当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

好戦的な物乞い?!教会に潜むアグレッシブなホームレスのやり方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/10/28

10282
何処の国にもホームレスや物乞いはいる。日本ではホームレスは多いが、それでも物乞いは見かけた事が無いと思う。ドイツでは物乞いが多く、アグレッシブな人がちらほら。物乞いのアグレッシブさで、お国柄が垣間みられるかも!?

人の集まるところに物乞いあり

物乞いやホームレスは先進国であろうが、発展途上国であろうが、人が集まる所では必ず遭遇する。人が集まりやすい場所に行けば、彼らもその分多くお金をもらえる。

私は以前東京で生活していた事があり、他の地域は分からないが、東京では繁華街の路地や地下道、公園等にコロニーの様に集まって生活しているホームレスを数多く見かけたが、物乞いをしている姿は見かけなかった。そして現在、私はドイツで生活しているのだが、対照的に非常に物乞いが多い。

例えば、駅前でタバコを吸えば、タバコを恵んでくれ!とくるおばあさん。ご飯を食べようと店の列に並んでいると、親子連れが手紙を見せてきて、読んでみると「私たち親子に食事させて下さい!」なんて書いてあったり。(タバコはあげたが、二人分食事をプレゼントする程気前が良くない私は、その親子連れには丁重にお断りした。)

他にもビールを飲みながら、空き缶を目の前に置いて座り込む老人や、観光スポットで廃品回収する人がいたりと本当に多い。そしてみな陽気(笑)。そんな中、さらに強烈なアグレッシブな物乞いについて書いたニュースがあり、読んでみると、今までみてきた人たちはまだまだ序章に過ぎなかったんだなと思った。

教会は施しの場だけれど・・・

それはドイツ西部エッセンという街での話で、こちらの街にも老人の物乞いや、子連れの若い女性の物乞いが当然の様にいるが、中でもエッセンの教会では、参拝客にお金をくれと責め立てる事に一切引け目を感じず、強烈にせがんでくる悪質な物乞いがいる。

どのようにアグレッシブに、参拝客に責め立てるかというと、老人であろうがなかろうが相手を選ばず、財布を盗む為に、相手を攻撃し、目的が達成するまでの間ずっと相手をつかんでいるそうだ。また教会にてお祈りをしている女性に対して、物乞いの女性が近づきそして脅し、しつこく物乞いを迫ったりと好戦的な態度で臨んでくる。

こういった事はこの教会では珍しい事でもなく、さらに計画的な犯行である事が多いそう。教会内の監視カメラで注意を払っても、阻止する事は難しく、加えて物乞い行為は犯罪行為にはならないそうで、対処が難しいそうだ。

物乞いや泥棒は、警戒心をもたれるのを嫌うため、教会内で、物乞いに話しかけられたときは「静かにしてくれない?何がしたいの?」と大きな声で話しかける事が一番の安全策らしい。

教会って言うと安全な場所のイメージがあるけれど、場所によってはこんな物騒な人たちが、計画的に犯行に及ぶのを知ると、何処でも気を張ってなきゃなと思った。攻撃された場合は警察に通報出来るけど、物乞いが犯罪行為にはならないとなると、対処する事が困難だ。

