当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

お問い合わせ

golden.zipangu@gmail.com

不潔すぎる!理由つけて洗濯しないフランス人の言い訳がこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/15

W420
清潔な暮らしを送りたいと思う場合、まず問題となるのがお風呂やシャワーを使う回数など、身体の清潔さだと思いますが、同じように身に着ける肌着類、日常使っているリネン・タオル類、寝具類等の清潔さも重要な要素です。

フランスで香水の文化が発達したのは、フランス人があまりシャワーを浴びないからだと言われるほど、フランス人は世界中の人から不衛生な人種だという不名誉なレッテルを貼られてしまっています。

そんなフランス人ですが、実際のところはどうなのでしょうか?先日、フランス人に向けて、リネン・タオル類、寝具類をどれくらいの頻度で洗濯すればよいか専門家がアドバイスする記事がウェブ上に掲載されました。

いったいどんなアドバイスがなされ、そしてそれを読んだフランス人はどのような反応をしているのでしょうか?

専門家のアドバイス

まず専門家のアドバイスを見ていきましょう。

バスタオルについて、最低でも3~4回使った後は洗濯するように勧めています。全身を拭いて湿ったバスタオルは悪臭の原因となりやすく、通気の悪いところに放置した場合はなおさらだということです。

またバスタオルの共用は皮膚の感染症の伝染の原因になりうるので避けなければなりません。

そしてフランスでよく使われている食卓用のナプキンは毎週、ハンド・タオルは少なくとも2日おきに洗うように推奨しています。

バスタオルやハンド・タオルについては、入浴後や手を洗った後に使うので汚くないのではないかと考える方もおられるでしょう。

ですが、一番問題なのは生地に残った湿気で、湿った状態のタオルは雑菌が繁殖しやすく、見た目には汚れている感じがしなくてもやはりこまめにとりかえる必要があるということです。

バスマットは細菌の温床!!

シーツは、使用者の生活習慣によって洗濯の頻度が変わってくるそうです。

たとえば夜にシャワーを浴びるのが習慣で、綿ネルのパジャマを着て寝る人の場合はだいたい2週間おき、朝にシャワーをするのが習慣で、寝る時は何も身に着けない人、ベッドで食事をとる人などは毎週とりかえなければなりません。

羽根布団、枕などのカバーは頻繁に洗わなければなりませんが、カバーに覆われている羽根布団、枕本体はそれほど汚れず、年に2回程度のペースで十分だそうです。

そしてバスマットは細菌の住処になりやすいので特に注意が必要だそうで、少なくとも週に2回は洗濯するようにと専門家はアドバイスしています。

またカーテンは埃をためやすく、窓を開けた時に外の空気に直接触れるので、少なくても年に2回、アレルギー体質の人は年に4回は洗った方がいいそうです。

このアドバイスを聞いて、みなさんはどう感じられたでしょうか?『そんなに頻繁に洗わなければいけないの?』と思われましたか?それとも『私、これぐらいは洗っているわ』と思われましたか?

ここで気になるフランス人の反応を見てみることにしましょう。

そんなに頻繁に洗うなんて水の無駄遣いなんじゃないの?
リネン類、寝具類ねぇ。僕は汚かろうと汚くなかろうと、年に一回、大掃除ってことでイースターの休みの時にまとめて洗うぐらいだな。
この専門家のアドバイスに従うとすると、年に何時間洗濯に時間を費やさなきゃならないんだ?
俺の場合、シーツはまず表を2週間使い、それから裏返してまた2週間使い、そしてその後は上下を逆さまにしてまた表と裏を2週間ずつ使うぜ。こうすれば水の節約にもなるしね!
僕の場合、肌着は3日ごとに裏返して着ているよ。こうすれば前の人が言っているみたいに水の節約ができるし、その上洗濯用の洗剤も節約できるよ。
なんて人たちなの!清潔にしておくことは快適さにつながるのよ。
洗濯用洗剤なんて化学物質の塊さ。地球の環境を守るためになるべく洗わないでいるのさ。
毎日やらないといけないことが山積みなのに、こんなに頻繁に洗濯してる暇はないわ!
汚れた洗濯物なんて、雨にでもあてておけばいいのよ。
そういったものは季節ごとに洗えば十分なんじゃない?
水道代とか経済的なことを考えると、年に一回で十分!
書き込みをしてる人たちのコメントを読んでいたら、フランス人は不潔だっていわれる理由は分かったような気がするよ。そんなに洗わないでいられるなんて、信じられない!
私は毎回洗濯機を回すごとに食卓用ナプキン、ハンド・タオル、バスマットなんかをちゃんと洗っているわ。
専門家のこのアドバイスに従っていたら、洗濯だけで一生が終わりそうだ。
この専門家は洗濯用洗剤の会社の回し者かなんかなんじゃないの?そんなに頻繁になんか洗えないわよ。
僕はこの専門家も自分の言っていることを実践していないと思うね。そんなに洗濯ばかりしていたら他人にアドバイスなんかしているヒマなんかないだろうからね。
私のうちなんて洗濯機もないのよ。毎晩仕事の後にコインランドリーに通えっていうの?
こんなに洗濯してる人、本当にいたら見てみたいものだわ。
私は汚くなんてないから、こんなに頻繁に洗う必要なんてないのよ。
こんなこと、他人からとやかく言われたくないわ!

やっぱりフランス人は清潔じゃない!?

