当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

お問い合わせ

golden.zipangu@gmail.com

パーキングエリアに3歳児を置き去り!親も兄弟も気付かないって本当かよ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/26

W409
2015年夏、バカンスシーズン真っただ中の時期にフランスの高速道路で驚くべき事件が起こりました。にわかには信じられないことですが、3歳になる女の子が実の両親から“忘れられた”というのです。

高速道路のサービスエリアにひとりきり

それはある日曜日の昼間のことでした。フランスのローヌ・アルプ地方南部の県、ドローム県のロリオル近郊の高速7号線のサービスエリアに小さい女の子が一人でいる、と高速道路の警察業務を担当する憲兵隊に連絡が入りました。

実はこの女の子、両親の不手際からひとりぼっちで待つことを余儀なくされてしまった3歳児だったのです。最初から最後までびっくりすることが連続のこの事件のいきさつについて、時間を追ってみてみましょう。

その日の午後2時15分ごろ、バカンス休暇中でそのサービスエリアにいたカップルが1人で遊んでいるこの女の子を見かけます。

まわりに保護者らしき人の姿が見当たらず、1人きりでいる女児が心配になったそのカップルは地元の憲兵隊に連絡を入れます。

通報で駆け付けた憲兵隊員がその女の子から話を聞いたところ、彼女は『家族で海に行く途中だった』ということと、『パパの車が走り去っていくのを見た』ことが分かりました。

実はこの時点で、この女の子の両親が女児を忘れたまま車で出発して約1時間も経っていました。憲兵隊はこの事態に対応するため、交通道路情報を流すラジオ放送で迷子の女児の両親に向けて呼びかける緊急メッセージを流すことにしました。

その頃、両親は?

偶然つけていたカーラジオから流れてきた憲兵隊からの緊急メッセージを聞いて3歳の我が子の不在に気付いた父親は、午後3時ごろ、憲兵隊に電話で連絡を取りました。

その時、家族の車はすでに女の子を忘れたサービスエリアから遠く離れたところまで来てしまっていました。

180kmほど離れたブーシュ=デュ=ローヌ県のエクス・アン・プロバンスをすでに通り過ぎ、ヴァール県のサン・ラファエルに向かって走っていたところだったのです。

驚くべきことに、カーラジオから流れるメッセージを聞くまで、両親をはじめ同乗していた彼女の兄弟の誰もこの3歳の女児の不在に気が付かなかったというのです。

父親と連絡がついたことで、その日の夕方遅くなってようやく女児は両親に引き取られていきました。なんともビックリさせられるこの事件ですが、この両親がこの件で司法の裁きを受けることはないそうです。

『我が子をパーキングエリアに残したまま気が付かない親がいるなんて!』と信じられない人が続出のこのニュースへのフランス人の意見をお聞きください。

こんな親、育児手当目的で子供を作ったダメな親と批判されてもしかたないわね。
この子の両親がなんの罰則を受けないなんて、なんてことだ!
両親が自分の子供の不在に気付かないなんて、ありえないことよ。
置き去りにされた女の子はまだ3歳で小さいから、両親のこの残酷な仕打ちの意味がわからないだろうってことがまだしもの救いだね。
子供への責任感ってものが欠如した許せない親だ!
こんな親が出てくるなんて、悲しい世の中になったものだ。
今朝ラジオで聞いた追加情報では、この女の子はいつも車の後部の荷物を置くようなスペースに置かれたチャイルドシートに座らされていたそうよ。そして、父親は母親が子供を座らせたと思い、母親は父親が座らせたと思いこんでいたんだって。
3歳児をあんまり目の届かないそんな荷物を置くような場所に置いておくって神経がまず信じられないわ。
うっかり忘れたなんて言い訳じゃ済まされないわよ。普段から子供をよく見てない証拠よ。
悲しいニュースね。この子の両親は普段からあまり子供に話かけてないんじゃない?
実を言うと私も以前、同じあやまちを犯したことがあるの。だからこのご両親を非難することはできないわ。私の場合はいとこ達と私の子供たちみんなでキャンプに行った時に起こったの。

出発前にちゃんと子供たちに『みんな揃ったー?』って聞いたけど、子供たちはいつものことだからちゃんと確認もしないで条件反射で『揃った!』って答えて、それで一人忘れていることに気付かなかったのよ。チェックリストを作ったりして気をつけなきゃダメね。

この両親はいずれまた同じようなことを繰り返すに違いないわ。言語道断ね。
車には兄弟も同乗していたっていう話なのに、その子たちが何も言わなかったなんて変な話ね。
同じ子を持つ親としては信じられない、の一言よ。どうやったら3歳の女の子を連れて行くのを忘れられるっていうの!
私には5人も子供がいるけど、1人だって忘れたことはないわ!
この子のご両親はきっととても疲れていたんじゃない?みんなで寄ってたかってこの両親のことを非難しているけど、もしかしたらそんなに悪い親じゃないかもしれないよ。
その子にとってはトラウマになるかもしれないけど、こんな大ニュースになっちゃってみんなに責められる両親も気の毒な気もするわ。人間ですもの、ミスはするわ。
この両親は子供を持つ資格がないと思うわ。
とにかく女の子が悪いやつの手に落ちたりしないで、何事もなく済んでよかったよ。
実はわざと置き忘れたんじゃない?
かわいそうな女の子!精神的に傷ついてないといいわね。
両親はアルコールやドラッグでもやってたんじゃない?それともその子を捨てるつもりだったのかしら?

女児に対しては同情の声が集中し、そして結果的に3歳児をひとりきりで長時間置き去りにしてしまうことになったご両親に対してはなかなか厳しい意見が寄せられていますね。

日本と違い、安全上の問題から小学生になっても親が子供の学校の送り迎えをするのが当たり前になっているフランスですので、小さな子を一人にしておくリスクは日本とは比べものにならないほど大きいようです。

センセーショナルな夏のできごとでしたが、女の子が無事に保護されたので何よりでした。国は変われど子供を大事にする親の気持ちは万国共通ですから、こんな事件がまた起こらないことを祈るばかりです。

(参考)http://www.lepoint.fr/insolite/drome-une-fillette-de-3-ans-oubliee-
sur-une-aire-d-autoroute-09-08-2015-1955755_48.php
http://www.20minutes.fr/societe/1664463-20150809-fillette-3-ans-oubliee-
aire-autoroute-a7

普通100%気付くと思うから、なんだか事件の香りがする。虐待されてないか調べたのかな?海外コメント見て、これが普通じゃないことがわかって安心した。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年1月26日 11:03 PM

    ホームアローン2て、家に一人じゃないよな。

  2. 日本の名無しさん
    2016年1月27日 12:17 AM

    「パーキングアローン」で映画化

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.