当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

アメリカのセレブに大人気!あぶらとり紙は1000年前の京都で偶然生まれた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/25

J132
世界中の女性は美しさを追求して、化粧品の市場はとても大きなものになっています。そんな中、日本のあぶらとり紙がアメリカで大きなシェアを持つようになっています。

TATCHA社や資生堂は、日本製の高品質のあぶらとり紙を全米で発売し、様々な雑誌のレビューでは常にランキング上位に入っています。今ではAburatorigami(あぶらとり紙)という言葉が認知されるようにさえなりました。

っq
今回の記事では、日本のあぶらとり紙の誕生の秘密と、アメリカの女性を魅了する理由について迫っていきましょう。

驚きの吸収力

アメリカの化粧品会社は、消費者がお肌のツヤ・ハリを維持したり高めたりするための化粧品を次々とリリースしています。あまりにも多くの化粧品があるので、どれを使ったらよいのかわからなくなってしまうほど。

決して最新の科学技術を否定するわけではありませんが、シンプルでありながら裏切らないスキンケアが欲しいなら、歴史と伝統を重んじなければならないのです。今回は、日本に古くから伝わるスキンケア商品、あぶらとり紙を紹介します。

英語ではblotting paperと呼ばれますが、この「あぶらとり紙」は、日本人女性にとっては必携のアイテムですが、アメリカ本土ではようやく流行し始めたところなのです。

薄い紙一枚一枚が、信じられないほどの吸収力を持っています。特にメイクの敵である脂と汗を吸い取る力は抜群です。

誕生は偶然、金箔の加工段階で

あぶらとり紙は1000年以上も前に京都で生まれました。平安時代の日本では、京都の寺院を装飾するために金箔が使われていましたが、実はこのことが、あぶらとり紙の誕生に関わっているのです。

www
金のかたまりを薄い金箔に引き伸ばす段階では金が割れないよう支えるために「箔打ち紙」と呼ばれる紙で挟みながら加工するのですが、金箔を薄く引き伸ばすにしたがって、この紙も同様に極めて薄く引き伸ばされます。

ある時たまたま、この紙があぶらをとても吸収しやすいという事が分かりました。以来噂が噂を呼んで、ついには日本全土の女性や歌舞伎役者に愛されるようになりました。

特に芸者さん達にとっては、仕事用の厚い化粧の天敵である汗や脂を吸い取ることが出来るあぶらとり紙は必需品だったのです。

そんなあぶらとり紙が現代、アメリカでも注目されるようになりました。女性達のスキンケアはもちろん、10代の若者のニキビケアにも効果絶大であるとして、急激に利用が拡大しています。

日本製のあぶらとり紙であるTATCHAの製品に寄せられた称賛のレビューを紹介しましょう。

このあぶらとり紙最高!知り合いのエステティシャンのお店で見つけてサンプルを貰ってから使い始めたんだけど、魅力にとりつかれちゃったわ!

パッケージも綺麗だし、何よりあぶらとり紙自体の質が最高!肌触りもやわらかで、使ってもメイクは取れずに余計な脂だけが取れるの。今ではお財布に入れていつも持ち歩いてるわ。

いままでで最高のあぶらとり紙ね!私はものすごい脂性で、ときどきどうしようもないくらいひどい脂まみれの顔になっちゃうの。でも、TATCHAのあぶらとり紙を使ってみたら、まるでお肌が輝いているよう!使った後の紙を見て、メイクが全く取れていないのにもびっくりしちゃった!
ようやく出会えた!このあぶらとり紙、素晴らしいわ。軽くて肌触りがやわらかだし、何よりも大事なのが、顔からものすごくたくさんの脂がとれること!一回につき一枚で済むのも最高!テカテカの顔が解決できてうれしいわ。
手軽に使える私のお気に入り。メイクを崩さずに脂だけとれるのがいいわね。一日に1,2回使うんだけど、買う時は2,3パック一気に買っちゃうの。手持ちを切らしたくないから!
凄い!boscia社の商品とともに私のお気に入りのひとつだけど、このTATCHAの方が少し優れていると思うわ。脂を取る効果が凄いし、しかも効果が長続きするの!
実は私が買った最初のあぶらとり紙なんだけど、他のと比べてちょっと高いことに気づいて以来、他の商品も試してみたの。でも結果として、TATCHAのあぶらとり紙に勝るものは何もないという事に気付いたわ!メイクを崩さずに脂を抑えられるなんて、すごいわ。
お気に入りのあぶらとり紙。しばらく使ってるけど、色んなところで取り扱われるようになって嬉しいわ。今まで使ってきたどんな商品よりも吸収力があるわ。
効果もすごいし、使うのも楽しいわ。金粉が付いていて、ちょっとしたことではあるんだけどリッチな気分になれるの。
今まで使った中で最高のあぶらとり紙だわ。朝メイクをしてから、3~5時間するとTゾーンがテカテカしてきちゃうんだけど、このあぶらとり紙を使うと全くメイクが取れないままに脂だけが取れるの。
大人の女性のためのあぶらとり紙ね。他社の製品を長年使ってきて、それなりに満足してきたんだけど、このTATCHAのあぶらとり紙を使い始めたら、効果の違いを実感できたわ。大人になって新しいあぶらとり紙を欲しいなら、お勧めね。
たくさんの効果があるわ。余分な脂を取り除けるし、メイクのベースのためのパウダーとしても使えるわ。ローションを使った後、メイクの下準備にも使えるの。ほとんどの商品が脂と同時にメイクも取っちゃうんだけど、TATCHAのあぶらとり紙はメイクを壊さないの!それでいて脂はしっかり取れるから驚きよ。
特別な夜とか、写真を撮られる予定がある時なんかにはおすすめのあぶらとり紙ね!
脂が取れる、取れる、取れる!このあぶらとり紙すごいわ!ほぼ毎日使ってるんだけど、効果は間違いないわ。一パックにたくさん入ってるのも嬉しい。
試してみる価値あり!びっくりするぐらい効果があるわ。使用後のあぶらとり紙を見るまで、自分の顔にあんなに脂があるなんて気づかなかったわ!今ではファンデーションの後に毎回使ってるわ。
他の商品より好きだわ。色々理由はあるけど、一枚一枚が大きいというのも、TATCHAのあぶらとり紙が良い理由の一つね!
一回で手早く、効果は完璧。他の商品は何枚も使わないといけないのに、TATCHAのあぶらとり紙は凄いわね。
市場に出回ってる中では今のところ最高のあぶらとり紙ね。ファンデーションは取れないけど、脂はしっかり取れるの。
効果抜群だし、経済的。他のと違って粉っぽくないのがいいわ。一枚が大きくて、メイクが取れないのも最高。脂っぽい顔を解決したい人みんなにオススメできるわ。
メイクの上からでも効果あり!パッケージも含めて全体がかわいらしくてお気に入り。この金粉の感じなんて、皆好きでしょ?
最近の私の定番!今じゃ必携の一品だわ。前はbosciaの商品を何年も使ってたんだけど、この日本製のTATCHAの方が良いと感じるわ。倍くらいの大きさなのがいいし、パッケージもかわいい。金粉があしらわれているのも素敵だわ。

