当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

渡辺信一郎✕菅野よう子の最強タッグ!世界が賞賛する名作「坂道のアポロン」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/10/17

j434

アメリカを中心に海外で大ブレイクした『カウボーイ・ビバップ』から14年経った2012年、同アニメを手がけた監督の渡辺信一郎と音楽プロデューサーの菅野よう子のコンビが、小玉ユキの傑作マンガ、『坂道のアポロン』(英題『KIDS ON THE SLOPE』)にアニメとしての新しい命を吹き込んだのです。

11

この『坂道のアポロン』は2000年に漫画家デビューした小玉ユキの作品。小玉は2002年には新人の登竜門とされる金の獅子賞を受賞した実力派です。

しかし雑誌の廃刊でアルバイトで生活をつなぐという苦難を経て、2007年から女性向け漫画誌、月刊flowerに『坂道のアポロン』が掲載開始されます。

宝島社の「このマンガがすごい!2009」オンナ版1位や小学館漫画賞を受賞して、遂に2012年にアニメ化が実現したのです。

12

13

佐世保を舞台にした友情物語

物語の舞台は長崎県佐世保市の架空の県立高校(モデルは小玉の母校の県立佐世保北高校)。高校1年の新見薫が横須賀から転校してきた1966年初夏からストーリーが始まります。

その時代考証の正確さに、この作者は一体何歳なんだ!?と突っ込みたくなります(笑)。もし連載開始時の2007年を基準すれば、1966年に16歳だった主人公達は57歳ぐらいになっていることになります。

14

佐世保は旧海軍から米海軍・海上自衛隊と歴史と伝統のある軍港で、昔から国外や県外との人の交流が多く、開放的で積極的にチャレンジする風土があります。

その中で全能感を持つ子どもが現実に揉まれて大人に成長していく姿を丁寧に、そして見事に描いているのです。

ジャズ音楽をベースに男同士の友情や恋愛、家族関係、進路などに迷う主人公たちは、今を生きる若者、またはピュアな心を持っていた大人たちに深い共感を与えます。

アニメの中で絶対に見逃せないのは、主人公の新見と同級生、川渕千太郎のピアノとドラムのセッション・シーン。2人の演奏に飲み込まれた体育館に集まった高校生になったような感覚。鳥肌が立つような感動が得られます。

ネタバレになるので詳しくは説明しませんが、とにかく見て欲しい、そしてその臨場感を感じて欲しいです。もちろん、最終話のラストシーンも震えますが・・・

アニメは渡辺監督の力量で、一切の無駄も不足も感じられない緊張感のある見事な仕上がり。

原作のないアニメ『カウボーイ・ビバップ』はエネルギッシュなハチャメチャ感(それでいて崩れていない)がありましたが、アニメ『坂道のアポロン』では原作の良さを完璧に引き出しています。

また渡辺✕菅野の名コンビ復活とのことで、海外でも注目されています。この作品の評価は、日本の高校生活を知らない海外の方が高いような気がします。

ジャズが本格的だね。いろいろな分野のジャズをカバーしているのが気に入った。
私はまだ観ていないの。面白いって周りから勧められているけど。
おお、これはモーニンじゃないか。これをアニメの曲に選ぶってセンスがいいね。
坂道のアポロンはとても面白かった!ちょっと男同士の友情がゲイっぽかったけど、彼らはゲイでもバイでもありません。
このアニメを観たのは2013年だったかな。あの時の感動をよく覚えているよ。
ラストがかっこ良かった!!アニメは観たけど、原作のマンガも読んでみたい。
12話を一気に観終えました。あ~疲れた(笑)でも面白いですよ。
痺れるようなカッコいいアニメ。私のお気に入りの作品の1つになりました。
これってカウボーイ・ビバップと同じ監督が作った作品??カウボーイ・ビバップはスペースオペラだったけど、随分作風が違うね。
これは渡辺監督の作品だ。1960年代の日本の高校生が主人公になっている。こんな時代設定のやり方は映画っぽい。
俺の中では渡辺監督のサムライチャンプルーはイマイチの作品だった。私には中世の日本とラップ音楽が合うとはとても思えない。
そうかしら。私はサムライチャンプルーが気に入っているけどね。
私は普段アニメも観ないし、書き込みもしない。そんな私が絶対におすすめする作品です。観て後悔することは絶対にありません!!
このアニメに辿り着いた奴はいいセンスしているぜ。サイコパスや進撃の巨人も面白いぞ。
もっと高い評価を受けるべき名作。特に日本では正当な評価を得ていない気がする。
全てのエピソードを観終わって清々しい気分になった。
今まで凄いと思っていた作品と比較できないぐらいに素晴らしい出来です。マンガに挿入されているサイドストーリーはアニメストーリーをよく理解する上でも役に立つわ。絶対に読んでおくことをおすすめする。
今のところ私のお気に入りの中では暫定一位!!
私は正直ジャズのことが分からなかったが、心が震えた・・・
このアニメ無茶苦茶好き!12話で終わってしまったのが悲しいけど。でもこのアニメは主人公2人の友情に焦点を絞って、短くまとめたのが逆に良かったのかも。
確かに・・薫と千太郎の男同士の友情がメインテーマだね。
いやらしく、わざとらしく演出されているシーンはないのに、時々グラってくるぐらいカッコいいシーンがある。それって意外と普通のシーンだったりするのが不思議だ。
アニメを観てから原作のマンガを読むことをすすめる。マンガの中で音が蘇るから。
ああ・・このアニメのせいで、ジャズファンになってしまったじゃないか・・・
坂道のアポロンのOVAや映画は出ないのかな~

ジャズの魅力にはまる

『カウボーイ・ビバップ』や『坂道のアポロン』でも痺れるようなカッコいいジャズ曲のプロデュースを手がけている菅野ですが、実はジャズはあまり好きではないそうです。好きではないジャンルでセンスを発揮できるなんて凄い!

このアニメは深夜放送の枠で放送されました。子どもにはこの魅力が判らないということだったのでしょうか。でも高校生以上の人には絶対にDVDやブルーレイなどで観直して欲しい作品。

オリジナル・サントラCDもリリースされているので、こちらも強くおすすめです。菅野プロデュースのジャズ・スタンダード・ナンバーも収録されています。きっと『坂道のアポロン』やジャズの魅力を再発見することでしょう。

(参考)http://myanimelist.net/anime/12531/Sakamichi_no_Apollon
http://www.crunchyroll.com/kids-on-the-slope/reviews/helpful/page2

全く興味ないけど、コメントを見ているとジャズに興味ない人が見てハマったとか、なぜこの作品を見ようと思ったきっかけが気になる。やっぱりプロデューサーかな?ただ日本のアニメだからかな?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年10月17日 10:59 PM

    なんか堕ちた人が好きになる女生徒とか出て来てたな。
    あれは…いらなかったのでは?
    つかあのエピソード自体をあまり覚えていないが。

  2. 日本の名無しさん
    2016年10月18日 12:52 AM

    最後結婚するとこまでアニメにすりゃよかったのに。

  3. 日本の名無しさん
    2016年10月18日 1:16 AM

    >>1
    あれがいらないとかありえない
    少女漫画なら必須と言ってもいい

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.