当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

イランの女性とは握手もダメ?!イスラムが守る”純潔や純真”

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/01/14

w111

女優のような華やかな仕事をしていると、色々な授賞式、パーティーに出る機会が多いと思います。綺麗なドレスに身を包み、挨拶代りに頬にキスをする場面など、テレビでもよく見かける光景だと思います。

ところが、このよく見られるような、挨拶代りに頬にキスをしたばかりに、イランのあるスター女優は母国でバッシング受けているようです。

イランのスター女優、レイラ・ハタミさんが映画の祭典で有名なカンヌ国際映画祭で、彼女はこの映画祭の最高責任者である83歳のジル・ヤコブ氏に笑顔で「お招きいただきありがとうございます」とでも言っているかのように、自分の頬を相手の頬にくっつけました。

挨拶代わりのキスでバッシング!

イランのメディアにも流れたこの写真では、映画祭の開幕前の和やかな雰囲気の中で挨拶が行われているだけで、別段何も変わったような様子はないのですが、これを見た彼女の母国イランの超保守派の人々からの怒りをかってしまったようなのです。

レイラさんのこの行為は、イスラム共和国の女性が守らなければならない純潔というものを見事に侮辱しているものだと、怒りをあらわにしています。

この騒ぎに国営放送IRIB(イラン・イスラム共和国放送)で、文化庁の副大臣ホセイン・ナシャバディ氏は、こう述べました。

このようなイベントにわざわざ出るようなレイラさんのようなイスラム出身の有名人は、イスラム女性の信頼性や純潔であることに対して、もっと聞く耳をもたないといけないだろうし、そうすることで世界にイスラム女性に対して悪いイメージが広まらなくなるだろう」

ホセイン氏は更に、「イランの女性は、純潔、純真の象徴であるのだから、今回のハタミさんのような公の場で頬にキスをするといった不適切な行為は “宗教的信仰に外れている”のだ」と言いました。

映画一家に生まれたハタミさんは、2012年のアカデミー賞で最優秀外国語映画賞を受賞した“Asghar Faradi’s A Separation”とう映画で演じた役によって、彼女は一躍スターの座に上りつめました。

