当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

恐怖の三輪タクシー!インドのドライバーはこんなにやりたい放題!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/29

112815
三輪タクシー、何となくイメージできますでしょうか?これは南アジアから東南アジアに広く普及している公共の乗り物です。タイでは、トゥクトゥクという名前で知られていますが、インドにも同じような三輪タクシーが存在しているのです。その名は、オートリキシャとして、市内での短距離を移動する際に、とても便利な乗り物として使われています。

ぼったくりは当然!悪行が続くオートドライバー達!

オートリキシャは三輪タクシーですから、メーターがついており、2014年6月現在バンガロールでは初乗り25ルピーで1.9キロ、その後は1キロごとに13ルピー加算されていく仕組みです。色はエコを意識しまして、緑と黄色で染められています。ですが、この10年でもオートは随分変化してきているんです。

身分証明書の義務化…

10年前はバンガロールのオートリキシャは黄色と黒色のものばかりが走っており、初乗りも現在の値段に比べて半分程度の値段でした。またオートリキシャは街のそこらじゅうを走っており、すぐに止まって、行きたいところへ連れて行ってくれますが、その分危険で事件も多発したため、8年前ぐらいからオートドライバーの身分証明書が車内につけることが義務化されたのです。

確かに私自身、昼間にオートリキシャで出かけることには何も不便は感じませんでしたが、夕方や夜にはひとりで使うと不安を感じていたものでした。というのも、身分証明書が義務化されたにも関わらず、ドライバーは明らかにその身分証明書に乗っている人とは違うことが多々ありました。

またメーターがあっても、それを使おうとせず、値段交渉をして乗らざるを得ないこともあり、のちに夫になったインド人の主人からは、大通りはリキシャに乗ってもいいけれど、小道に入る前には必ず降りることや、自宅の前まで乗せてもらうことは絶対にするなと厳しく言われていました。

危険なドライバー

それもそのはず。インドでは残念なことにレイプが多発しているのですが、それは夜にリキシャに乗って、告げた行き先とは別方向へ連れて行かれ、待ち構えているグループに暴行されるケースもあるのです。じゃあ、バスやメトロを使えばいいと思われるでしょうが、インドの交通事情の関係で、リキシャを使うのが手っとり早いのです。

よく問題になるのがメーターを使わないドライバーと値段交渉の上での乗車になった場合です。先日もバンガロールで、女性があるモールまで乗せて行ってほしいと言ったところ、とんでもない高い値段をつけられ、その対応もよくなかったのでしょうが、警察に通報するために、そのオートリキシャのナンバープレートを携帯の写真に納めて去ったのです。

するとどうでしょう、そのドライバーは怒り狂って、その女性をリキシャで追いかけ始め、危険を感じた女性が他のオートに乗り込んで逃げようとすると、今度は走行中のオートにつかまり、乗り上がってきたのです。

そして、運転しているドライバーにしつこく止めるように促し、暴行をするように指示をしたのだとか。全く信じられない話ですよね!でもこのような話はインドでは本当によく聞きます。

外国人観光客には好まれるが、ドライバー社会は危険

その背景にはこの10年の物価の上昇、つまり燃料の高騰でドライバーが働いても生活できない状況があります。またドライバーには犯罪歴のある者が定職にはつけないので、どうしてもドライバーに流れてしまうという傾向も加わり、ドライバー社会は一般の者が関わるには少し危ないのです。

オートリキシャなどは、海外から訪れる外国人観光客にも好まれており、その車自体をほしいと考えるマニアもいます。でも危険なものはいけないのです。
インドのオートリキシャ、世界の人々はどう思っているのでしょうか。

