当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ヒトラーがアルゼンチンに逃亡!?謎が深まるヒトラー生存説

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/15

W530
1945年5月、ドイツの首都ベルリンを陥落させたソビエト軍は、ナチス総統のアドルフ・ヒトラーの死体と彼の妻、エバ・ブラウンと思われる遺体を発見しました。

しかし、この死の数カ月後にはヒトラーが南米のアルゼンチンで生存しているという証言が数多く寄せられたのです。ヒトラーは本当にベルリンで亡くなったのでしょうか。

01

ヒトラーは本当に死んだのか?

ヒトラーの生存説は今まで数多く囁かれてきました。世界中のミステリーファンの中でも注目のテーマです。

定説ではヒトラーは敗戦間際に地下官邸で愛人のエバ・ブラウンと結婚式を挙げた後、拳銃で自らの命を断ったとされています。彼の遺体は地下官邸の裏庭で焼かれて埋められたのです。

その後、ソビエト軍の特殊部隊が遺体を発見・調査して、ドイツ北部のエルベ川に散骨されたことになっているのです。

ヒトラー生存説では逃亡先はアルゼンチンとされています。当時、世界中でナチスの残党が逃れられる場所はほとんどなく、数少ない例外がアルゼンチンでした。

この国では軍人出身のファン・ペロン大統領が独裁者として国内を治めていたのです。彼はファシズムに傾倒し、世界の非難を物ともせず積極的にナチスの残党を受け入れていました。

実際、ナチス親衛隊の元中佐で、ユダヤ人大虐殺の実質的な指揮官とされるアドルフ・アイヒマンも戦後にアルゼンチンで1960年まで生活をしていたのです。

その後アイヒマンはイスラエルの諜報機関に拉致されて、1962年にイスラエルで裁判の後に処刑されます。

謎が多く残るヒトラーの死

ナチス・ドイツの敗戦直後、ソビエト軍とイギリス軍が個別に公式調査を行ない、ヒトラーはベルリンで自殺したと判断しました。しかし、同じく調査を行なっていたアメリカ軍はヒトラーの生死を不明としたのです。

イギリス軍とアメリカ軍の調査隊は実際にヒトラーの遺体を確認できていません。ソビエト軍の検死作業にも疑問点がたくさんあるのです。

例えば、定説ではヒトラーは大量のガソリンで焼かれたとされていますが、ソビエト兵が撮影したとされるヒトラーの遺体には全く焼かれた後がありません。この謎の写真は後日ソビエトが宣伝用に作成した偽物だと指摘する人もいます。

02
なお、公式な報告書では自殺と断定していながら、ソビエトの指導者スターリンはアメリカのルーズベルト大統領に「ヒトラーのアルゼンチンへの脱出はほぼ確実だ」と語っています。