そして、彼女は毎年フランス南部で開催されるカンヌ映画祭の今年の審査員として出席していました。

では、この記事に対する世間の反応を見てみることにします。

イスラムの女性は純潔、純真の象徴…って、言われている一方で男性のほうは、きっと頑固で、偏った考えしかできない、支配力の強い女性から嫌われる象徴なんでしょう。
↑私はイギリスに住んでるイスラム男性を何人か知ってるけど、彼らは教養もあるし、見た目も大して私たちと変わらないよ。シャリア法(コーランやマホメッドの教えからくる法律の規則)で支配されてるところは、ドイツのナチのうように押さえつけられているような感じを受けるけど。
イスラム最高。
↑もしイスラム教やその教えとか宗教のことわかっていなのなら、君らには何も言う資格なんてないよ。この女優はイスラムの基準から見れば罪を犯したことになるんだ。結婚していない男女が互いに触れるなんてありえないことだよ。
この女優は地獄のような母国に戻るより、政治亡命したほうがよっぽどいいよ。
↑彼女の親兄弟は多分みんなイランにいるだろうけど、そうだね、君の言うとおりだ。私でもそんな国に住みたくないだろうな。
何をしようが、彼女が決めることだろ。男性がこれをして良いとか悪いとか決めることじゃないよ。
↑つまり、アメリカやイギリスみたいに、男性が女性に君はこれを着るべきだみたいにいちいち命令することと同じってことが言いたいの?西洋の女性は外出するときはきれいに着飾って出かけるけど、パートナーの前じゃ普段着だろ。イスラムの女性は君らと反対なのさ!外で目立つ必要なんてないんだ!
なにくだらないこと言ってるの!これは宗教じゃなくて、まさしく独裁政治よ。彼女はフランスに引っ越した方がいいわ。
↑そうそう、男性によるまさしく独裁政治だ。
この女優さん、安全にイランに戻れたのかしら?この騒動の後で、彼女が無事に故郷に帰ったって聞いた人いるの?恐ろしい政権、文化庁の大臣でさえも恐ろしいわ…。大変なところね!
そろそろ、イスラムのシャリア法も20世紀なんだから現実的にならないと。世界の大多数はイスラムのような男性に支配されているような社会にはもはや住んでない。
そんなところにいるより、アメリカにおいでよ。ここでは普通の生活ができるから。
これは、宗教とは全く関係ないわ、ただの支配。以上おしまい。
女性たちよ、ベールを脱ぎなさい。21世紀なんだ。君がしたいならだれにでもキスできるんだ。さあ、イランで婦人解放運動を。誰かブラ燃やさない????
いまだにイスラム教に改宗する人がいるなんて驚きだね、それも女性でもいるなんてさ!
↑イスラム教を勉強すればきっとわかるよ、どうして人がイスラム教に改宗するかね。イスラム教は世界で一番早く浸透した宗教なんだ。イスラム教を勉強しなさい、きっと感動するよ!
女性が結婚していない男性の頬に挨拶がわりにチュッってしただけで、とっても厳しい罰をうけるかもしれないのに、男性のほうは一度に4人の妻を持てるんだ!馬鹿馬鹿しい…。
この女性を非難している君たち、前に進まなきゃ。今は2014年だよ。
↑そうだ、君らは無知で全く時代に取り残されていってるよ。
イスラム教に基づいた法がどんなにくだらないか世の中に知らしめただけだ。

イランではイスラムの法(シャリア法)の解釈によると、1979年の革命以来、女性は家族以外の男性に触れることは許されていないということです。

国が違ったり、宗教、文化の違いで、考え方も異なり、それがエスカレートして戦争に発展していったことも歴史を振り返ってみればわかることです。

今回のこのイランのスター女優は頬にキスをしたとういうだけで、バッシングをうけることになってしまいましたが、もし、私たちがイスラム圏に観光旅行に行きそこで出会った素敵な男性に「今日はお会いできて楽しかったです」と握手をしたらどうなってしまうのでしょうね。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/news/article-2633959/Irans-actress-
condemned-fanatics-kissing-Cannes-film-festival-boss-CHEEK.html

イスラムの人々はなぜ挨拶代わりのキスが不適切な行為と考えるのだろうか。イスラムの国では男性と女性の間にかなり大きな性差別がある。もっと女性への信頼を高めたり、男性の寛容な態度で女性に接してあげてほしい。日本では挨拶代わりに頬へキスする文化が浸透していないが、友達の紹介などでいきなりキスされたら抵抗ありますか?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年1月14日 9:07 PM

    イランは建前はウルサイが、実態はルーズなところもある国だという点は言っておきたい。革命以来、建前をそのまま現実化しようという勢力が一定の力を持ってるけど、国民レベルではルーズにやりたい人も多い。
    これも建前派と自由派の政治的な綱引きだとおもう。建前派としては、立場的に釘を刺しておかなきゃいけないっていうのもあるだろう。
    イランは確かに男女平等ではないとおもう。
    でも、イスラム圏全体をゴッチャにしたらダメ。

  2. 日本の名無しさん
    2015年1月14日 10:22 PM

    そのくせレイプや暴力や殺人や戦争などなどはいいんだな www
    矛盾だらけのイスラム ww
    だから世界から怖いって思われるんだよ。

  3. 日本の名無しさん
    2015年3月15日 12:22 PM

    コーランってキリストの生母マリア以外は女性の名前が一切出てこないんだよね。ムハンマドの妻や娘も名前は出てこない。単に妻,母,娘,女とだけ記されている。異様だよ。何か,それだけで,こんな宗教は嫌だなって感じたね。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.