当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

魔術を禁じる法律が施行?!インドネシアの時代遅れな法案

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/14

w68

技術の発達、特にIT技術の発達で、世界は目まぐるしく変わっています。それに伴い、昔では考えられなかった事件や犯罪も増えました。多くの国が、こうした新しい犯罪を防ぐため、その対策や法律の策定に追われていることでしょう。

さて、そんな現代に、一風変わった法律を施行しようとしている国があります。その国とは、今や驚異的な成長を遂げる、あのインドネシアです。

「魔術」の存在が信じられている国

昨年、インドネシアで、「魔術」を使う者を罰する法案が提出され、話題になっています。この法案が通れば、今後、魔術や超能力を使う者には刑事罰が科されることになります。

禁固刑の場合には5年以下、罰金の場合には最高で3億ルピア(日本円で約265万円)なんだとか。ちなみに、インドネシアの中間層の平均月収は200万から300万ルピア(日本円で約1.7万から2.7万円)と言われているので、この罰金、結構な額ですよね。

国内でも批判の多いこの法案。創案者は、「この法律の目的は、魔術師や超能力者を罰することではなく、そうした能力によってだまされてしまう人を守ることです。事実、他人に魔法をかけて、牛や豚を何十頭も要求するような人間が存在しているんですから」と話しています。

これに対してある政治家は、「こうした法律は、魔力や超能力を持った人間の人権を侵害するものだ」と憤慨。「『黒魔術』を使う人間すべてが、人を傷つけるわけではない」と、上記の考え方を強く否定しています。と言うのも、この政治家、超能力があることで有名なんだとか……。

彼はまた、「『だまされる可能性のある人を守る』という考え方は理解できます。しかし場合によっては、こういう力を使う者にだって、保護が必要なこともあると思うのです。先日、一人の男性が、魔術を使用したことで罪に問われ亡くなりました。彼は、魔術をかけるよう頼まれたからかけたまでで、自分の意志でやったことではなかったのに」と話しています。

「政府がこうした能力のある人間を犯罪者と言うのであれば、その能力を自分のために使うよう要求する人間もまた罰するべきです。『人を傷つける可能性のある』魔術に関わっている点では同罪なんですから」、「この法案を通したいなら、魔力や超能力を持った人々のことをもっと理解する必要があるのでは」と続けています。

ところで、その法案とは、どのようなものなのでしょうか?

■ 人知を超えた力を持つ者、まじないをかける者、これらの力を利用して商業を行い、他人に病気や死、肉体的または精神的苦痛をもたらす者はすべて、5年以下の禁固刑または罰金刑に処する。

■ 上記に該当する者が、金品を得て、または慣習としてこれらの行為を行った場合には、最初に科された刑罰に、その刑罰の3分の1をさらに加えることができる。

さて、こんな時代遅れともとれる法律に、人々はどう反応しているのでしょう。

超能力があっても、誰にも言っちゃダメ!
こう考えると、超能力がある人って仕事を失っちゃうってことよね。
これ、法廷でどうやって証明するの?裁判官も大変……。
えっ、魔法だって?
この法律を作ったのって専門家?それとも空想にふけってる人?幽霊みたいなものが存在するんだったら、捕まえて見せて欲しいもんだわ。バカばっかり言って、ストレスでもたまっているんじゃない?
宗教だって、場合によっては魔術みたいなもん。
でも、自分は魔女だって言い張ったひどい事件も実際にあったしね。ほら、サウジアラビアやアフリカで。ニュースになっていたでしょ?
「ゴーストバスターズ・チーム」でも作って、幽霊退治でもすればいいのに。
他の国じゃ、ロケットやら核やらロボットに目を向けているっていうのに、インドネシアじゃ、今だに魔女に怯えているなんて……。
この21世紀に魔法の存在を信じているの?
どうでもいいけど、笑える法律っていうのはどれもこれもひどいもんだ。
そう言えばつい最近、またバカらしい決まりができたんだよ。女性がバイクの後ろにまたがって座ったら罰金なの。
幽霊とか妖精とか、そういう人(?)が法廷に立って証言するの?
いろいろ調べて視察旅行にも行って、でき上がったのがこの法律?
何でもいいけど、アホらしいのは確か。
こういう考え方ってキリスト教なのかと思ってた。
まあ、こんな法律ができるのも無理はない。政治家ってやつは、食っちゃ寝してるだけなんだから。
今すぐ税金を返せ!俺の税金がこんな政治家たちの給料になっていると思ったら……。魔女にでもこらしめてもらうか……。
で、超能力者を捕まえてどうするの?ビンにでも閉じ込めるの?
すばらしい法律じゃないか!今すぐ施行しよう!
俺の国はイカれてる。
政治家って本当に教養のある人たちなのかな?

時代と共に変化する禁魔術の法

ひと昔前のヨーロッパでは、当たり前のように施行されていた禁魔術の法律。例えばイギリスでは、1542年に制定された禁魔術法が、今では詐欺や霊媒に関する法律となって残っているんだそうです。

インドネシアのように新たに制定する国は少ないと思いますが、世界には、いまだこうした法律や決まりが残っている国や地方はあるようです。反対に、現代の社会にはもはや不要だと廃止を行う国もあります。近年では2013年にオーストラリアとパプア・ニューギニアが廃止を決定しました。

インドネシアは法案に至るまでの理由に納得のいくものもあるのですが、やはり、少し時代遅れにも感じますよね。そうそう、ちなみに、ユドヨノ大統領も黒魔術を信じているとのことで、世界中で話題になっていました。

(参考)http://www.weirdasianews.com/2013/04/07/
witchcraft-banned-indonesia/
http://www.indoboom.com/2013/stories/indonesia-
to-introduce-new-law-against-witchcraft.html

この法案が出たのが昨年ということに驚いた。またインドネシアの政治家に超能力が使える人がいるなんてのも面白い。この記事を読んでインドネシアのイメージが少し変わった。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.