当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【画像あり】犬と結婚すれば悪魔を払える!18歳の女性が犬と・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/29

W297
犬
メトロ紙とヤフーニュースによると、インドで18歳の女性が犬と結婚式を挙げたということです。

あり得ないニュースですが、このインドのジャールカンド州郊外の村では、まず犬と最初に結婚して悪魔を払うという習慣があるそうで、この女性の犬との結婚も村の掟で両親の希望により決まったことだそう。

犬と結婚??

女性の名前はマンリ・ムンダさんで、結婚した野良犬の名前はシェルだそうです。

結婚式はちゃんとしたヒンドゥー教に則ったもので、本人のムンダさんはまったく幸せそうでないものの、母親は彼女の不幸を防ぐためにはこうするしかないと言っているそうです。

いったいムンダさんはどうして犬と結婚しなければならなかったのでしょうか。詳しくは記事にはかかれていませんが、どうやらムンダさんが呪われていると両親や村の人たちは思っているようですね。

本当に犬と結婚する習慣があるのか?と不思議に思って調べてみたところ、どうやらいろいろな国で猫や馬やいるかや犬と結婚した人たちの話があるようですね。

実際に動物が好きで結婚する人たちもいるようですが、インドでは確かに習慣として存在するようです。

何人かの若いインド人が悪魔を追い払うためなどで犬と結婚していますが、犬と結婚したからといって一生犬と一緒にいるわけではなく、その後人間と結婚することが認められるそうです。現在の日本では考えられない風習ですよね。

この驚きの記事には様々なコメントがよせられています。

だから私は何年もゲイの結婚は歯止めをきかなくすると警告しているんだ。ゲイの結婚が人間―動物の結婚を導いた。
たぶんこれはそんなに悪くない。少なくともその犬が忠誠心があって、彼女を愛し彼女に向かって吠えたりせず、ごはんを食べるだけで何も期待しないなら。

人間の夫婦の場合そんなもんじゃないよね?彼女は人生の大半を家事をして子供をしかったり、貧困にあえぐ生活をすることに費やすんだ。わたしなら、犬を選ぶね。

これは間違いなくおかしなニュースだよ。とりあえず新婚夫婦の幸せを祈るよ。
そして彼らはずっとその犬をロープでつないでおくのね。負け犬ども。
その犬はきっと小さな情けない男よりかは良いだろうさ。それに彼らはまるでねずみのように繁殖するから、もっと産児制限が必要だよ。
↑病的だね。私は好きだけど。
インドでは結婚についてよく占星術師が助言する。その人の生まれもった星によって、占星術師が悪い結婚や配偶者の早い時期の死亡を予言するんだ。そのような早期の死を避けるために最初に動物や動物でさえないものと結婚する。もちろんその結婚はただの見せかけで、簡単な式典が催されるだけ。

そのおかげで悪い運命が最初の結婚相手の動物に向かって、その次に結婚する人は大丈夫だから誰とでも結婚できるというわけだよ。私の親戚の一人は「マトカ」と結婚させられた。……鉢だよ。でもそれは全然助けにならなかったみたいで、その人は2回離婚したけどね!

↑わお!情報が市民からくるなんて!最近はすごいな。
↑情報ありがとう、でも言わないでいたほうが良いこともある。
私は、他の国のいろいろな文化を尊重しなければいけないと思う。もし彼女の家族がそれを彼女にとって最善だと思ってやったなら、私たちはそれを認めてあげる必要があるね。でもひとつだけ質問がある…どうやって結婚生活を完成させるの?
↑犬のスタイルで?
↑あ~あ。そのようなコメントがなぜでないのかなと思ってたらほらでた…
決められた結婚には反対で、たくさんの国では決められた結婚をした後に離婚することは簡単なのに離婚率は低いのだよね。、誰が批判できる?決められた結婚の離婚率は5%、そして自分で決めた結婚の離婚率は50%。

この犬との結婚はどうかな?これは彼女の最初の夫が死ぬと言われているから、両親はその死を犬と結婚して犬に移すことによって避けようとしている。大体そのようなことはうまくいかないけどね。

