当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

中国を超える大気汚染?!深刻な状況に気づかないインド

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/03/20

W205
私たち日本人は、良くも悪くも常に健康に気を遣っています。冬に少しでも風邪をひいたかなと思えばすぐにマスク、手洗いうがいは欠かさない、そして花粉の季節になったらいつでもマスクは欠かさない。

それもマナーのひとつになっている、日本人にとっては当たり前のことなんでしょうが、海外へ行くとその行動ひとつひとつが非常に珍しいものだと思えてきます。

今やすっかりお馴染みのキーワードになった大気汚染の指標のひとつPM2.5ですが、それ専用のマスクも売られており、日本側での対策は万全かと思われます。

中国よりもひどいインドの大気汚染

先日、中国で非常に数値の高いPM2.5が出て、日本側まで影響が出るのではないかと心配されました。今やそのPM2.5はリアルタイムで各国の数値を知ることができます。

大気汚染の代名詞として有名な中国、それと並ぶぐらい、いや、もっと深刻な状況になってきているのがインドです。

中国を抜くか抜かないか、という発展状況にあるインドで私は暮らしています。バンガロールという都市にいますが、その大気汚染はひどい、のひとことです。

快適になった代わりに失ったものは

私が住んでいる場所の近くに工場などはないものの、高度成長で至るところに高層マンションの建設が進んでおり、大型トラックが細い道を行き交います。

また中流階級が増えている一方で、どの家庭でも一家に車が一台の現状が起こっており、ただでさえ舗装されていない道路がパンクするほどの車やバイク、バス、トラックが通っています。

それらが吐き出す排気ガスはもちろんですが、加えて昨今のトレンドであるモール文化も重なって、そこら中にショッピングモールを建設している始末です。もちろん、生活自体は昔に比べて随分快適になりましたが、その代わり、空気が汚くなりました。

至るところから、埃、砂埃、花粉もついでに加わって、相当なものです。バンガロールはインドでも標高が高く、涼しく緑の多い別称ガーデンシティですが、そのガーデンシティは今や大気汚染で砂埃をかぶっている有様です。悲観せずにはいられません。

調べてみて驚いたのが、インドの首都デリーでは中国よりももっとひどいPM2.5が出ているのです。世界ワーストと言われるその状況、どうでしょうか?他のインド都市にも同じような影響が今後出てくることは間違いありません。

マスクが普及すればいいのに

それでも日本のようなマスク文化はインドにはほとんどありません。バイクで通勤通学をしている大人や子供達の大半がマスクをしていないのですから。

そういう習慣がないのもありますが、現状を見る限りでは、マスクをつけるのは必須だと思います。そして、インドに住んでいる者として、この問題をもっと深刻に捉えていかなくてはならないと感じています。

このような大気汚染の状況を世界の人々はどう思っているのでしょうか。

経済成長の一方でこのような状況は避けられないかもしれません。日本もかつて大気汚染が国の問題になっていたころのように。
デリーの大気汚染はひどいです。ある場所ではPM500を超えていますから。
マンションに住んでいますが、家の前には主要道路があるので、バルコニーが散々なことになっています。
家が近いので子供を徒歩か自転車で学校に通わせたいが、埃っぽくてすぐに目を痛がるので、車で送迎している。もちろん車が多すぎて危ないというのも一因ですが。
燃料の質が悪いことや、自動車の排気ガス、交通渋滞、が主な理由だと思う。1人当たりの温室効果ガス排出量は低いものの、汚染状況は中国、アメリカに続く世界でワースト3に入っている。ヨーロッパ人に比べて肺の機能が30パーセントも劣っているそうだ。
道路は歩けない。車で移動します。バスもダメ、窓が開けっ放しで埃が入って来るので乗れない。
交通渋滞がひどいので、バイクで通勤することにしたが、これも大気汚染がひどく、会社に着くまでに臭くなっている。
車のない労働者は建設現場までトラックの荷台で移動するか、徒歩で通っているが、普通の人が道を歩くのは無理だと思う。
インドだけを責められない。
インド人の健康が心配だ。
知り合いにも喘息で悩んでいる人が多くなってきた。
デリーの近郊都市のグルガオンも大気汚染がひどい。先日は向かいのビルも見づらいほど、ひどかった。
インドでは正直言って道路を歩けない。車に乗って目的地まで行って、そこに滞在し、また車で帰ってくる。外には極力出たくない。
大気汚染を懸念して、車通勤を止めて自転車で通勤している。
学校でも大気汚染や環境破壊についてよく議論する。
デリーでは大気汚染による死亡や疾患が100パーセント増加すると報告されています。
この状況でみんながマスクをしていないのが不思議。
この環境汚染を減らすには政府も動かないといけないけど、市民も汚さないように意識すべきだろうな。
化学薬品会社でも、大きい会社がインドには多いんです。それにインドの主要産業であるステンレス鋼を作る過程でも大量の汚染ガスが排出されるんです。
調理に木炭や木製のストーブを未だ使っている家庭が多いのも原因か。

経済発展の裏には大きな代償があります。高度成長をすでに遂げ、現状維持の日本とは反対に、今後ひどい健康被害が出てくる可能性があるインド。

この状況を見過ごすことはできませんが、それ以前に私たちがいかに快適な環境で生活していられるかが実感できるのではないでしょうか。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/indiahome/indianews/article-
2625247/Delhi-pollution-deaths-soar-100-cent-1991.html
http://aqicn.org/city/delhi/r.k.-puram/
http://aqicn.org/city/beijing/
https://in.answers.yahoo.com/question/index?qid=
20080129164057AAk9yk7

中国の大気がひどいのは有名だけど、インドも中国並に汚れていたなんて知らなかった。インドの経済発展もものすごいが、IT関連での伸びで中国のように工場が増えているわけではないから大気はそれほどでもと思ったけど大間違いらしい。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年3月21日 2:55 AM

    発展途上国の環境汚染は中国はまだマシな方だろ
    ニュースじゃ一番話題になるのは中国だけど

  2. 日本の名無しさん
    2015年3月21日 6:40 AM

    安い電気系のバイクや車の普及は、エコだし燃料費の節約に役立ちそう。
    それと太陽電池付きの車やバスは、赤道に近い国々ではクーラー用電源等に最適!!

  3. 日本の名無しさん
    2015年3月21日 6:57 AM

    あと大気汚染が酷いのなら、EV車に空気清浄機も付けても良いかも。
    (本当は工場の排ガスを何とかすべきなんだけど…。)

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.