ルーズベルト大統領の指示で調査を行なった連邦捜査局・FBIはヒトラーのアルゼンチンへの脱出を把握していたとも言われています。

ヒトラーの生死に関する動画は数多くアップロードされ、100万回以上再生されることもあります。その一部を紹介しましょう。

ヒトラーの生存説や死亡説はどちらも決定的な説得力がない。だから議論が続くのだろうね。
ヒトラーが自殺してくれた方が良かったという連合国側の都合で歴史が作られているのだ。
彼が生きていたら戦争が長引いただろうね。
一応、彼が自殺したことが定説になっているけど。
もうそろそろ結論が欲しい。
俺はね、ヒトラーぐらいの大物には影武者がいるのは普通だと思う。きっと彼は逃亡したんだ。
俺もそう思う。ベルリンで自殺したのは影武者の方。本物はUボートでアルゼンチンへ逃亡したはず。
なかなか面白い点を指摘しているね。実際、彼の写真の中には影武者らしい人物もいる。
ハリー・クーパー氏の本の中で、ヒトラーのアルゼンチン逃亡を詳しく解説している。あの本は信頼性が高い。
英語で書かれたヒトラーに関する本ではバスチ・アベル氏の本が断トツに素晴らしい。
ハリー・クーパー氏の本は最近出版されたものだけど、ヒトラーのアルゼンチン逃亡に関する本は1970年代頃からあるよ。
第二次世界大戦なんてそんなに昔の話ではないよ。それなのに本当に謎が多いんだね。歴史家は何をやっているんだ!
ナチスの残党たちを支えていた人がいるのは事実。なぜナチスが台頭し、多くの人が支持したのかを冷静に見直す時だ。非難ばかりでは意味が無い。
私は長らく第二次世界大戦中の研究をしてきたけど、あまりスペイン語で書かれた資料は参考にされていないね。アルゼンチンの内情を知るにはスペイン語の資料を読み解かないとダメです。
俺はヒトラーの最側近の1人だったゲッペルス宣伝相も自殺せずにアルゼンチンに脱走したと思う。ヒトラーらは十分にベルリンから逃げ出す機会はあったはずだ。
ゲッペルスは一家心中しているよ。それは確かだ。
ヒトラーは世界最大の資産家であり、生き延びる方法はいくらでもあったはず。自殺する理由がなかったのでは?
ソビエトが手に入れたヒトラーの顎骨は、戦後アメリカの大学でDNA鑑定されたけど、彼のものではなかったらしい。
私は自殺したと思う。生きていたらユダヤ人が生かしておかない。
彼はベルリンの地下司令部で亡くなったのさ。それは間違いない!
彼の歯科カルテとレントゲン写真とは完全に一致している。
ヒトラーのアルゼンチンへの逃亡が真実ならば、大ニュースだ!!
アメリカの同時多発テロ「9.11」とヒトラーとの関連を指摘する話もあるよ。
さすがにそれは関係ないだろう。
ヒトラーが生きていたって!?何をたわ言を(笑)
歴史をよく知る者であれば、定説が覆されることがあることを知っている。
ヒトラーの亡霊たちはここでも元気だな(^_^;)
ベルリンが陥落した時、ベルリンの女性がロシア兵に強姦された。ヒトラーはそれを見なかったのは幸せかも知れない。
多くのドイツ人が祖国の為に命がけで闘ったのに、ヒトラーは自殺するなんて許されない。
ヒトラーは世界一の悪役になっているが、彼を支持するたくさんの人がいることも忘れてはならない。
彼は地下壕で自殺した。それが歴史の真実だ。

定説では、側近らがヒトラーにベルリン脱出を進言したにも関わらず、ヒトラー自身の強い意志によりベルリンで最期を迎えた事になっています。

一方、影武者を身代わりにして、側近が無理にヒトラーを逃がし、南米で1965年(1985年説もあり)まで生きていたと主張する人もいます。こちらもそれなりの説得力があります。

連合軍は戦争終結にヒトラーの“死”が絶対に必要でした。そのためソビエトとイギリスの調査団は強引に死亡との結論を出したのかも知れません。

またソビエトの指導者スターリンの疑心暗鬼な性格や、社会主義国家ならではの秘密主義やプロパガンダがこの問題を更に複雑にしました。

今のところベルリンでの自殺説の方が優勢のようですが、果たして謎が完全に解明される日は来るのでしょうか。

(参考)http://www.inquisitr.com/2165420/hitler-didnt-die-in-a-berlin-
bunker-but-escaped-in-a-huge-nazi-cover-up-claims-historian-the-fbi-never-
believed-hitler-was-dead/

ヒトラーが自殺だったなんて初めて知ったけど、結婚式の後に夫婦で死んだなんて、なんだかドラマを感じる。生存説があってもおかしくないような話で興味が出てきた。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年6月18日 1:34 AM

    未だにアメリカの番組はコレ取り上げてるよね…FBIの機密文書が公開されたとか何とか。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.