大半のフランス人が強烈な拒否反応を示していますね。書き込みを見ている限り、どうやらフランス人は清潔でないという汚名を返上するには程遠い状態のようです。

シーツの上下、表裏を使用するなど『そこまでする⁈』と思わず叫んでしまいそうになるツワモノもいて、ビックリさせられてしまいます。

水の節約などエコロジーの観点から洗濯しないのだと主張する人もたくさん見られますが、なんだか言い訳に聞こえてしまいますね。

フランス人に対しておしゃれで洗練されたイメージを持っておられる方も多くいらっしゃると思いますが、実際にふたを開けてみればこのありさまで、日本人の私たちからするとフランス人はちょっとものぐさなのでは?と勘ぐってしまいますね。

こんなフランス人に比べると日本人はだいぶきれい好きだと思います。フランス人の書き込みは傍から見ている分には面白いですが、もし一緒に住むとなると話は別。清潔感の基準の違いで大げんかになりそうですね。

(参考)http://www.msn.com/fr-fr/lifestyle/maison-et-jardin/voil%c3%a0-la-
fr%c3%a9quence-%c3%a0-laquelle-vous-devriez-laver-vos-draps-et-vos-serviettes/ar-BBlO2wn
http://www.20minutes.fr/sante/1550755-20150226-jean-sous-vetements-
draps-frequence-faut-laver-linge

フランス人臭そう!自分がぐうたらな言い訳を地球環境がとか言ってるのが面白い。ルームシェアしたフランス人は特に問題なかったけどね。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年3月15日 10:50 PM

    ハイヒールを作ったのも地面の糞尿がスカートに付かない為にだっけ?
    パリジェンヌのイメージが…って思うけど習慣だから良いんじゃないの?
    水が勿体無いとか価値観が違うだけ。偏見はない。

  2. 日本の名無しさん
    2016年3月15日 11:09 PM

    おフランスの汚ギャル…ムラムラします!隅々まで洗ってあげよう♡

  3. 日本の名無しさん
    2016年3月15日 11:27 PM

    日本より湿度が低く、雑菌も繁殖しにくいのだろうけど、それにしてもねぇ

  4. 日本の名無しさん
    2016年3月15日 11:57 PM

    枕カバーは片側3日くらいだな
    バスタオルは一回使ったら洗う

  5. 日本の名無しさん
    2016年3月15日 11:58 PM

    いっそ清清しくて良いと思います

  6. 日本の名無しさん
    2016年3月16日 12:04 AM

    をええええええ(嘔吐

  7. 日本の名無しさん
    2016年3月16日 12:32 AM

    ※1
    フランス人はこんなもん。
    留学生の生活態度の悪さは一番目立つ。
    一番良いのがお隣りの国ってのも面白い。

  8. 日本の名無しさん
    2016年3月16日 1:06 AM

    水が勿体無いのと洗濯不精なのは関係無い。
    勿体無いなら節約して洗濯すれば良いだけで、洗濯しない言い訳にはならないよ。

  9. 日本の名無しさん
    2016年3月16日 1:14 AM

    水の節約とか良いから洗えよ…着たあとのもん裏返してまた着るとかまじ意味わかんなくねww
    俺とかめんどくさがりそのものだけどフランス人よりかは清潔に身の回り保ってんだなと思ったわw

  10. 日本の名無しさん
    2016年3月16日 1:35 AM

    パリ症候群ならぬフランス症候群

  11. 日本の名無しさん
    2016年3月16日 6:48 AM

    文化だし変えるのは難しいよな。
    汚れの目立つ襟やカフを付け替えたりするだけの見てくれ重視、尻の膨らんだスカートはどこでも糞尿が出来るため。ヒールは糞尿を避けるため。傘は二階から投げ落とされる糞尿から身を守るため。絵画で見たことあるでしょ。
    なんで綺麗にする文化が発達しないのか不思議…汚い文化。。文化だからしかたない。

  12. 日本の名無しさん
    2016年3月16日 7:10 AM

    環境的なものもあるだろうけど、汚すぎるぞフランス人

  13. 日本の名無しさん
    2016年3月16日 7:50 AM

    汚いの概念が違い過ぎたw
    エコを言い訳にしようが汚いわ

  14. 日本の名無しさん
    2016年3月16日 9:39 AM

    決してブレない強い芯があるね(褒めていない)

  15. 日本の名無しさん
    2016年3月16日 10:10 AM

    うーん、汚いというより、だらしないお国柄なんだよ。
    部屋は混沌としてることが多い。
    文化どうの言ってる奴も居るが、お隣りのドイツ人は
    同じくお風呂にそれほど入「れ」ない文化圏だけど、
    日本人と変わらんくらい生活態度はきっちりしている。

  16. 日本の名無しさん
    2016年3月16日 10:37 AM

    水が硬水だから風呂入ると髪の毛とかパサパサになるし
    肌も乾燥するらしい。でもシャワーくらい浴びろ
    昔のふんわりしたドレスは野糞するのに隠してたのはウケるぜ
    それで日本の和式のトイレを原始人扱いすんのはもっとウケぜーw

  17. 日本の名無しさん
    2016年3月16日 10:24 PM

    タオル類はともかくシーツだなぁ
    あれは意識して交換しないと本当にそのままだ

  18. 日本の名無しさん
    2016年3月17日 9:36 AM

    パリ症候群ってのが有るらしいね
    なんでも憧れのパリと現実の差を解消出来なくて陥るとか

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.