日本の優れた金箔の技術から偶然生まれたあぶらとり紙、そのクオリティがアメリカ全土で絶賛されています。発祥の由来である金が、金粉という形であぶらとり紙にあしらわれているのも粋ですね。

日本のモノづくりの繊細なこだわりが、時空を超えてアメリカの大人の女性達をとりこにする製品を生み出したと言えるでしょう。

(参考)http://www.chopsticksny.com/contents/j-shop/2008/05/633
http://en.wikipedia.org/wiki/Aburatorigami
http://www.vivawoman.net/2009/10/tatcha-japanese-aburatorigami-
blotting-paper/
http://www.totalbeauty.com/reviews/product/6400772/tatcha-
aburatorigami-japanese-blotting-papers
http://www.sephora.com/aburatorigami-japanese-beauty-papers-P382357
http://www.amazon.com/Tatcha-Original-Aburatorigami/dp/B003D79TEA/
ref=sr_1_1?s=beauty&ie=UTF8&qid=1422709187&sr=1-1&pebp=
1422709173412&peasin=B003D79TEA

あぶらとり紙は1000年前からあるようだが、日本でも人気が出たのはまだ15年ぐらいなんじゃないかな?アメリカで流行るのもわかるけど、あぶらとり紙より使い捨てカイロを是非薦めてみたい。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 7:25 PM

    日本で流行ったのが15年前というのは、どういったアレなんでしょうか。
    少なくとも30年前にはJCの殆どが持ってたしどうなの。

  2. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 7:29 PM

    これって記事に対する感想なの??
    だとしたら歴史とか技術に対するコメが皆無なのはなぜ?

    女だから?

  3. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 7:30 PM

    なるほど、化粧の上から使うのかっ!

    京都とか金沢なんかに行くと母や祖母へのお土産に買ったりしてました。

    でも、野郎だから使ったことないwww

  4. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 7:45 PM

    昔から流行ってたよ。なんだよ15年前ってw

  5. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 7:48 PM

    ※2
    商品に対してのレビューって書いてあるだろ。
    釣りなの?

  6. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 8:23 PM

    金粉とか金箔を料理や使い捨て商品に使うの資源の無駄だよな
    法規制してぇ

  7. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 8:28 PM

    管理人さんが色気づいたのが15年前なんだろうねw
    それまで知らなかったのは子供で興味なかっただけかとw

  8. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 8:30 PM

    ※5
    2は男だから文章が理解出来ないんだろw

  9. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 8:40 PM

    アメリカ人どんだけ脂性なんだろうね

  10. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 9:17 PM

    肉ばっか食っているんだから さもありなん
    そして 脂肌が気になる人以外はそもそも必要ないアイテムである

  11. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 9:24 PM

    京都の脂取り紙は修学旅行のお土産の定番だけどいつからって言われるとサッパリ…。
    ただ、カイロは米アマゾンのレビューでも絶賛されてたけど訴訟大国で低温火傷とかで訴えられるリスクがあると思う。
    香港ではあまりの寒さで香港のドラッグストアーで買ったけど東アジア離れると厳しいね。
    スウェーデンでようやく見つけた時はアウトドア、スキーとか山用品の店。背に腹は変えられず買ったけど値段は日本の10倍だった。
    モロッコで会ったイタリア女子が寒さで痛めた肩悪化しててあげたけどイタリアにもないみたい。

  12. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 10:30 PM

    平安時代に歌舞伎があったみたいな文章なんとかならんかね?

    油とり紙いいよ、夏とか2枚使ってさっぱりする
    男の人も使ったらいいよ

  13. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 10:57 PM

    ※6
    俺もそう思うわ
    建築物とか、形の残る物に使ってほしい

  14. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 11:11 PM

    カイロ>某動画サイトに投稿してる日本クォータースペイン人が、空港で麻薬だと勘違いされて破かれたって話してたよwwww

  15. 日本の名無しさん
    2015年4月26日 12:15 AM

    使い捨てカイロは、すでに20年以上前に一部のニューヨーカーに人気があったよ。よく、せがまれたもん。
    皮脂取り紙は、夏場は男性にとっても必需品だよ。

  16. 日本の名無しさん
    2015年4月27日 12:20 AM

    ※3
    男性にもお勧めですよ。
    使っている人もいると思います。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.