当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

タクシーが街なかや空港付近を封鎖!?運転手が迷惑するスマホアプリとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/10/30

W355
2014年6月中旬、フランスの各主要都市で多くのタクシーが市内や空港付近に集結し通りをふさぎ、周辺の交通が麻痺するという事態が起こりました。

実はこの事態、スマートフォンを使った新しい配車サービスUber Pop(ウーバーポップ)に対してのタクシー運転手たちの抗議デモだったのです。

Uber Popって何?

Uber Popは利用者がスマートフォンを利用して手軽に配車の手配ができる、新世代の配車サービスです。カルフォルニアに本社を置くUber社がこのシステムを開発し、破竹の勢いで世界中の都市を席巻しています。

VTC(Voiture de tourisme avec chauffeur: 運転手付き観光自動車)と呼ばれるこのようなサービスは他社にもありますが、これほどの大規模に事業展開しているのはUber Popを置いて他にはありません。

使い方ですが、利用者はまずスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、クレジット番号などの情報を登録します。

配車は必要な時はアプリを開き、地図をタップすれば近くにいるUber契約ドライバーが駆けつけてくれるという仕組みです。簡単、迅速、タクシーの列に並ぶ必要なし。利用者としてはとても便利なサービスです。

何が問題になっているの?

Uber Popのサービスを利用して移動した場合、通常のタクシーを利用した場合より一般的に30~40%安くすむ値段設定になっており、この新しいライバル出現に既存のタクシー業界は大ブーイング。

Uber Popがタクシー事業を展開しているにもかかわらず、

  • タクシーの営業許可を取っていないこと
  • タクシー運転手には義務付けられている車の定期点検や運転手の定期検診などが行われていないこと
  • Uber Popの契約ドライバーがタクシー運転手としての特別な研修を行っていない一般人であること

などを理由に激しい議論が展開されています。

既存のタクシー運転手はタクシー運転手として働くために特殊な免許の取得が義務付けられており、これには2500~3500ユーロかかり、その他にも営業ライセンスを所有したり借り受けるのにも多額の費用がかかります。

