当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

戦後29年もジャングルで戦い続けた旧日本兵について海外の反応はいかに?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/11/09

J354
終戦から29年目の1974年3月10日、1人の帝国陸軍兵士が連合国軍に投降しました。彼の名は小野田寛郎氏です。この瞬間に彼の戦争は終わったのです。

数奇な運命

1945年9月、第二次世界大戦で正式に日本軍が武装解除と降伏をしたにも関わらず、南方戦線では終戦のニュースを知らされずに多くの日本兵が戦闘を継続していました。

小野田氏は終戦から29年目の1974年まで投降しなかったのです。

彼は1922年生まれ。小野田氏は、中学卒業後は商社マンとして上海で働き、20歳の時に帝国陸軍に入隊します。その後、幹部候補生学校を経てスパイ養成校として有名な陸軍中野学校に入学します。

小野田氏には一般の高等学歴はありませんが、お兄さんは東京帝大医学部卒、弟は陸軍士官学校卒だそうなので、小野田氏も相当優秀なったのでしょうね。

1944年、彼は情報将校(少尉)としてフィリピンのルバング島に送られ、占領地防衛の任につきます。1945年2月にはアメリカ軍がこのルバング島に進行し、日本軍との戦闘になります。

多くの日本兵は戦死または投降しましたが、小野田氏と3人の日本兵は徹底抗戦を続けます。彼ら4人は上司からの「投降をせずにゲリラ戦を継続せよ」との忠実に命令を守り、ジャングルの中で日本軍の増援を待ち続けたのです。

正式な降伏はこの8月です。終戦のニュースは空中からビラで日本兵にも知らされました。

しかし、小野田氏らはこのビラは騙して投降をさせるアメリカ軍のだまし討ちと考えたんです。1人は1950年にフィリピン軍に投降をします。残った3名は更に抵抗の意思を強めていきます。

1952年には島に残った3名の家族の手紙を飛行機から投下し、投降を呼びかけました。それでも3名は日本の敗戦を信じられなかったのです。

一人戦う日本兵

小野田氏らは1970年までアメリカ軍施設への散発的な攻撃を続け、軍や警察、民間人を30名以上殺害しています。一方、1954年と1972年に仲間が1人づつ射殺され、ジャングルで抵抗を続けるのは小野田氏だけになります。

12

1974年2月、小野田氏はジャングルで日本人冒険家の鈴木紀夫氏と出会い、友人になります。鈴木氏から本当に日本が降伏したことを知らされ、投降を促されます。

しかし、小野田少尉は上官の命令なしでは投降できないと拒否。その後、元上官がルバング島に出向き、小野田氏に武装解除を命じるのです。

投降した時、小野田少既には52歳になっていましたが、30年間着古した軍服を着ていました。また彼の所持していたナイフやライフルは完璧に手入れされていたそうです。

投降式ではフィリピンのマルコス大統領(当時)に軍刀を渡し、投降の意思を示したそうです。

帰国後の小野田氏は日本政府や全国の人々から多くの見舞金を送られますが、全額を英霊を祀る靖国神社に寄付。また印税収入から100万円をフィリピンの小学校に寄付をしています。

自らの経験を活かし、若者たちにサバイバル方法を教える「小野田自然塾」などを主催しました。

小野田少尉のドキュメンタリー動画には非常に多くの絶賛の声が寄せられています。

小野田少尉は最近亡くなったのよね。彼の生涯は本当にドラマティックね。ベトナムからご冥福をお祈り致します。
小野田少尉は真の英雄だ。
非常に悲しい話ね。戦争はみんなを不幸にするのね。
彼は情報将校だったんでしょう?他の日本兵のように圧倒的なアメリカ軍の兵力を前にして投降しなかったなんておかしいわ。戦後にはジェット機搭載の空母だって目撃していたはずよ!日本兵の情報将校のレベルはあの程度だったのね。だから日本は負けたのよ。
小野田少尉は1960年代にはラジオを改造して、日本の短波放送を聞いていたそうよ。アジア各国がヨーロッパの宗主国から独立戦争をしている情報も得ていたの、まだ日本の亡命政府が満州で連合国軍に抵抗していると本気で信じていたよ。
1974年時点のフィリピンにはジェット機搭載の空母はまだ配備されていないよ。
彼は英雄の中の英雄!私は元アメリカ兵だけど、彼を心から尊敬している。
上官の指示で武装解除に応じるなんて、軍人の鏡だ。
日本帝国陸軍の誇り高き兵士!
この話を聞くと、ジャングルに残っている日本兵がまだいそう・・・・
私がジャングルに残されたら、すぐに大泣きして家に帰るでしょうね。
1980年代に小野田少尉の話を聞いたことがある。
真実は小説よりも奇なり!
最後に投降した際は軍服で正装していたんだって!?とても感動的ですね。
生前の小野田少尉にお会いしたかった・・・ご冥福をお祈り致します。
小野田少尉の自叙伝を読んだよ。彼の他に2名の兵士が共にジャングルで抵抗していたんだね。この2人は戦闘中に殺されてしまったけど・・・
遠くアメリカより小野田少尉のご冥福をお祈りします。彼は上官からの武装解除命令がなければこのままジャングルに残っていたでしょうね。戦争で被害を受けるのは一般の人々・・・これだから戦争は嫌・・
勇敢なる帝国陸軍兵士。万歳!
小野田少尉は真の意味での愛国者!私たちは彼の忠誠心を見習うべき。
1999年の10月に北海道で小野田少尉とお会いした事があります。とても若々しくお元気だったので驚きました。
不撓不屈の精神を持った日本兵!
小野田少尉の孤軍奮闘が映画化されているなら観てみたい。
ルバング島は私のおじいちゃんの出身地で、私も行ったことがあります。あの島に長年日本兵がいたなんて知らなかったです。

