当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【インドのオネエはたくましい!】迷惑をかけてお金を要求してくるヒジュラとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/08

11082
日本でも、あるドラマを境にこのキーワードが世間に広く認識されるようになったのではないでしょうか。それは「性同一性障害」というもの。今から10年以上も前になりますが、テレビでドラマ化するということは、すでに一般の人の中では認識がある程度あったのだと思われます。

そして現在の日本では、おねえキャラも通常の言葉として定着しており、私たちがトランスジェンダー、つまり性同一性障害を第三の性として捉えることは普通です。

法律的には、家庭裁判所を通して、性別の変更もできるようになっているとのことですから、トランスジェンダーの人達にとっても日本は生きやすい場所になっているのではないでしょうか。

卑下侮辱は続くインドの性同一性障害 触ってはいけないカースト並みの扱いとは?!

インドのおねえはたくましい

インドで性同一性障害者、いわゆるトランスジェンダーの人達を街のそこら中で見かけます。どこでかと言うと、交差点です。停車中の車を捕まえて、お金を要求しているのです。女性が着るサリーを身につけ、お化粧も派手に仕上げたかなり違和感のある女性と化したトランスジェンダーが、勢いよく車の方へ来ます。

そして、そのほとんどが容赦なく、閉まっている窓ガラスをドンドンとしつこく叩き、お金をもらい渡ります。またマーケットでは店をひとつひとつ周り、店主からお金をもらいます。店主としては、商売の邪魔になるので、毎回1-2ルピーを渡して退散してもらうことがほとんど。

調子に乗ると毎日5回以上現れて、1か月に換算すると、商売にもマイナスになっているのだとか。しかし、そうでもして追い払わないと、店の中をぐちゃぐちゃにするトランスジェンダーもいるらしく、非常に困っている店もあるのだそう。

ただでさえ、性に関しては宗教上の理由もあって、かなり厳正に規制されているインド。つい最近でも学校での性教育を禁止するととある政治家がうなったそうですから、インドが性についてオープンになることはまだまだずっと先、もしくは永遠にないかもしれない、それぐらいの域なのです。

しかし、生まれた時から持っていたものだとして性同一性障害となっている人にとっては、残酷な現実です。インドでは200万人のトランスジェンダーがいますが、その人達は一般的にヒジュラと言われています。

トランスジェンダーの厳しい現実

インドの独立前のあのカースト制度の中に、触ってはいけないと言われるダリットカーストが存在していましたが、このヒジュラたちは正にそんな扱いを受けているのではないでしょうか。彼らの仕事は、歌を歌ったり、踊ったり、物乞いしたり、売春したり、その程度で、教育面や制度面でも枠から除外されているようなものでした。

それが2014年の4月に変わったのです。それはトランスジェンダーを第3の性として認めるというもの。日本では第3の性はありませんが、2007年にはネパール、2013年にはバングラディシュで認められています。

そのような流れも重なってインドにも大きな動きが出たのです。これまで、生活する上では欠かせない身分証明書の発行もトランスジェンダーは受け付けてもらえませんでした。役人からの必要以上の質問や、賄賂などの要求もあるのでしょう。

ですが、第3の性が認められ、様々な手続きに、男性、女性、そしてトランスジェンダーが加わり、学校や会社の受験枠も広げられる、などと期待されています。先日もトランスジェンダーとしてインドで初めて運転免許証をもらったという女性のことが新聞の記事になっていました。

・・・でも待ってください。世界は2014年、それでもインドで初めてになっているニュースなんです。と言うことは、これまでのトランスジェンダーとは一体何だったんだと思われるでしょう。きっと人間としてまともに扱われていなかったんだなと言うことはインドの厳しい状況を背景に容易に想像できますね。