この記事を読んだネットユーザーを反応は・・・・

私がそのようなならず者にあったときは、反撃する。
そういえば義理の母が不思議に思ってたけど、親子連れの物乞いの赤ちゃんはいっつも寝てるけどなんで?薬でも使ってんのかな?
ジプシーの子供達には睡眠薬を使ってんのは有名さ。
最低だな!
物乞いは、実際は意地の悪い人たちではないが、時より泥棒だね。本国でもそう。
積極的な物乞いは許されない。でもどうやって人はそれに抵抗すれば良いんだろう。特に高齢者は無力だし。
私はここに行く時、頑丈なアメリカ製の戦闘ジャケットを着ていこう。
西欧では東欧からのジプシーに悩まさせられるもんだな。
残念ながらまだ公的に物乞いが許可されている。悲しい。
教会ではこのような状況に対して告発する事は不可能なんだよな。警察が来るといなくなっちゃうし。それに用心棒を雇うのも難しい。この問題はドイツ人にとってのアキレス腱みたいな物だ。
私は東欧からやってくる物乞いにはお金をあげない。あげる事でマフィアのような組織の構築に助力してしまうから。
私はドイツ人で国に税金や関税を納めているが、彼らの為に支払っているつもりはない。
ベルリンに行った時、信号待ちの際、5~7人のジプシーがお金欲しさにフロントガラスを掃除しようとしていた。
ノルウェーのオスロでも、そのような状況で、しかもこっちはもっと物乞いがいる。ずらっとカップをおいて金を集めている女性がいる。
ヤツラがいる事で、警備やセキュリティシステムという仕事を生み出している。唯一のポジティブな要素だ。
物乞いする女性に寄付してもその人の為にはならないが、その旦那を助ける事になるんだよ。
ノルウェーは福祉国家って聞くけど、物乞いがそんなにいるの?知らなかった。本当?
ノルウェーをはじめとした福祉国家はハエのような物乞いを魅了するんだよ。働きたがらない物乞い達の行為は我々にとっても反社会的脅威だよ。
ノルウェーには5万人の居住者がいるが、失敗した巨大な移民政策がある。
イスラムからの移民者の、イスラムかどうかを名乗る名乗らないは結構勝手な話で、スカンジナビアの女性は、自分の髪の色を黒く染めたり、貞操帯を付けたりと、自分の国へ返されないようやっているんだよ。

物乞いにはみな悩まされていて、ドイツ以外の国でも同様に沢山の物乞いで溢れ返っているようだ。とくにヨーロッパには福祉が進んでいる国家も多いため、それにつられてやってくる物乞いも多い事を考えると、国の政策関係なく、先進国にはジプシーが集まるものだと思った。

物乞いの数が多ければ多いだけ、子連れのジプシーの様に、なりふり構わない物乞いもいたり、記事の様に計画的犯行をするグループもいれば、直接危害を加えてくる悪質な物乞いも出てくるという事なんだろう。

日本のホームレスをはじめとした方々は、ヨーロッパに比べたら非常に大人しいし、彼らは直接物を乞う事はせず、社会から距離を取って生活している人が多い様に見受けられる。

ヨーロッパ同様ホームレスが日本にも沢山いるから、状況はそこまで変わりはないんだろうけど、不思議とこのように他人に危害を加えたり、物を乞う人がほとんどいない事に、まだヨーロッパよりも日本は幾分マシだなと思った。だから出来る限り、このような人達にも生きやすさが行き届くような日本を期待したいな。

(参考)https://open-speech.com/showthread.php/660839-Wie-denken
-sie-aggressive-Zigeuner?highlight=Zigeuner+werden+aggressiv
https://open-speech.com/showthread.php/654182-Zigeuner
-werden-aggressiv?highlight=Zigeuner+werden+aggressiv

悪質な物乞いも犯罪行為にならないなんて、好き勝手やり過ぎで困ってしまう。

日本のホームレスは公園や駅など人の集まるところにはいるけど、他人に対して物乞いをしてくるような事はないので、海外と比べてまだ安心感があるように思える。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年10月28日 8:41 PM

    まあ日本じゃ犯罪だしな。

  2. 日本の名無しさん
    2014年10月28日 10:41 PM

    教会も一種の物乞いだと思うが違うのか?

    頼むから日曜に子供連れで勧誘するのはやめてくれ。

  3. 日本の名無しさん
    2014年10月29日 7:31 AM

    物乞いを装った強盗だよね

  4. babyoye coupons
    2014年11月2日 9:41 PM

    Wow, this really is brilliant bit of posting which i’ve encounter throughout the prolonged very long. Execute of course check out this internet page.

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.