当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

DTは鼻血注意!ドイツのサウナが刺激強すぎて全員ビショビショ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/09/14

W621
皆さんはサウナは好きですか?あつ~いサウナで汗をたくさん流すとスッキリして気持ちがいいですよね!日頃の疲れを癒してくれる、そんなサウナがドイツでは大変なことになっているのです…!

驚きのドイツのサウナ事情

にわかに信じがたいことかもしれませんが、事実なんです。日本でもサウナは普通裸で入りますよね。温泉に併設されていることも少なくないので、そこまでは理解ができますね。

しかし!ドイツではその場に男性も女性も一緒に裸でサウナに入っているんです!しかも、水着着用が許されていないとはさらに驚きです。“健康的な理由 ”で禁止されているようですが…、血流とか発汗に何か関係するのでしょうか。

ある女性は旦那さんとドイツでサウナに行くことになって、見知らぬ男性がいるサウナに入ることに躊躇していると「チキンなのか?」と言われて、凄く嫌な思いをして入ったはいいものの、ずっと目線はドアに向けていたそうです(笑)

目のやりどころにも困っちゃいますよね。暑さでも勿論ですが、慣れるまでは変な汗もかきそうです。

私も一度ドイツ人にサウナに誘われたことがありました。その時はサウナの気分でもなく、荷物を作るのが面倒だと思ってしまいお断りしたのですが、この事実を知ったのは帰国後のこと。

あの時誘いを断らずにのこのこととついていたらと考えるとゾッとしてしまいます(笑)。行かなくて大正解でした!

サウナの中はギュウギュウ詰め!?

異性がいるだけでも入る勇気が必要ですが、更に中はとにかく沢山の人がいるんです。想像してみてください。ムンムンのサウナの中、汗を全身にかいた見知らぬ人と密着して座ることは出来ますか?

友達でも家族でも汗をかいた人とくっつくのは、はっきりいって気持ち悪いはずです。それが赤の他人ともなれば厳しいですよね。

更にドイツでは基本15分入ることも考えると、相当忍耐力が必要な世界です!せっかく水着を身に付けなくても、隣の人の肌が密着するとは…。電車でさえ、なるべく隣とはひとつ席を空けて座りたがる日本人には想像絶する空間かもしれません。

サウナの後はやっぱり水風呂!

しっかりと汗をかいた後はドイツでもやっぱり水風呂が大人気!日本ではそれこそ健康的な理由で、一気に水風呂に入るのは禁止されていますが、ドイツではドッバーンと飛び込むのです。なんだか矛盾しているような気がしますが(笑)。

暑くて窮屈な狭い空間から解放されるこの瞬間はきっと最高なんでしょうね!!

海外ではどんな反応があるのでしょう?まずは、反対の意見から。

反対派の意見

笑いが止まらないわ!私もドイツのサウナに行ったことがあるけど、大嫌い!見知らぬ男性の裸を見るなんて本当に信じられないわ!
ははは!そういうサウナがあるのは聞いたことがあったけど、本当に快適かどうかは信じがたいね。
仕事のあとにサウナに入るのが好き!でも男性とは無理よ。
これが嫌で私はスパやサウナには行きたくないのよ。知らない人がいるなかで裸でしかも密着して一緒に座るなんて考えられない。
サウナは好きだけど、そんなところへは行きたくない。
とても面白いと思うけど、ドイツへもし引っ越すなら深刻な問題ね。
ウケる!サウナはたまに行くけど、いろんなのがあるんだね。でも汗をかいた見知らぬ人とくっついて座るのは嫌だな…。
韓国では別々だから凄く楽しめるよ。混合でも水着は着用だね。
私も男性と一緒はムリ!
サウナは好きだけど、女性としかいけない。
僕には無理だな。

共感出来るものがいくつもあったのではないでしょうか?むしろ反対派には賛成派がなぜいるのか分からないレベルかもしれません。ではそんな賛成派の人はどんな理由を挙げているのでしょうか?