これらの費用を支払うことなく横から割って入ってきたUber Popのやりかたを不満に思うタクシー運転手たちの気持ちもよくわかります。

Uber Popの快進撃

タクシー運転手たちはUber Popの業界進出に危機感を募らせ、これが2014年6月の路上を占拠しての抗議デモへとつながったのです。

フランスでのこの騒動は年が明けた2015年も続き、ヨーロッパの他の都市にも広がりをみせ、Uber Popの事業を禁止する国もでてきました。

しかしこうした大混乱はニュースでも大々的に取り上げられ、Uber Popの知名度はさらに上がり、アプリのダウンロード数も増やしました。

ここで、この騒動に関するフランス人たちの意見を聞いてみましょう。

まずは高額の出費を強いている現行の営業ライセンスの制度をどうにかしないといけないんじゃないかな。
この騒動への政府の対応は一貫性がなく、タクシー業界にとって不当なもので、このことがタクシー運転手たちを追い詰めていると思います。
パリのタクシー運転手は無愛想で愛想が悪いから、ライバル出現でその状態が改善されるといいと思うよ。
自由競争社会なんだから、いいんじゃないかな。
いろんなサービスが増えるのはいいことだよ。
この騒動のおかげでタクシーのサービスが向上するなら、歓迎だよ。接客がなってないタクシー運転手が多すぎるからね。
革新的! こんなサービスがでてくるなんて、時代は変わったもんだね。
いいものは発展し、悪いものは淘汰されるべき!
不誠実なUberのやり方には反対だけど、フランスのタクシー業界にも改善の余地があると思うわ。
連日のタクシー運転手たちの抗議デモにはもううんざりだし、お買い物のために短距離移動したい時に乗車拒否するタクシーにもうんざりよ。
45歳のタクシー運転手です。Uber Popの登場以来、稼ぎが大幅に減ってしまい、残業を余儀なくされています。そうしないとやっていけません。
たしかにUber popの契約ドライバーの身分は労働法が許すギリギリのところだと思うけど、フランスのタクシーは高いから、それより安いUber Popの価格設定は魅力だね。
Uber popのしてることは不法労働にあたると思うし、タクシー運転手との衝突も当然さ。Uber popのしていることを許せば、他の業界、たとえば宅配業者なんかでも同じようなことが起きるかもしれないよ。
12年間タクシーの運転手をしている者です。生活していくために週55時間、週末も祝日もなく働いています。この過酷な労働時間を受け入れているのは、この仕事が好きだからです。これからどうなってしまうか不安です。
Uber Popの契約ドライバーって誰でもなれるらしいじゃん。そんなのを利用するのってちょっと怖くない?
みんなタクシー業界のことをよく知りもしないで批判ばっかりしてると思う。タクシー運転手の仕事は職人みたいなものでそう簡単になれるものじゃないんだよ。
パン屋、花屋、薬局などどんな商売だってその商売をするための費用を支払っているだろう? Uber Popみたいに何も支払わずにその商売に参入するなんて普通じゃないと思う。利用する側としてはもちろん低価格は魅力的だけど、ちゃんと政府が介入して法整備をするべきだ。
Uber Popを使ってみたよ。簡単で便利で乗車前に料金が分かるのがいいね。
Uber Popの契約ドライバーにはもぐりの仕事のようなことはやめてもらうべきだと思う。
パリのタクシーの悪口を言う人は多いけど、個人的には問題なく利用させてもらっているし、これまでのタクシーの存在を尊重すべきだと思うわ。
タクシーだってしばしば税金逃れするためにカードでの支払いを断ってるじゃないか。Uber popのことをとやかく言う筋合いはないと思う。
Uber Popの登場でタクシーを使う時代は終わったと思うよ。
タクシーの待ち時間の長さにはいつもイライラしていたから、いいことなんじゃない?

安くて便利で今までになかった画期的なサービスとして注目を浴びているUber Popですが、お小遣い稼ぎがしたい若者がUber の契約ドライバーになるケースも多いと聞きます。

またUberの契約ドライバーになりすました偽のドライバーが利用者のクレジットカードを盗み、悪用しようとしたケースも報告されています。

Uberの日本法人でも東京都内で本格的にタクシーの配車サービスが開始されています。ですが、日本でのサービスで配車が手配できるのは複数のタクシー会社の正規タクシーですので、日本のみなさんは安心して使えそうですね。

(参考)http://www.metronews.fr/info/vtc-qui-sont-les-nouveaux-
concurrents-des-taxis/mnbc!AovWwBzP9i6/
http://www.lefigaro.fr/societes/2014/11/22/20005-20141122ARTFIG00008-
taxis-la-concurrence-change-les-codes.php
http://www.leparisien.fr/flash-actualite-economie/face-a-la-concurrence-d-
uber-le-vague-a-l-ame-d-un-taxi-parisien-29-01-2015-4489031.php
http://www.lesechos.fr/industrie-services/dossiers/0203210427484-taxis-
contre-vtc-le-bras-de-fer-641069.php#
http://www.rtl.fr/actu/economie/service-de-vtc-uberpop-rude-concurrence-
pour-les-chauffeurs-de-taxi-7775881348
http://www.20minutes.fr/article/1639527/commentaires/1
http://www.leparisien.fr/economie/video-taxi-vtc-ou-uberpop-nous-avons-
teste-les-trois-sur-le-meme-trajet-24-06-2015-4888567.php

どんどんこういう新しいサービスが生まれて、良いサービスが生き残り住みやすい環境が整えればいいと思う。 無人で走行できる車が流通すれば、タクシー運転手も必要なくなるのかな?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年10月31日 2:50 PM

    日本ではタクシー運転手は失礼な言い方ながら底辺の受け皿になっている。しかも、運転業務はつぶしがきかず再就職先を探すのが難しい。
    彼らが運転手の仕事を無くしたら、もう警備員とかになるしかないよな。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.