オートで市内を走るのはいいけれど、高速や長距離には向いていない。
夜間にオートに乗って、郊外に連れて行かれ、レイプされる事件が多発している。なのでどんな時も母親が迎えにきてくれる。
去年、オートドライバーと結婚したアメリカ人の女性が、夫に前科があると結婚後に知って、結果殺害されてしまいましたね。インドは職業で全て変わるので、自国の職業と同じイメージで考えない方がいい。
一般に南インドのオートは安全で北インド、特にデリーのオートは危険だと言われています。ぼったくりはもちろん。喧嘩するだけ無駄。
めったにリキシャには乗らないが、先日乗ったら、運転手がずっと電話している。話しながら高速で飛ばしているので、ヒヤヒヤした。どうやら電話しながら運転しているドライバーは多いらしい。
自分たちの常識で考えると、後ろの乗車席は2人乗りにしか見えないが、3人乗っているのはもちろん5人とか乗っているし、通学時には子供があふれんばかり乗っている。
リキシャじゃないけれど、インドの私営タクシーに乗っていて、途中車が男性2人組に差し押さえられた。その車自体が借金の肩代わりになっていて、未払いが続いていたので、差し押さえられたのだと。ドライバーの背景は複雑だと思った。
リキシャの運転は基本荒く、右折できないようなタイミングでも突っ込んで行くので生きた心地がしない。
短距離の移動にはいいと思うが、それでも少し乗っただけで体中が埃まみれになるのは嫌だ。
バラナシなどの観光地に行けば二輪のリキシャ(手動)も走っている。三輪のリキシャ同様、インドでしか味わえないものだと思う。
インド人にとっても、オートドライバーはぼったくりをすることで知られているので、外国人乗客には、法外の値段で乗らせていると思う。
最近は飲酒運転の取り締まりも厳しいので、飲んだ帰り、リキシャで帰ってきたが、馬鹿みたいな値段を言い切られ、ドライバーと喧嘩になった。ドライバーも性質が悪いのが多い。
オート乗車中、急に止まったので、内心ビクビクしていたが、立ち小便に行っただけだった。
モール周辺にたむろしてるオートドライバー達は、外国人客を見ると、通常の何倍もの値段から交渉してくる。
それでもオートの安全性を向上させようとオンラインで予約できるサービスもある。
燃料の高騰で今の初乗り25ルピーから40ルピーに改正されるなんて話もある。インドの現地採用には厳しい話だ。
こう言っちゃなんだが、インドのドライバーは教養のない人達が就く仕事。先日もオートドライバーとタクシードライバーとの間で、駐車場所をめぐって口論となり、片方が殺された。
オートドライバーのストライキがここ数年頻繁に起こっている。結果、オートに頼って通勤通学している人が非常に不便な目にあう。
メーター自体に細工がしてあって、実質距離以上の値段を追加されることも多々。でも警察もそんなことでは取り扱ってくれないのがインド。
女性にはオートをお薦めしない。

昨今のインド高度成長の背景には、様々な人の苦悩があるようです。その恩恵を受けていないオートドライバーもその一人なのかもしれません。でも公共機関として人々に使われているものが、基本的な安全も保障されていないだなんて、日本にいたら考えられないことですよね。

https://in.answers.yahoo.com/question/index?
qid=20120414011729AA9POcU
https://in.answers.yahoo.com/question/index?
qid=1005120802674
http://www.newindianexpress.com/cities/bangalore/
Three-Days-Later-Auto-Driver-Held-for-Harassing-Woman/2014/06/28/article2304450.ece
https://in.answers.yahoo.com/question/index?qid
=20101209041308AAyFOLe
http://archive.indianexpress.com/news/autorickshaw
-fare–in-bangalore-revised/1208872/

インドのレイプ犯罪が多いのは最近のニュースでも報道されてきたので知っていた。インドでは他にも女性が野外で便を済ませる際にレイプ犯罪が起こりやすいという記事もあったので、どうにか犯罪が少なくなるよう対策を進めてほしい。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年11月29日 12:17 PM

    欧米人に対するボッタクリなんて日本人に対するそれと比べれば優しいもんよ

    何人の日本人女性がたった2kmほどで300ルピーあたり払ってるのを見たことあるか

  2. 日本の名無しさん
    2015年6月4日 12:12 AM

    世界的に見ても劣悪な連中は、死滅して息をしなくなれば、余計な二酸化炭素の排出が僅かでも減り、温暖化対策に貢献できるというもの。8割の悪質なオートドライバーがいなくなっても、世界は回る。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.