとう。とても面白かったです!
猫カフェ!あ~!私も行ってみたい!
ジャズカフェはとても良いね。
地域カフェのアイデアは素晴らしいですね。お年寄りは若い人たちと触れ合うことで充実感を得、若い子育て世代はお年寄りの豊かな知識を得ることができる。すばらしい!!
私はこの動画が大好きです。日本と日本人も好きです。
このシリーズはいつも為になるよ。ありがたいね。これほど多くの種類のカフェがあるなんて、知らなかった。日本は素晴らしいね。
司会者のピーターはNHKのジャズのDJをしているので、最後のカフェを取材したのだと思います。私の仕事場の近くには、こうした行きつけの場所が無いので残念です。
びっくりしました。日本に行きたくてしょうがないです!カフェが大好きです。

利用者が必要とする時間と空間を考え、最も利用し易いサービスを提供する日本のカフェは、世界の他の国では例を見ないものです。これは人々の持つニーズに敏感に対応できる、日本人の優れた能力を示す一例と言えるでしょう。

そういえば喫茶店にテーブル型のゲーム機あった!100円硬貨が不足したって本当?そんなに人気あったなんて信じられない。日本のカフェの歴史って進化がすさまじいなぁと思った。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年3月4日 6:28 PM

    ジャズ喫茶へ行ってたのはむしろ学生運動と距離を置いてた人間だろ。

  2. 日本の名無しさん
    2015年3月4日 7:20 PM

    日本に日焼けマシーンがあるのが不思議って
    黄色人種は既に焼けてるって事かな?
    差別されてるのかな?

  3. 日本の名無しさん
    2015年3月4日 8:58 PM

    ウチのカーチャン学生運動はしてなかったけどジャズ喫茶は好きだったよ。

  4. 日本の名無しさん
    2015年3月4日 11:05 PM

    純喫茶に行かないくせに
    ブルーボトルには朝から並ぶ、バカだらけだよこの国は

    両方行ってる人はええんやで(ニッコリ

  5. 日本の名無しさん
    2015年3月4日 11:30 PM

    日本にはチェーン店意外にも珈琲の飲める喫茶店はそれこそ星の数ほどあるよね

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.