当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

増え続けるインドの自殺者!日本では驚きのその原因とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/04

india

インドの政府機関のひとつである犯罪記録局の統計によると、2012年のインドでの自殺者は135,445人でした。10万人に11人が自殺をしている計算になり、1時間に15人、1日に371人が命を絶っているのです。

男女比で言うと、1日に371人の男性、242人の女性が自殺をしています。最も多いのが南インドのタミルナドゥ州(チェンナイが州都)で、次に西ベンガルが続きます。
自殺の理由として挙げられるのが主に家族間での問題で、平均して1日で84人が自殺をしています。

インドの自殺原因

男性は社会的、経済的な事柄が自殺原因だとし、女性にとっては個人的な感情問題が挙げられています。よって、既婚者の自殺率が、男性では71.6%、女性では67.9%と大半を占めています。

自殺方法としては、首つりが37%、毒死が29.1%、そして8.4%が焼身自殺です。次に電車などの乗り物に飛び込む方法で命を絶っています。

私自身、インドに住んでいますが新聞でよく見かけるのは、やはりこの3つがほとんどです。

また、私の夫の出身地でもあるタミルナドゥ州がインド全自殺数の12.5%を占めるワーストだと言うのです。

インドの恋愛や結婚への価値観

詳細を見てみますと、主な自殺原因は「Love failure」、つまり恋愛での失敗ということですが、日本人だと「失恋で自殺?」とびっくりしてしまいそうです。

以前にもご紹介したように、お見合い結婚が8割以上を超えるインドですから、恋愛や結婚への価値観が私たちのそれとは全く異なります。

恋愛をしてしまい、それが叶えられなかった時の失望は、私たちの想像を遥かに超えるものなのでしょう。

また望まないお見合い結婚をした末に、結局満たされず、不倫関係にのめり込んでしまい、自殺となっているものタミルナドゥ州の特徴でした。

インドの厳しい競争社会

またもうひとつの自殺原因として、「Failure in Examination」試験での失敗が挙げられています。

インド人のお受験競争については別の記事で説明しますが、インドは完全に競争社会です。

小さい頃から、そのプレッシャーの中で子供たちは生きていると言っても過言ではありません。もちろんその、教育さえも受けられない状態の「Poverty」貧困や、「Illness」病を苦にして命を絶っているケースも目立ちます。

昨今、インドではIT方面での活躍が目立ち、エンジニアと言えばインドというイメージもあります。

一部のインド人が富を得ている一方で、農家などでは、政府のサポート体制が不十分で、借金をして農業を始めたものの、干ばつなどの気象被害で、農作物を作れず、借金も返せず、唯一農業をするための農地を返上する=仕事すらできない状態に陥り、自殺してしまうケースが増えています。

大きく分けてインドの自殺は「恋愛沙汰」「農家」「お受験戦争」の3つのキーワードが強く関係してきます。この状況を世界はどう見ているのでしょうか。

従妹が14歳でインドに留学したけれど、カリキュラムもレベル全く違って、全然ついていけなくて途中断念。競争もハンパじゃないし、試験もすごく難しい。

あの状況なら、試験に失敗して、世界が終ったって思ってしまうのも無理はないと思う。

完全に親のせい。親がそういう冷酷な名誉主義だから子供が受験戦争に失敗して自殺してしまうんだ。
アメリカなら12歳になっても毎日ゲームやテレビ漬けでOKでしょ。インドの子供は1日中勉強してないといけないんだよ。
農家の大量自殺を無くすには、農作物にもっといい単価をつけないと。
恋愛の失敗で自殺するのは、インドではそれだけ恋愛結婚が大変なことだってこと。
自殺は国際的な現象ですよね。いろんな理由があるけれど、生きがいを見つけられなくなるとそういうステップを踏んでしまうかもしれない。

インドでは教育が貧困から抜け出す唯一の方法なんです。だから受験失敗で自殺というまで追い込まれてしまうのは仕方がない。

自殺する理由は、自分に自信がなく、希望や夢もなく、自分に価値を見出せなかったらしてしまうのではないだろうか。受験とか恋愛とか言う前に。
現代はどこの地方でも異常気象で農家が対応していけない。だから農家も予測が全くつけられないし、対応できない。
インド人以外でも同じだと思う。人生なんてどうなったっていい。問題に直面したくないんだって。
こういった形で命が絶たれていくのは本当に悲しいものだ。多くの自殺がきっと防げるものであっただろうに。
自殺は精神的なもので起こっていると思う。メンタルケアや薬物の誤用に気をつけ、経済的な改善を図っていくしかないのでは。
子供たちは受験戦争に勝ち残る以外に生きる道を知らないから若者の自殺が起こるのです。
インドは陽気で愉快な感じの映画ばかりあるので、自殺とは無縁だと思っていました。
インドの自殺の多さも他人事ではないと思う。
人口が12億だから、自殺者も多いのでは?
正直に言うと、この世からいなくなりたいと思ったのなら、それをわざわざ止める必要はないと思う。インドにも行ったことがあるが、地域によっては生活する状況が非常に厳しいと思う。
農家の人と実際に一緒に働いて、それで問題点を見つけ出さないと。どうして自殺してしまうか一緒に考えて、それで助けてあげなくては。
え?どうしてそんなことが起こってしまうの?
日本の自殺背景とは根本が違うような気がする。
確かに日本でも自殺者は多く社会問題になっていますが、インドはより深刻だと思われます。

インドでは幼少からの価値観の植え付けが日本のそれより遥かに徹底しており、勉強が全て1番を取ること認められ、他の事態を受け入れられない頭になっている傾向が強いです。

よって、受験にしても失敗してしまったら、事業がダメになってしまったら、本当に未来はないのです。それ以上考えられるマインドセットになっていないのです。
そういう観点から、わりと柔軟な思考の日本人にとって、挫折もひとつの糧と言われるのであると思います。

(参考)http://www.thehindu.com/news/national/india-saw-135445-suicides-last-year/article4849710.ece

日本も自殺が多いことが世界的にも有名だとテレビで見たが、インドもこれほど多いとは驚いた。

失恋や競争社会が主な自殺原因だと言うことですが、インド人の意外な一面が知れた記事でした。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.