当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

推定200億円!?ポーランドに眠るナチス・ドイツの隠し財宝

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/03

W391

ナチス・ドイツが第二次世界大戦中に奪略した金塊や宝石を満載した「黄金列車」があるという伝説があります。最近、ポーランド国内でこの黄金列車発見の情報が発表され、大きな話題になっています。

本当にある?ナチスの財宝

「ナチスの金塊」などの著作があるイギリスの作家トム・バウアーは、黄金列車には金塊と共に、芸術品、財宝などが満載されている可能性を指摘します。

この中には1941年にソ連のサンクトペテルブルク近郊のエカテリーナ宮殿から奪略された「琥珀の間」も含まれているようなんです。

この琥珀の間は1716年にフリードリヒ・ヴィルヘルム1世国王(昔のドイツ国王)がピョートル大帝(旧ロシアの皇帝)にプレゼントしたものなのです。

08
財宝の中身は金塊や絵画、ダイヤモンド、ルビーなどの宝石などとされ、総額で200億円以上とも推定されています。

ナチス・ドイツが奪った琥珀の間は、東プロイセン(旧ドイツの飛地領、現ロシアの飛地領、琥珀の世界有数の産地)のカリーニングラード市のゲオルゲンブルク城に移設されていたことは確認されています。

公式にはイギリス軍の爆撃で消滅した事になっていますが、1945年1月にこっそりと別の場所に持ちだされたという証言も残っているんです。

09

見つかる可能性99%!!

今回、発見される可能性が高いとされる場所はポーランドのヴロツワフ市からヴァウブジフ市につながる鉄道線路の近くです。戦時中にこの隠蔽に関わったとされる元兵士が遺言として宝の場所を2人のトレジャーハンターに話をしたのです。

トレジャーハンターらは早速その証言に基づき調査を行い、地下のレーダー探知機で車両らしき影を発見しました。2人は弁護士を通じてポーランド政府に取得物の報告を行いました。

もし本当に財宝が発見されれば、このトレジャーハンターには取得物発見者として10%の謝礼が支払われるそうです。

10
ポートランド政府も本格的に調査を行おうとしています。ポピョートル・ジュコフスキー文化副大臣は、財宝は99%の確率で存在すると明言しています。

財宝があるとされる場所は秘密にされるはずでしたが、ポートランド国内はもちろん、海外メディアや野次馬が多数押し寄せています。旧ドイツ軍が仕掛けたブービートラップが存在している可能性もあるので、発掘は慎重に行わなければなりません。

11
このナチスの黄金列車発見か?との報道には世界中の注目を浴びており、インターネット上には多くのコメントが寄せられています。

とても興味深い記事ですね。
この黄金列車の話はとても信ぴょう性がある。
現在のエカテリーナ宮殿の琥珀の間はレプリカなんだよね。知っている!?
長年の謎が今解き明かされるか!?
もしこの黄金列車が発見されたら、これって絶対にポーランドのものですよね。ロシアやドイツが返せと言わなければいいけど。
ナチス・ドイツは先の大戦中にたくさんのものを奪略したからなぁ。
まだポーランド政府から調査の進捗情報が発表されないの??とっても関心があるんだけど。
もしこの場所で琥珀の間が発見されたなら、ロシアに返却してほしいです。
琥珀の間って小さいの?それとも部屋ごと移動したの?
面白いことを言うね(笑)琥珀の間の中の宝石や絵画、装飾の内装パネルなどを分解して運んだのさ。
この発掘にはヒストリー・チャンネルも加わって、その発掘の様子をドキュメンタリーとして報道して欲しいです。
大賛成!歴史的な発見をしっかりと公開して下さい。誰かの不正資金なんかには絶対にしないでね。
盗掘が行われないように、しっかり警備してくださいね。
私はあの琥珀の間の財宝を奪ったのは実はソビエトの赤軍だと思います。彼らは実を書き換えるのが得意だから・・・
クライブ・カッスラー(アメリカの冒険小説家)の小説の中の話みたい。
もし発見されたら世界的なビッグニュースになるぞ!!
今回発見が噂されている場所は第二次世界大戦まで重要なドイツの領土でした。列車内の財産はドイツの物です。必ずドイツに戻されることを願っています。
ドイツのものだって!?もともと他人から奪ったものだろう。元の持ち主であるユダヤ人に戻されるべきだろう。
今までこのナチス財宝の話はたくさんあったけど、今回の話は最も信ぴょう性がありそう。
どうやってそんな山の地下に沢山の列車を隠せたんだろう。
見つかったら世界中のヘッドラインニュースになるだろうね。どの局でも良いから特集番組を作って!
見つかった財宝はイギリスに渡すべき、財政難だったポーランドはイギリスから莫大な資金援助を受けたのだから。
この発見にニュースを聞いてから、私の頭は金塊のことばかり考えているわ。
ポーランドとドイツ、ロシアで1/3に分けましょう。
世界中からヨーロッパに集まる移民の最終目的はこの電車だったのか!?
条件抜きでロシアに返却するべきですね。
メアリー・セレスト号(乗員が誰も乗っていない状態で漂流していた帆船)以来のミステリーですね。ワクワクします。
もし琥珀の間の至宝が見つかれば、プーチン大統領は返還を要求するでしょうね。
返さなかったら、それを口実にプーチン大統領はポーランド侵攻を開始するよ。
行方不明のマレーシア航空機MH370便もそこに隠してあるのかもしれない・・・
第二次世界大戦中に過大な被害を被ったのはポーランドです。彼らにはその宝を受け取る資格があります。
元々ロシアの所有物でしょう・・・国際問題化しなければいいけど。
その地下にあるのが装甲列車ならば、宝が中にある可能性が高いでしょうね。

今回の騒動となっている場所に近いクションシュ城(フェルステンシュタイン城館)は、このナチスの黄金列車が観光の目玉になると熱い関心を注いでいます。もう販売用の黄金列車Tシャツも用意しているとか。

ネス湖のネッシーと同じで、たとえ財宝が発見されなくても人々はその宝に興味を持ち、その地を訪れると言われます。

非難されることの多いナチスですが、この城のナチスやヒトラー関連の秘密施設や資料なども観光資源として活用する意向もあるようです。まったく商魂が逞しいですね。

12
まだ発見された訳ではありませんが、ロシアやユダヤ系団体などがその財宝の所有権を主張し始めています。お宝は観たいですが、醜い争奪戦にならないことを願っています。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/news/article-3215299/Nazi-gold-train-
contain-ornate-250m-Amber-Room-given-Tsar-Peter-Great-King-Prussia-
missing-looted-WWII.html
http://www.bbc.com/news/world-europe-34090165

こんな金塊情報は、いくらお金をかけても調査を進めるべきなんじゃないだろうか? 10%の謝礼でも十分大きいと思う。こういうときに横から自分のものだと出てくる人はいつの時代にもいるけど、中国や韓国はさすがにここまでは手を伸ばさないかな?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年1月4日 10:39 PM

    財宝を載せたまま沈んだ船の特集をテレビでたまにやってるけど、海のなかよりこっちのほうが捜しやすいね。
    海は区切りもないし、息できないし(ボンベで潜る)、気が遠くなるけど、これならめぼしついてるみたいだしね。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.