当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ケンカ?事故?ワイロで何でも解決するインド警察

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/10/12

10122
こんな話を出してしまうと、インドという国の信頼性を崩してしまうのかもしれません。ですが、インド人の夫を持ち、現地で暮らして10年になる私が見続けている世界ですから、過剰に着色して認識しているとも思えないのです。

それはインドの警察。警察沙汰になるような事件はもちろん起こしたことがないので、どこまで真実がお話できるかはわかりませんが、私がこれまでにみたインド警察、その汚職っぷりを少しだけご紹介したいと思います。

インドの警察官、と言っても、それは警察署に常駐している者から、街で交通整備にあたっている者まで。かなりの強面の警官もちらほら見かけますが、その内面は私たちには決して分かり得ないもの。

賄賂が当たり前のインド警察

私はこれまでインドの警察にお世話になったことは二度ほどあります。1回目は10年前、現在の夫と付き合い始めた頃。週末に2人で出かけて、夜遅くに、家の近くで立ち話をしていたときです。

夜回り警備をしていた警官に止めました。「こんな遅くに若いふたりが何やってるんだッ!署まで来い!」とお怒りの様子。夜遅くと言っても11時ぐらい。特に捕まってしまうような行為はしていないですし、フラフラしている人は他にもいる時間帯です。

外国人も一緒だし、補導してしまえ、という程度だったのでしょうが、警官の怒りは納まりません。内心ドキドキしてきた私とは反対に、数メートル向こうであれこれ話し合っている彼氏(当時)と警官。戻ってきた夫に尋ねると、「100ルピー渡したから大丈夫。」とのこと。

えええっ?!!!

と本気で思いました。たかが100ルピーで全てがチャラになってしまうとは。怒り沸々だった警官はさらっとどこかへ行ってしまいました。

そのような出来事がインドで多発しています。街で見かける交通警備の警官達。シートベルトを着用していないもの、スピード違反の者、禁止されているはずの車道で走っている大型トラックなどが次々に止められていきます。

その大半は、罰金ならぬ、警官へのチップで事無きを得ているのです。それは日常の一部と言っても過言ではありません。

私はインドで車を運転していますが、日本から国際免許証を取って行っています。一方、インドで免許証を取る外国人友人も多いのですが、インドのお役所ですから、何事も賄賂で話がつくことがほとんどです。

多くの友人が、免許証の申請料+チップを警官に払って、免許証を取得しています。払わない者は、何度もお役所へ足を運び、時間をかけなくてはならないからです。

どうせ外国人にこういったケースが多いのだろうと勝手に思っていましたが、どうやらインド人にも賄賂は要求されていました。先日、私の友人家族が旅行中に2人乗りのバイクに当たって転倒事故を起こした時のことです。

観光客だけでなく現地人でも賄賂

一般的に、インドでは交通事故が起きても、日本のようにすぐに3者が介入してきて処理をすることはなく、自談で解決させます。(もちろん野次馬の量はハンパないですが)車の友人家族も転倒したバイクの親子も怪我はなく、バイクも損傷が一切ない程度のものだったのですが、無き脅しに入ったのはバイクの後部座席に乗っていた母親でした。

公衆の前でショックのあまり(?)大泣きをし、とんでもない野次馬、そして警察が集まってきたそうです。事故は市内ではなく、郊外で起こったことと、アンチ外者の意識が強いカルナタカ州では、現地語を話せない者を嫌う傾向があるせいか、現地語を話せず英語で対応する友人家族をいいカモだと思ったのでしょう。

破損、健康被害、何もなかったのに、結果、そのバイク家族に1万ルピー、そして警察には手間賃なのでしょうか、3000ルピーを要求されて支払うことになりました。

その家族にとっては1万ルピーではおそらく1か月の生活費にあたるのではないでしょうか。私はその話を聞いて、全くのぼったくりだと思いましたが、インドでは事を大きくするだけ損だと言う鉄則を知ってのことでしょう、友人夫婦は泣き寝入りをしました。

