当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

フランス人に同じ名前の人が多いのにはワケがあった!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/04/02

W423
2015年10月、フランスでの赤ちゃんの人気の名前ランキングが発表されました。

ベストスリーは女の子では人気の順で、Louise(ルイーズ)、Emma(エマ)、Chloé(クロエ)、男の子の名前ではLéo(レオ)、Gabriel(ガブリエル)、Adam(アダム)の順でした。

そんな中で、フランス人の子供に付けることが認められない名前もあります。いったいどんな名前が使用の認められない名前なのでしょうか?

フランス人の名付け方ってどんな風?

フランスでは以前、戸籍担当のお役人が強大な権力を持っていたため、ある名前が子供の名前として使用が認められるか認められないかは彼らによって独占的に管理されていました。

これらのお役人は聖人暦(キリスト教で各々の日に特定の聖人を関連付けた伝統的なカレンダー)上に載せられた聖人名や歴史上の偉人の名前の中から名前を選ぶように定めました。

1966年からは神話に出てくる名前なども名前として選べるようになりますが、それでもなお限られた名前のみしか使用が認められていませんでした。

フランス人の名前にはファーストネームとミドルネームが登録されるのですが、戦時中はファーストネームとして外国人風の名前を付けることが禁じられました。

戦前生まれの人で外国人風のファーストネームを持つ人は、外国人風ではないミドルネームの方を通常使う名前とするようにされたといいます。

1993年になってやっと、子供に損失を与えないという条件のもと、子供の両親が自由に子供の名前を決定できることになりました。

1970年に一番多く名付けられた名前はNathalie (ナタリー) で、約26, 000人の新生児がこの名前になりました。30年後の2010年に一番多かった名前はEmma (エマ) で、約6, 000人がこの名前になりました。

しかしながら、親が自由に子供の名前を付けられるようになってからというもの、個性的な名前を付けようと親たちが張り合うようになりました。大半の名前は使用が認められ、別の名前をつけなおすように言われる例は毎年ひとにぎりのみです。

自分の子供にオリジナルな名前を

フランスには子供の名前として使用可か使用不可かを決めるやり方として、名前か行きすぎの名前であるかを定めるブラックリストのようなものは存在しません。(ニュージーランドなど、つけられない名前のブラックリストが存在する国もあります)

ですので、子供の不利になるか、ならないかという戸籍担当の人の主観優先で判断が下されます。

子供の親たちによって新しく考案された名前も多くあり、それが流行の名前になることもあります。

Tarzan(ターザン)、Mowgli(モーグリ。ディズニーのジャングルブックに出てくるキャラクター)は子供につける名前として認められました。

しかし、Nutella(ヌテラ)、Fraise(フレーズ=イチゴ)は最近北仏のヴァランシエンヌで、Prince-William(プリンス・ウイリアム)、Mini-Cooper(ミニ・クーパー)はペルピニャンで使用が認められなかったという報告があります。

ヌテラちゃんの例は商品名であることから問題になることが予想され、使用不可の決定は妥当かと思われますが、イチゴちゃんの例では他にもサクランボ、プルーン、リンゴなどの果物の名前が人名として認められているため、議論の余地がありそうです。

ここで、フランス人の子供の名前について、フランス人はどのように考えているか聞いてみましょう。

名前もだけど、Cocu(妻を寝取られた男)さんなど苗字だって変なものがあるわ。いっそこれも禁止したらどう?
おかしな名前をつけようとする勝手な両親は誰かが止める必要があるよね。
ターザンとか個性的すぎる名前はなんだか飼い犬の名前っぽくない?
ほんと、ほんと。ペットの名前っぽいよね。
個性的な名前とバカバカしい名前は紙一重だと思うわ。
近所の人が男児にマホメットという名前を付けようとしたけど、戸籍係の人に却下されていたわ。どうしてかしらね?
あら、ポルトガル人の友達の息子はJésus(イエス)って名付けられたわよ。それに比べてフランスは閉鎖的ね。
現代っ子ならスマホくん、タブレットちゃん、ワイファイくんなんてどうかな?
へー、イチゴちゃんって名前、ダメなんだ。かわいい名前なのにねぇ。
なんでこんな厳しいんだろうって思うよ。僕にとってはヌテラちゃんとかは全然OKなんだけどなぁ。
親の中には子供の将来も考えずに平気で問題になりそうな名前とか、人生においてハンディキャップになりそうな名前をつける人がいるのよね。我が子にそんな名前をつけるなんて、私にはちょっと信じられないけど。
末っ子にKinder surprise(キンダー・サプライズ)なんて名前はどうかな?
子供の将来に問題を引き起こすような名前を付けようとした親は罰せられるの?
昔は男の子ならJean(ジャン)かMichel(ミッシェル)、女の子ならSylvie(シルビー)かChantal(シャンタル)ってのが定番中の定番だったのよ。
ああ、それで50代以上の人にやたらとその名前が多いのか!納得。
ヌテラちゃんとか特定の商品名をつけるのはやっぱりよくない感じがするよね。
親は自分がつけた名前のせいで子供が学校でいじめられるって考えないのかしらね?
それはきっとサディストの親が増えたってことだよ。
昔から変な名前をつける親は存在していたさ。いまさらだよ。
聖人の名前を付けられて、名前負けをしている人も多いよね。

いかがだったでしょうか?問題になりそうな名前はつけないように指導すべきという意見と、別にそれくらいは大丈夫なんじゃないかという意見の両方が見受けられますね。

いずれにしても、子供の名前は一度決めてしまうとそう簡単には変更できず、一生付き合っていかなくてはならないものですから、慎重に決めなくてはなりません。

子供の両親は少なくとも子供の人生に悪い影響が出るおそれがある名前は付けるべきではありませんね。

日本でも正しく読んでもらいにくい、大きくなって就職を探す時に不利になるなどの理由でキラキラネームを問題視する風潮がありますが、フランスでもオリジナリティーを求める親と慎重派の間で、子供の名前に関する議論が起こっていることが興味深いです。

ともあれ、他の子とは違う、スペシャルな名前をつけてあげたいという親心は、国を問わず、一緒なのでしょうね。

(参考)http://www.bfmtv.com/societe/les-prenoms-nutella-et-prince-william-
retoques-922198.html
http://www.lexpress.fr/styles/enfant/les-prenoms-interdits_1657138.html
http://www.charentelibre.fr/2015/10/14/les-prenoms-nutella-prince-william-
et-mini-cooper-refuses-sondage,2022076.php
http://www.metronews.fr/info/perpignan-mini-cooper-et-prince-william-ne-
sont-pas-des-prenoms/mobo!ryMa2dely1dyY/
http://www.leparisien.fr/laparisienne/societe/prenoms-louise-et-leo-
plebiscites-fraise-et-nutella-retoques-14-10-2015-5185151.php

使えない名前リストがあっていいかもしれないけど、ちょっとフランスの場合は厳し過ぎる。日本では時代によって名前の傾向が変わるけど、フランスは未だに昔から使われている名前が人気だったりして国民性を感じる。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年4月3日 1:46 AM

    どこの国かはわからないけど、女の子の「リタ」って名前は可愛いと思う。

  2. 日本の名無しさん
    2016年4月3日 2:35 AM

    そっか、「いちご」はアカンのか…。
    BLEACHとかアイカツとか良い作品なのにね(違

  3. 日本の名無しさん
    2016年4月3日 2:23 PM

    子供が産まれたら天に雅と書いてTENGAと読ませよう

  4. 日本の名無しさん
    2016年4月5日 6:55 AM

    悪魔と名付けようとしてひと騒動あったのを思い出した。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.