↑君からヒンドゥー教の教えについて聞けてうれしいよ。
↑発展途上国で決められた結婚でずっと離婚しないでいるのは、女性がよく扱われていたり、彼女たちが幸せだからじゃないよ。
↑君はメディアからの情報で他の国の内情を判断しているね。それは他の国の人たちがテレビで「セックス・アンド・ザ・シティ」や「ジェリー・スプリンガー」をみて私たちアメリカ人を批判することと同じだよ。
これは億もあるインドの闇の部分の一部だね。何年か前、男が妻となる人の不幸の身代わりにロバと結婚したよ。
娘を犬と結婚させるなんて、おかしいし、児童虐待だよ。でも西部中央の強姦や娘殺しに比べたらましだ。1500年前に君たちの祖先はマホメットの成功者としての違った選択をしたんだ。
彼女の不運はこんなばかな親に生まれてきたことだと思う。
私は動物愛護者だけど、この話はかなり笑わせてくれたね。今まで聞いた中で一番おかしい。彼らの文化の中ではこの見せかけの結婚をすることが当たり前で、彼女は犬と不道徳な行いはしていないでしょ。

私だって役立たずで私を大事に扱ってくれない男と結婚するより愛犬と結婚したい。少なくとも犬は私を無条件で愛してくれるからね。ははは!

インド人からの実際の情報もあり、インドでは世界のニュースになっていないだけで、さらにたくさんの動物や物との結婚が行なわれていることを知りました。

世界中には様々な文化があって、情報化され、ハイテクになった現在でも郊外の村では面白い風習が続いているのですね。また、インドはヒンドゥー教徒が多いということも関係しているように感じました。

そのようなインドの風習への批判は多かったのですが、面白い記事として感じている人も多かったです。

不思議な風習ですが、日本でも昔の伝説や御伽噺などでは動物と人間の結婚についての話がたくさんあります。その土地の経済成長やハイテクノロジー化によって消えていくものなのかもしれませんね。

まだまだインドには聞いたこともない話や、日本ではもう身近として感じられない伝説のような話がたくさんありそうです。探してみてはいかがでしょうか。

(参考)http://metro.co.uk/2014/09/03/girl-18-marries-a-stray-dog-from-
her-village-in-india-to-lift-curse-4855359/
http://news.yahoo.com/blogs/oddnews/woman-in-india-marries-dog-to-
ward-off-evil-194029727.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Human%E2%80%93animal_marriage

犬と結婚すると言ってもその後ずっと一緒にいないなら結婚の意味がないんじゃないだろうか?犬と結婚するとなんで悪魔払いになるかわからないけど、こういう習わしを毎回誰が考えるんだろう。初めに言う人はバカにされないのかな?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年5月29日 11:01 PM

    「なに!若い娘が飛び降りただと!して理由は!?」
    「姑による嫁いびりでございます。なんでも嫁が来てから不幸の連続で、呪われてるとご近所に吹聴して回り、ついには仲の良い友人にまで嫌われてということです」
    「なんとかせい!占い師よ!」
    「はっ!」

    「うちの嫁は呪われている!」
    「そちは儂が皆の前で犬に呪いを移したというのが嘘と申すのか!」
    「それは…ええと、とんでもございません」
    「ならば虚言はやめよ」

    そんな流れだろ、しらんけど
    人は優しい生き物なんだよ、だから繁殖し増え続ける

  2. 日本の名無しさん
    2015年5月30日 12:16 AM

    同じように木と結婚したって話をテレビで見たぞ

  3. 日本の名無しさん
    2015年5月30日 3:49 AM

    犬ですら結婚したと言うのに、俺は…

  4. 日本の名無しさん
    2015年5月30日 5:59 AM

    八犬伝の八房と伏姫の話は、この辺がもとネタという事か?
    日本にも古代にはこうした価値観があったかもしれんが、どんどん廃れて江戸の頃には可笑しな話になったみたいな?

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.