このようにインドでは地方によって言語も全く異なりますから、同じインド人と言えど、現地語が話せないということは外国人のような扱いに値するのかもしれません。

信じられないような、本当の賄賂話。これはご紹介できる内容の、あくまでもほんの一部ですが、世界の人々はどう思っているのでしょうか。

インドでは現地語が話せないことは大きい。私たちはインド人ですが、夫婦でパスポート更新の際に、更新料意外のお金を役人に要求されて、更新できました。
警察に行く=賄賂を払うというのが一般的な常識。
こういった汚職まみれの役人が義援金をくすねているんだな。
外国人登録へ行っても、手続きにかかるお金と別の料金を要求されることが多い。でもここ最近はそれも廃止する方向には表向きありますが。
20年前のインドは現在のようなものではない。賄賂が普通。今は別世界のよう。
外国人登録所へ行くと、役人のスローな仕事っぷりにあきれる。よく泣いている留学生を見ました。
インドでも識字率の高い教育熱心なケララ州出身ですが、海外に在住しているせいか、お金があると勘違いされ、パスポート更新が普通の人より長くかかっています。本人確認時には賄賂を要求されました。恥だ。
インドに住んでいると、めんどうなことには関わりたくないので、警察につかまったらまず20ルピー渡します。それで無視する。
賄賂も多いけれど、それで柔軟に対応してくれてよかったなと正直思う時もある。
インドでは主に政治家、トップクラスで賄賂やそれに相応する贈り物などが交換され続けている。
給料が安いからね、どうしてもチップで補う傾向があるんじゃないか。
インドの警察や役所に行くと、意味なくドキドキする。
アメリカにも汚職まみれの警察はたくさんいるけれど、インドに比べたら何百倍もマシだと思える。
最近のある調査によるとインド警察官の76パーセントが賄賂に関わっているそうです。
賄賂ばっかなのはインドだけじゃないでしょ。
インド以外にも交通整備でもうけた罰金をポケットマネーにしちゃうってのはよく聞きますよね。
インド人=賄賂人と考えないでほしい。
警官の汚職が私たちの生活を厳しいものにしていることは確かだ。
政府や警察が汚職まみれってどういうことだ。自国で募金活動したって、マシな使い方されてないだろうに!!!
それだけインドで生きて行くことは大変なんだと思う。

日本の警官が起こす事件とは比較にならないほど、超深刻な賄賂事情がインド警察には存在しています。そのコントロール下で生きるインド人の民。その苦労は私たち日本人が想像を超えるものであることは間違いありません。

(参考)https://in.answers.yahoo.com/question/index?
qid=20071206013747AA871mo
https://in.answers.yahoo.com/question/index?qid=
20090530094158AAgO4mQ
https://in.answers.yahoo.com/question/index?qid=
20071107015459AAAdpSs
https://in.answers.yahoo.com/question/index?qid=
20080303073251AAeWE0c
https://in.answers.yahoo.com/question/index?qid=
20090508162916AAedK1P
http://www.newindianexpress.com/cities/hyderabad/
article369354.ece

スピード違反などをして賄賂なら助かるけど、夜の11時に話していただけで注意されるなんて始めから賄賂目当ての悪どい警察だと思う。

警察に信用がないと国民全体の信用も失いかねないので、政府はちゃんと取り締まったほうがいいだろう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 4:58 AM

    先進国と称する国の庶民が騙されてるだけで
    警察というのは只のヤクザなのです
    先進国というのは全ての国民からみかじめ料を巻き上げて
    それをまったん警察にまで行き渡らせるシステムが完成してるので
    このような形にはなってないだけで
    そうでない国は現場のヤクザ(警察)が個人的に徴収するわけです

  2. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 7:21 AM

    賄賂や偽札が常習化してる国には観光に行きたくないね

  3. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 8:01 AM

    ほとんどの国がそうだよ。 トラブルで公職の人が関わったら。 公務員=権力=ワイロを受け取る権利だもん。日本の警察だってワイロこそ受け取らないが、パチンコ業界に天下りばかりだ。

  4. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 9:00 AM

    世界で見ればきれいな警察官の方が稀だと思う
    それがいいとは言わないが

  5. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 9:19 AM

    私もインドのアグラ(タジマハールのある所)でインド人警官に夜間通行は罰金だと言われ金を要求されました。

    またアグラではボッタクリリキシャともめた時(到着時に5倍の料金請求された)
    まわりのインド人が80人~100人くらい集まり現地語で罵倒する
    リキシャマンの味方をし私から物を強奪して行きました。

    民衆が一気に山賊化してしまう国。

  6. 日本の名無しさん
    2014年10月12日 10:04 AM

    貧しくて清い人が多い国なんてイエメンとヨルダンぐらいしか知らない
    それもここ数年西側に目を付けられ、市外ではテロに郊外にはアルカイダ系が跋扈してキナ臭いけど
    昔はベトナムやカンボジアも清く貧しく心が豊かだったが、今は観光地化して見る影もない
    持ってる人から施しではなく余分に頂くのが文化の国は人種宗教問わず結構多いよ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.