賛成派の意見

えー!そんなサウナがあるなんて知らなかった!どれだけ楽しいんだろう!
なんてことだ、この“アイデア”には男がたくさん群がるだろうな。
ドイツのサウナは行ったこと無いけど、トルコのはあるわ。そこにいたのは中年のトルコ人男性だった。とても変な経験だったけど凄くリラックス出来たわ。
凄く楽しそうなのが想像できるね!
超行ってみたい!
ドイツのサウナは何度も行ったことがあるけど、小さいのもあれば、大きいのもあるよ。そして勿論皆裸!でもその光景はまるでディズニーランドみたいだ。サウナの後のビールは最高!
私は夫と毎年きて楽しんでいるわ。裸なんて誰も気にしていないもの
健康的な理由で水着禁止って面白い!一度は経験してみたいな~
私と妻はドイツに行ったらいつもサウナにはいるよ。とても自然体になれて、そこには性的なものはなにもない。

行ったことがなくても、楽しそうと感じる人もいるみたいですね。コメントを読む限りでは周りさえ気にしなければリラックスも一応出来るようですよ!ここではコメントを半々で取り上げましたが、全体的に見ると、賛成は少数派のようです。

あなたはどっち?

皆さんの意見は賛成?反対?どちらだったでしょうか?

海外の反応では「他人/異性の裸を見ること」「汗をかいた中での密着」が反対の要因として多数ありましたが、「異性に自分の裸を見られることが恥ずかしい」という意見が見当たりませんでした。

日本人の私としては、第一にこれが頭に浮かびました。温泉文化がある日本では同性であれば他人の裸にはなんとも思わないですし、異性に関しては先程でた女性のように目線すら反らせば避けられるものなので(笑)。

汗をかいた他人と「密着」しなければならないってことですが、それよりもまず、サウナの中が4,5割埋まっていれば時間をずらしたり、入るのを遠慮する道を選ぶのが多くの日本人に当てはまる考え方かもしれませんね。

賛成の人は周りの他人どうのこうのより「汗をだしてリラックスする」「その場を楽しむこと」に集中しているようです!

興味がある方は是非ドイツ旅行の際にお試しあれ!

(参考)http://monkeysandmountains.com/german-saun

他人なんて気にならないぐらい暑いんじゃないかと思うけど、サウナに入る最初の一歩は勇気がいるかも。密着するぐらい人気なら広いサウナを作ればいいのに。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年9月14日 10:38 PM

    知り合いのドイツ人女性が来日し国内を案内していた際、温泉に誘ったことがある。
    躊躇するかと思いきやあっさり「いいね、OK!」とのお返事。

    温泉にはいった後、感想を聞くと「素晴らしい!岩の上に仁王立ちして月を眺めていたの。すっごくパワーをもらった」というようなことを言ってたw

    施設内のお休み所でビールを飲んでいたのだが、いたく気に入った様子でもう一回温泉につかってくると言い残しいそいそ出かけて行った。

    外人は他人に裸を見られるのが苦手、と思っていたので不思議だったのだが、この記事でなぜドイツ人女性は温泉に平気で入れるのかが分かりました。

  2. 日本の名無しさん
    2016年9月14日 11:10 PM

    だいぶ昔だが、スイス人のCA(とはいえ妙齢の40代なかばくらい)と高山の民宿で仲良くなって奥飛騨の混浴温泉に浸かったが、まるで平気で楽しんでくれた。
    九州の壁湯では老若男女に加え白人のカップルもギュウギュウ詰めで、風呂の中で酒や昼飯を、グループ関係なく和気あいあい楽しんだこともある。

    一方、北海道の露天風呂では興味本位で友達を撮るふりをして裸の女性の前に立って撮影するバカモノも居た。

    こういうのは文化をリスペクトする上で成り立つ。
    嫌悪感や興味本位なら近づいてほしくないし批判も的外れだ。そして悪知恵で利用するのはもってのほか。

  3. 日本の名無しさん
    2016年9月14日 11:55 PM

    ドイツのこれはガチ。ドイツのバーデンバーデン行った時、スパの上の階にサウナがあるのは知ってたけど、ドイツのサウナは裸でっての知ってたんで外からちょっと見たら後ろ姿のマッパの白人男性と、プールサイドにありそうな白いリクライニングチェアでくつろぐ全裸の男性が居て引き返した。ギュウギュウかは時間帯や曜日によるんじゃない?二人しかいなかったもん。
    スパによっては曜日で混浴か性別限定か分かれてるところもあるよ。
    北欧3カ国は北極圏超えたらサウナある場所おおくて水着かタオル巻いてよく入ったよ。ハンガリーの温泉もお気に入り。

  4. 日本の名無しさん
    2016年9月15日 12:42 PM

    で?ギュウギュウのナチ野郎共のサウナにガス送たのか?あ?

  5. 日本の名無しさん
    2016年9月15日 3:47 PM

    こりゃSODて企画進行中やな

  6. 日本の名無しさん
    2016年12月6日 8:16 PM

    4 こういう差別主義者本当に恥ずかしい。 お前みたいな恥晒しは日本から出るなよ。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.