当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

2兆円もの発注ミス?フランスや各国の壮大な茶番劇集!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/23

2chou
最近話題になったフランス国鉄の新型列車発注ミスのニュースをご覧になりましたか。

発注前に気が付かず、導入してから車両の幅が広すぎて、多くのホームに入らないので、総額2兆円で発注した車両のために、ホームリフォーム工事に更に70億円が必要だそうだ。

フランスの鉄道組織は二つに分けられており、列車の運行を管理する国鉄(SNCF)と鉄道インフラ管理を行う線路事業公社(RFF)がある。

今回はRFFからの寸法ミスでSNCFが発注したことによるミスだそうである。両組織が合併すべきだという非難の声を浴び続けてきたが、いまだにその傾向がない。

そして、全世界で最も評判されているTGVの設備ほど老朽化しつつある地域鉄道は重視されていないので、昨年7月に脱線事故による死者が出た事件もあった。

これもまた非難され続けている。今回も古い地域鉄道の測定を怠った結果だそうだ。滑稽なことに、消費者の要望に応えるために大きい車両を注文したという。

フランス人は仕事が雑だとよく言われる。今回の件もその典型的な一例であろう。しかし、日本とドイツのような真面目な国民性を持っている国はめったにないではないだろうか。

発展途上国をさておき、先進国で上演された茶番劇をいくつかを見てみよう。

1.船酔いを誘う橋ミレニアムブリッジ ロンドン

2000年に開通したこのロンドンの大橋は激しく揺れるから、通行者に船酔いを誘い転落させた事故も起きたため、開通わずか三日後に閉鎖して修正作業が行われた。

2002年にリオープンされたが、800万ドルを費やしたそうである。

2.風に弱いシティグループセンター ニューヨーク

1978年に開業したこの高層ビルを研究していた大学生は風に弱いという欠陥を発見した。補強行事を行った一方、強風非難計画を立てるまでだった。

3.溺れる潜水艦 スペイン

27億ドルを投資したディーゼル電力潜水艦プログラムに小数点を置く場所を間違えたため、去年70トンも原型より重いので海におぼれる可能性があると発覚した。

4.荷物を食べる荷物搬送設備 アメリカ

2005年、ユナイテット航空はデンバー国際空港の自動荷物搬送設備の使用を停止すると発表した。

原因は急カーブを処理しきれず、荷物を食べてしまったり投げ出したりするからである。

例を見てみると、すべて設計ミスや数字間違いだったではないだろうか。そんな大変なミスをするドイツや日本の事例を見たことがない。

さて、フランスの肥満列車についてイギリスの人たちはどう思っているのか。

前はナポレオンの身長、今回は列車のサイズ。寸法を正しく測れないのかフランスの友よ。
いい話だ。最初はイギリスらしいなと思ったら、フランスの話だった。どうも仕事が雑だというのは国民的な病気なんだ。
リバープール南公園通りにできたホームは短すぎて最初の電車がそこに止まれなかった。(涙)
責任機関がどうようもない。これですべて解明だ。「それは私の担当外」と言う役員イギリスにだけ存在したと思った。しかし、フランスは間違いを正そうとせずに、その間違いに合わせようとしてるんだぞ。
そうだ。車体を3センチ縮小するには列車を傷つけずにいられないからね。それだと全部の列車をこすり落とさなきゃいけない。
はは、愚か者。寸法測りの担当はその時2か月の休暇中だったかもしれないね。
フランス人らしい。特大…
でも我々の飛行機が着陸できない空母や、交付される前にすでにアップグレードが必要なヘリや、レーダー装置がない航空機を誰も触れなかったよね。

ちなみに、3センチは0.11インチじゃないよ。1.1だけど、この記事を書いた人はフランス国鉄の関係筋?

馬鹿ものに管理されているのはイギリスだけじゃないみたいだね。
まさにあの学ぶべき教訓だの名言のように、誰かが職を失い、たくさんお金のかかる調査が行われるだろう。
ほかの国も馬鹿者に管理されているのを見てうれしかった。
フランスを笑う場合じゃないでしょう?
EU脱退のもう一つの理由は鉄道・エネルギー・水は再国有されるべきということだ。
線路を敷きなおしたらだめ?通行車両間の距離を縮めるだけでいいんじゃない?車両間距離に関する規定があるの?
ドイツ人は最高だ。
値段が高い進歩だと考えればいい。でも、ただの一つの進歩だ。消費は世界発展を促進するでしょう。
フランス国鉄は国有だから、今回は税金で回るでしょう?フランス経済の活力に貢献すると思う。
おいおい、賢いフランス人じゃない?玉ねぎを四角く切ってチーズのサイズに合わせるし。
社会主義者に手を付けられたものは間違いなく屑になる。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/news/article-2634979/France-facing-rail-chaos-new-trains-built-3cm-wide-platforms.html
http://time.com/107403/from-fat-trains-to-collapsing-bridges-8-famous-engineering-mistakes/

予算の大きな仕事ほど、作業する人や確認する人も多くなるはず。

一人ひとりが責任を持って仕事をしていれば、たとえ一人がミスしても最後までずっと間違いが見つからなかったなんて信じられない。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.