それではこのインドのヒジュラ、性同一性障害の人々について世界はどう思っているのでしょうか。

道路でお金をせびってくるヒジュラ集団はタチが悪いのが多いです。
交差点でヒジュラが来ても、基本は無視します。でもお金をあげないと窓を思いっきり叩いてくるので困る。
能力があっても、それ以前の段階で社会から拒絶されてしまう仕組みはよくない。
どこへ行ってもまともに相手にされていないインドのトランスジェンダーがかわいそう。
トランスジェンダーでも有名なMCがいて人気。でもその人はインド国外で教育を受けて、インドに戻ってきてテレビ関係で働いている。もちろん少数派。でもかなり画期的だと思った。
インドでは性に関するタブーを始め、いろんなことがオープンではない。
西洋文化に随分と影響を受けているインドの都市なら、タブーであるトランスジェンダーも受け入れられやすいかもしれないけれど、社会的な地位はないに等しいですね。
先日の第3の性が認められたのはインドにとってはかなり大きい問題です。
他の諸外国と比べるとどうしても社会の動きが遅いような気がする。
ヒジュラには触りたくないし、触られたくないからお金を渡している。
トランスジェンダーが身分証明書を手に入れるまでに、受ける差別はひどいものだと思う。
どんな人にも均等な雇用機会を。
ヒジュラは正直なところ、社会から軽蔑されている対象のひとつだと思う。仕事ができる受け皿があるわけでもないので。
ヒジュラを問題にしているより、ムンバイ人口の半数以上が貧困層だと言うことが問題だと考えろ。
子供も大人も老人も、トランスジェンダーも物乞いばかりだ。
トランスジェンダーはインドでもまだタブーの域です。
ハリウッド映画ならぬ、ボリウッド映画(インド映画の総称)の影響でトランスジェンダーの見方も随分変わってきたと思う。
全ての人が男性か女性かとは区別できないものです。
第三の性を認めて、それらをサポートするって言うけど、もっとサポートしないといけない人がたくさんいるだろう。
トランスジェンダーも含めて、性に関するタブーが多いから、逆にレイプなどの犯罪が増え続けているんじゃないだろうか。

日本とは一味もふた味も違った問題を抱えているインド。その内容のほとんどが政府の汚職や性へのタブーで起こっています。そして人間として扱っていないケースがとても多いです。私たちの国、日本と比べると、その深刻さは歴然ではないでしょうか。

(注)インドでは、異性装や同性愛によって、性的快感に耽り続ける人が、去勢や、性ホルモン剤の使用や、性転換などに走ると、ヒジュラと呼ばれますが、ヒジュラになると、カーストから落ちこぼれて、自分から、カーストに適応できずに、生まれ育ったカーストを出て行きます。

(参考)http://timesofindia.indiatimes.com/india/Supreme
-Court-recognizes-transgenders-as-third
-gender/articleshow/33767900.cms
http://www.bbc.com/news/world-asia-india-27031180
http://www.dailymail.co.uk/indiahome/indianews/article
-2608653/The-recent-Supreme-Court-decision-recognise
-gender-extremely-belated-welcome-move.html
https://in.answers.yahoo.com/question/index?qid=1006022004132
http://bangalore.citizenmatters.in/articles/
1099-hijra-extortion-in-jp-nagar
http://www.timeoutbengaluru.net/gay-lesbian/features/beg-deal
https://in.answers.yahoo.com/question/
index?qid=20101019031831AA8PRvl
https://in.answers.yahoo.com/question/
index?qid=20100807224816AAqdFmy
http://timesofindia.indiatimes.com/india/By-the-way
-whos-a-transgender/articleshow/33840547.cms
http://www.theguardian.com/society/2014/apr/16/
india-third-gender-claims-place-in-law

第3の性として認められているなんて日本から見るとなんだかとても進んでいるように思える。しかし、閉まっている窓ガラスをドンドンとしつこく叩き、商売の邪魔をして小金を稼ぐのはとても迷惑だ。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年11月9日 12:32 AM

    >>(注)インドでは、異性装や同性愛によって、性的快感に耽り続ける人が、去勢や、性ホルモン剤の使用や、性転換などに走ると、ヒジュラと呼ばれますが、ヒジュラになると、カーストから落ちこぼれて、自分から、カーストに適応できずに、生まれ育ったカーストを出て行きます。<<


