当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】さすがインド人!レーサーが車で壁を登る?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/10

w143
日本では夜な夜な峠のあたりで、腕に自信のあるレーサー達のカーレースが行われます。それはそれは危険な運転であると言われていますが、、、しかし、世界を見渡せばそんなのが子供騙しの遊びに見えるように思わされる国があるのです。

その国の名は「インド」。インドのラジャスタンで車とバイクで壁をぐるぐる回るという曲芸が行われました。しかも、車、バイクに乗っているレーサー達に死を賭けてやっているというような真剣な感じはあまりなく、ただ、楽しそうに車とバイクで壁をぐるぐると回っているのです。

まるでサーカスのようです。たくさんの聴衆がいるところを見ると何かのイベントなのかもしれません。これは、さすがインドやってくれました!!と言わざるを得ないでしょう。

やっぱわが祖国インドだな。さすがとしか言い様がないね。
これはおもしろいな~~爆笑!!
すげえな~~まさに命を賭けた演出。
このおっさんが差しだしている金はたったの10ルピーだよ。この車のナンバープレートはインドのウットラプラデッシュ州てところなんだよ。これは、インド全土で見られる祭りだよ。
これはガチで危ないんじゃないの?!馬鹿だろ。
すっげえ格好いいわ、これ。
誰かこのビデオでかかってる音楽知ってるかい?!
でもこれ、この壁から降りるときにどうやって降りるのかな。どうやって止まるのかな?!
ニュートンの法則。
クレイジーなインドの運転手。僕らからするとそれだけのことだよね。
これインド発祥だと言いたいの?!こういうショーはいろんな国で見られると思うよ。インドに限った話ではない。まあただインドの道路のルールのなさは、インド特有なのは事実だけどね。
地獄の遊びだろうね。
てかヘルメットくらいつけようぜ。安全第一!!てまあそんなことインド人に言っても通じないかな。
まさしく狂気だな!!
驚くべきインド!!インド行きたくなってきたわ。
バイクで壁を走るのはまだ少しは理解できるけど、まあそれでも理解できないけど、車で同じように壁を走るっていうのはどうしても理解できないよね。
これがインド精神だ!!よく見ろ!!
こいつら毎日練習してると思うよ。そうでなきゃ、なかなかこんな芸当はできないからね。
これさインドの小さな町とかインド国内全土でされてる祭りなんだよね。一人あたりの保険金は50ドルくらいじゃないかな。
これがインドで行われるのは間違いないよ。彼らはヒンディー語を話してると思われるし、、、。
タイでも昔はこういうことしてたよね。今はしてないけどね。やっぱり人の命が高くなったからじゃないかね。まだインドだとできるみたいだろうけど、近い将来なくなる気がするね。
インドがベスト!!
もしこの動画をニュートンに見せたらどんなことを言うだろうね。
重力から自由な様に見えるね。一体どうなってるんだろう。
僕が小さかったときはよくこのショーを見に行ってたよ。そういえば、回転してる時にドライバーが交代してたりもしたな。あと、チップとしてお金を投げるんだけど、それが着地する前にドライバーが受け取ったりもするんだよね。こういうことがインドでは見られるよね。ほかの国ではどうなのか知らないけどね。
このショーに3回行ったことあるよ!!これはインドだよ。
インド人、運転上手いな~さすがだね、彼らは日常的に普通の道路でもすっごく難しい運転を要求されてるわけだから、こんなの朝飯前なのかもね。
これがインド人のモットーだよね。
パキスタンに旅行に行った時にも同じようなショーを見たよ!!
こういうのやる奴ら大好きだわ。
これは今ではインドだと禁止されてるよ。まあただインド、とくにムンバイだと普通の道路でもクレイジーな運転手なんて山ほどいるわけだからね。なんの不思議もないよね。
こんなことやってたらいつか怪我するに違いないよね。
これが僕たちの街中でのドライバーライセンスを取るのに必要なスキルだよ。
子供のときに同じのをパキスタンで何回も見たよ。
どうやったらこんなことできるようになるんだろうね。
これは馬鹿げてるとしか言い様がないね。狂ったインド人の遊びだよ。ちなみに乗ってるバイクはSUZUKIだね。
これは狂ってるとしか言いようがない。
僕の物理の先生にこれを見せたんだけど、これ信じれないようだよ。
これはインドじゃないと思うんだけど、同じのをイスラエルで見たよ。30年前にね。
しかし、この人たちは車をどうやって中に運んだのかな?!クレーンなのか、自力で中に入ったのか?!
インド人頭おかしいね。理解できないよね。
すっごいこれは印象的だね。とりあえずこのインド人ドライバーたちはスリルを感じたいんだろうね。
インド人は危険か安全かなんて気にしないんだよね。ただ、このビデオは本当におもしろい、拍手!!
このショーの名前wall of death 「死の壁」ではなくてさwell of death「良い死に方」の方がいいんじゃない。
これってプレイステーション5のゲームかなんかですか?!
このドライバーを昔やってたんだけどさ、あんまりお金をもらえなかったんだよね。ただ楽しいからやってたようなもんだよ。
みんな、これをクレイジーって言ってるみたいだけどさ、インドの道路見てみなよ。それ見たあとにこれ見てもあんまり驚かないかもね。

海外の反応にも見られるように、やはり、このインドのショーは海外の多くの国の人にとっても非常識なものであるようで「クレイジーだ!!」という反応が大半でした。

しかし、いくつかの反応にもあったようにインドの普通の路上もこのショーと同様にクレイジーであると言われているところからみると、やはりインドは我々からするとありえないことが普通に起こってしまう国であるのはたしかなのではないでしょうか。

クレイジーな国インドよりお届けしました。

動画見たけど、アクション映画の1シーンかと思った。このショーをやるためにわざわざこの壁を作ったって考えると、なんかウケるww新たな観光名所になるかも!

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年2月10日 9:38 PM

    インド人を右に!

  2. 日本の名無しさん
    2015年2月11日 8:36 AM

    カリオスカトロ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.