当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

イスラム教徒が200万人で殺し合い!?いやいや、これも修行です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/06

W420
聖地メッカ巡礼は、イスラム教徒が一生に一度は果たすべき義務。もちろん、誰もがその夢を叶えられるわけではありません。

それでも、いまやイスラム教徒は全世界に約16億人もいるのですから、毎年「ハッジ」と呼ばれるメッカ巡礼の月には、200万人もの巡礼者が訪れます!

その様子はまさに、人、人、人…。これでは、なにか小さな事故が起こるだけで大騒ぎになったり、命取りになるだろうことは容易に想像ができますね。

10

起きてしまったメッカ巡礼中の事故

2015年9月、神聖な巡礼中に、ついに起きてはならない事故が起こりました。巡礼中の信者の行列で将棋倒しが起こり、なんと717人以上が亡くなり、863人が重傷を負いました。

事故は聖地メッカから5キロ地点のミナの谷という場所でのことです。「悪魔に見立てた3本の柱に石打げの儀式をする」という儀式の5日間のピーク、3日目のことでした。

この儀式を終えて出て行く人と、入ってくる人がぶつかり合うかたちで、将棋倒しの事故となりました。巡礼は、何キロも徒歩で移動するので、信者の体力も衰弱します。

その日はなんと気温43度!熱中症などの症状でぼうっとした状態の信者も多くいたといいます。押し合いながらの混乱状態。一度倒れてしまったら、起き上がれる状態ではなかった、まさに悲劇でした。

この事故の3日前には、メッカのモスクで工事中のクレーンが落ち、巡礼者が下敷きとなり100人以上が亡くなるという事故も発生したばかりでした。

1990年には、1,426人が将棋倒しで亡くなるという事故が発生しており、それ以来の最悪な事故だということです。

事故の原因?大忙しのメッカ巡礼とは

「メッカ巡礼はイスラム教徒が一生に一度は果たすべき義務」という言葉をご紹介しましたが、巡礼も結構大変なこと。健康な人にしかできません!

  • メッカのモスクを中心に、点在する聖地を徒歩で訪れる
  • 5日間のハッジという限られた期間内で巡礼する
  • 200万人以上の人が巡礼をする
  • 「朝一番に儀式で石を投げたい」など、信者が殺到する時間帯もある
  • 何しろ暑い!熱中症でボーっとした状態で歩く人も多数いる…
  • 巡礼者全員が勝手を知らない

サウジアラビア政府が毎年、厳重な警戒を敷き、交通ルールを徹底しますが、巡礼者の多くは、様々な国から訪れた一生に一度の巡礼初心者。指示に従ったり、指示を理解するのも一苦労です。

11

この悲惨な事故を巡って、誰も宗教の善し悪しを議論するべきではないと思う。大事なのは、人間には感情があって、彼らにとってはメッカ巡礼がとっても大事なことなんだよ。何年もかけて旅費を貯めて巡礼した人たちなんだ。

その人たちの苦しみや悲しみ、信念は、人間として理解すべきだと思う。誰にだってこういうことは起こりうるのだから。

聖地でこんな悲惨な事故が起きちゃいけないよね。
宗教のせいで、悲惨なことが起きてる。宗教は人を操るんだ。だから、宗教は人間が考え出したものだと思う。
何万人もの人が1ヶ所に、1度に集まるんだから、こういうことは当然予想されるよね。だからこそ、起きてはならない事故だ。だけど、フットボールの試合で、ファン同士のケンカで死ぬ人もいる。それこそ、事故とは言えない事故だよね。
亡くなった700人以上の人たちは、動物ではなくて、人間だったんだよ。彼らのために祈らなければいけないね。
メッカ巡礼では、毎年のように事故が起きているよね。ここまで来たら、聖地とは言えないよ、呪われた地と言われても仕方ないよね。
僕は、自分と同じ考え方をしない人に対して爆弾を向けるようなイスラム教徒ではないよ。
↑私はイスラム教徒です。はっきり言っておくけれど、僕は人に対して爆弾を向けたりしないし、家族や友達だって、みんな、平和に生きているイスラム教徒です。宗教の名をかたって人殺しをする人もいるけれど、皆が皆、そうだと思って欲しくない。
例えば10人用の部屋に1,000人の人を詰め込んだら…こういうことは当然起こりうるわよね。
メッカで毎年のように起きてるよね…なんで改善策を取らないんだろう?神への祈りのためにこんな危険な思いをするくらいなら、家でゆっくりじっくり祈ったほうが、神様も喜ぶんじゃないだろうか。
中東での、こういうニュースってよく聞くよね。なんでこんなことがよくあるんだろう?僕の気のせい?
↑事故防止の対策を取らないんだよ。きっと、そういう組織や責任者がいないんだと思う。だから、いつになっても、こんなに悲惨な事故が起きても、誰も、何もしないんだと思う。まるでドナドナ、死に場に連れられていく、動物扱いだね。
スペインの牛追いの祭り、サンフェルミン祭は危険だ、と、よく非難されてやり玉に挙げられるけど。メッカ巡礼も相当危険だね。サンフェルミン祭も負傷者が毎年絶えない、人が多く集まる祭りです。
毎年来る巡礼者が、ほぼ全員巡礼初心者だ、っていうのが事故の原因かあ。メッカ巡礼って、一生に一回なんでしょう、永遠にこういう事故はなくならないね。
将棋倒しで死ぬってすごいね。宗教行事で、先を争って周りと競争するなんて、ありえないよね。信心深い人なら、譲り合わなきゃ。
毎年のようにこういうことが起きてるなんて、一体全体、ただの事故なの?それとも宗教行事の一部?
これは、宗教の責任というより、政府の責任なんじゃないの。こういう一大イベントを放ったらかしでいいはずがない。
将棋倒しになって、踏まれた人たちが閉所恐怖症みたいになって、パニックが起きて、状態が悪化したのかもね。
メッカが1ヶ所にしか存在しないのがいけないんじゃない。世界各地に、メッカを建設すれば、人がこんなに殺到しなくて済むんじゃないかな。

大勢の人が集まる場所で起きた将棋倒しの事故、という意味では、日本も他人事ではありません。毎日の駅の混雑だけでも大変な日本。大規模なコンサートやスポーツの試合もたびたび催されています。

さらには、東京オリンピックなどの一大イベントを控えて、人が集まる機会もますます増えていくことでしょう。この悲しい事故を再び繰り返さないために、学んで改善されることもあればと願ってやみません。

(参考)http://www.rpp.com.pe/la-meca-muertos-noticia_838481.html
http://jp.reuters.com/article/2015/09/25/saudi-stampede-idJPKCN0RO
1AR20150925
http://poptie.jp/matome/216014982090107

これも試練なのか、時代が変われば方法も変わるという考えはないのかな?海外コメントに書いてある通り、まるでドナドナだ。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年2月6日 11:14 PM

    こういう事故防止や
    行きたくても行けない人の為に
    巡礼を簡略化したりしたのよ日本は。

  2. 日本の名無しさん
    2016年2月7日 2:09 AM

    日本だと、犬が代わりにお伊勢参りに行ったりしてたらしいな。犬に持たせたお金が、帰ってきた時には増えていたそうな。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.