    管理人もコメント翻訳の認識も、いろいろ間違ってます。
    ヒジュラは不可触民と言う被差別階級としてヒンズーカーストに組み込まれている社会的集団であり、一応ヒジュラだけに許された文化的社会的な役割もあります。同じ不可触民階級内でヒジュラになったところでカースト上の変化はあまりありませんし、言われているような上位カーストの人間がカーストを捨ててヒジュラになるケースはほとんど無いと考えたほうがいいでしょう。
    管理人やコメント欄で言っているような日本のオネエに当る人は、インドでは厳密にはコティと呼ばれ、ヒジュラとはまた別に存在しており、カースト制とはほぼ関係なくヒジュラのように社会的なグループとして集団生活しているわけではないです。インド以外の国の同一性障害者と共通視するならコティのほうでしょう。
    ヒジュラはヒンズーのカースト制度に最初から組み込まれている集団であるため、他の国の性同一性障害と同じに考えるのは間違いですね。

  2. 日本の名無しさん
    2014年11月9日 3:13 AM

    >子供も大人も老人も、トランスジェンダーも物乞いばかりだ。

    イギリス人がインドを植民地にした時に、学校を建てて底辺まできっちり教育を行き届かせておけばこんなことにはならなかった

  3. 日本の名無しさん
    2014年11月9日 4:14 AM

    ヒジュラは、子供の生まれた家に呼ばれて歌い踊ってお金をもらっていた。

    その歌「赤ん坊の前世の罪を、我が身に移したまえ」
    という歌詞が、彼らの役割を物語っている。
    歌舞の報酬を値切ると災いが訪れるとかで、高額な言い値が支払われる。

    昔のヒジュラは、生まれつきの両性具有の人達だった。

  4. 日本の名無しさん
    2014年11月9日 4:04 PM

    逮捕しないのだから、なあ…
    女が強姦されても殺されても…とおなじやん?

    ヨー国連さんよー人権問題とかどないなっとんかなあ。ってね。

  5. 日本の名無しさん
    2014年11月30日 10:27 PM

    既にコメントされているけど、これはヒジュラについて意図的に違って書かれていると思った。
    ヒジュラには社会的に与えられている仕事があり、物乞いするのは別の問題。
    第3性と言う区分もゲイリブがうたうようなものではない。

  6. 日本の名無しさん
    2015年1月5日 8:55 PM

    まるで同性愛者差別を持ち出して言いがかりをつける常習犯の、
    差別を飯の種にする在日コリアン同性愛者プロ市民のゲイリブみたいで迷惑ですね。

    そういえばおいおいホモで在日のゲイリブは、
    同性愛者差別や性的マイノリティの人権や、LGBT権利を叫んでばかりだが。
    日本でセクシャルマイノリティ犯罪者が起こす事件で、同性愛者犯罪加害者の逮捕が増え続けてるじゃねえか!

    浅山克己の連続放火殺人事件や品川のレズビアン殺人事件。
    三度も逮捕された声優のアイコによる睡眠薬を使った昏睡強盗事件。
    福島のレズビアン刑務官の高野舞の交際相手の親族に暴行した事件。
    江東区白河の自宅で覚醒剤を使ったホモ乱交パーティーを開いていた朝日新聞のゲイ記者が逮捕された事件。
    NHKのホモディレクター迫間が違法薬物ゴメオで逮捕されて保釈後に再び覚醒剤所持にて再逮捕。
    これら以外にも性的マイノリティLGBTが起こす犯罪が増加してるぞ!
    無責任なゲイリブは同性愛者や、
    性的少数者の権利や差別及び人権を主張する前に、
    増え続けているセクシャルマイノリティ犯罪者及び同性愛者の犯罪加害者を野放しにするのではなく、
    増え続けているLGBT犯罪者加害者を減らすために、
    何か対策を考えるほうが先だ。

  7. 日本の名無しさん
    2016年7月29日 1:12 PM

    其より何より日本で客から法外な高額料金を取りながら平気で凌辱暴行強姦、人権侵害してるSMクラブのニューハーフのドエスな女王が一番許せねえ男女の👫でき損ないの癖に今直ぐ死んで欲しいどうせ奴ら脳に蛆湧いてるだろう情けない😭酷いウザイ邪魔臭い疎ましい鬱陶しいムカつく👊😠虫酸が走る本当に

  8. 日本の名無しさん
    2016年7月29日 1:17 PM

    正直な本音奴らのしてる事は列記とした犯罪だ遊びなら何でもあり、しかも客から法外な高額料金を盗みながらしてる事は己が客に肉体奉仕させて、独りよがりに楽しんでる此って人として最低最悪だろう素直に考えりゃあり得れんだろう何様だふざけるな

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.