11

小野田氏のニュースは日本だけでなく世界中に大きく報道され、賞賛の声が多く寄せられました。

自衛隊や旧日本軍に否定的な中国共産党のウェブサイトでも小野田氏の記事は詳しく報道し、彼に敬意を示す中国国民の声を数多く紹介したんです。

日本人や日本兵を極悪人とした反日ドラマを国家戦略として製作・報道し続ける中国共産党としては「異例中の異例」な扱いでした。

小野田氏は2014年、91歳で亡くなられました。彼が日本人の義務感と忍耐力を世界に示してくれたことに感謝したいと思います。

(参考)http://edition.cnn.com/2014/01/17/world/asia/japan-philippines-
ww2-soldier-dies/
http://www.bbc.com/news/world-asia-25772192
http://www.nytimes.com/2014/01/18/world/asia/hiroo-onoda-imperial-
japanese-army-officer-dies-at-91.html

たしかに戦争中だったらビラが降ってきても罠かと思うかもしれない。元上官が現地まで行ってようやく武装解除したなんて、29年たっても立派な精神を持った軍人だと思う。その後の寄付なんかが日本人らしくて素晴らしい。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年11月9日 10:40 PM

    旧制中学卒は当時は高学歴

  2. 日本の名無しさん
    2015年11月9日 10:45 PM

    兵隊になる前に商社で働いてたそうで
    当時の慰安所をテレビで語ってるの見たな。
    YouTube に残ってたら見て欲しい。

  3. 日本の名無しさん
    2015年11月9日 10:49 PM

    凄い人だ…。

  4. 日本の名無しさん
    2015年11月9日 10:49 PM

    当時は靖国への寄付に批難が殺到した

    日本の世論は左傾化してたみたいですね
    だからブラジルに渡ったのかな?

    もう自分の知ってる日本じゃ無かったとか言ってたような

  5. 日本の名無しさん
    2015年11月9日 11:27 PM

    ※4
    故郷の家族(父親)とそりが合わなかったような事も聞いた
    まあ、複合的な理由が有ったんだろうね

  6. 日本の名無しさん
    2015年11月10日 12:02 AM

    何が凄いって、動画の最後のシーン。小野田さんが敬礼してる所。
    みんな不思議だと思わないかい?おかしいと思わない?
    彼は約30年間ジャングルでサバイバル生活をしていたんだよ。
    なのに何故あんなにも精気がある顔で、尚且つ髪の毛や髭が整ってるんだ?
    凄過ぎるだろ。

  7. 日本の名無しさん
    2015年11月10日 1:42 AM

    日本人として見習うべき姿だな。やれブラック企業だの社畜だの今の日本人は甘えん坊。
    戦時中の軍隊よりブラックな仕事はねーよ
    小野田さん凄いな

  8. 日本の名無しさん
    2015年11月10日 11:26 AM

    ※7
    組織の組織たる意味を発揮せず、無力無能を個人の犠牲で取り繕い
    あたら無為に兵を損なった国家は
    小野田氏の様な個人の類稀なる忍耐と精神力を以ってしてもあの様に敗北したという事を忘れてはならない。

  9. 日本の名無しさん
    2015年11月10日 11:07 PM

    なんかネット時代になってからは持ち上げられるのは小野田さんばかりで
    横井庄一さんは忘れられてる感ありすぎだよな
    インパクトは先に発見された横井さんの方が確実にあったのに

  10. 日本の名無しさん
    2015年11月12日 10:16 AM

    小野田さんに恩赦を与えてくれたフィリピンの大統領には感謝やで。

  11. 日本の名無しさん
    2015年11月12日 10:18 AM

    ※9
    横井さんは「よっこいしょういち」の掛け声と共に今でも愛されてるぞ。

  12. 日本の名無しさん
    2015年11月12日 7:14 PM

    >小野田氏らは1970年までアメリカ軍施設への散発的な攻撃を続け、軍や警察、民間人を30名以上殺害しています。

    う~ん・・・
    幻滅した・・・

  13. 日本の名無しさん
    2015年11月12日 7:31 PM

    情報処理能力がなかったということだよね?

  14. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 3:36 AM

    何を幻滅する事があるのか、そりゃそうだ、まだ戦争してると思ったんだから、だからの寄付だろ

    30年サバイバルしてたんだぞ、情報処理どころじゃない、周りの仲間皆死んで、あとは本人からすればいるのは敵だろうよ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.