当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

海外のストはレベルが違う!積もるゴミの山、届かない郵便物、延期された手術

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/07/26

W577
ストの影響で郵便物がぜんぜん届かない。ゴミ収集車が1ヶ月間まったく来ない。予定されていた手術がキャンセルされた。こんな経験したことありますか?

「そんな事あるわけないじゃない」。日本では多分、ないでしょう。日本の交通機関や民間企業が「時限スト決行!!」を威勢よく宣言しても、数時間後に和解が成立してストは中止。その程度のストがほとんどです。

ストライキ突入のため、翌日の午前中は電車の運行停止。そんなニュースにおどらされ、寝坊して起きてみたらストが中止に?! 「タイヘン!!」。あわてて学校や職場へ突進する!こんな経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、日本以外の国のスト事情はどうなっているのでしょう。統計値を使ってチェックしてみます。

国別スト参加者数は?

1996年~2000年のスト参加者数の年間平均割合です。

国名 年間平均割合
デンマーク 29.6%
フランス 6.7%
アメリカ 6.0%
イギリス 2.2%
日本 0.01%

スト参加者数は、デンマークが断トツで世界第1位。日本はなんと「0.01%」です。多少、古いデータですが、なるほど納得。

ストのため、日本で学校が休みになることはほとんどないし、新幹線が止まる心配もしなくていい。おかげで安定した日常生活を送ることが出来ます。それでは、ストが多いって具体的にどういうことなのでしょう。

ゴミ吹雪、イギリスの地方都市を直撃する!

ゴミを収集する車が来なくなってから一週間。「イースター・ホリデーだから仕方ない」と楽観していたのですが、その次の日も、その次の週もゴミは収集されずじまい。

市職員がストライキしていることに気づいたときは、あたり一面ゴミの山。風の強い日などたまりません。ショッピング街を歩くと、ゴミ吹雪におもむろに見舞われます。これ、笑えないしジョークにできない。

一歩踏み出すたびに、路上のゴミが腰の高さまで舞い上がってきます。「筆舌につくせない」とはまさにこのこと。結局、一ヶ月ちかく続いたでしょうか。文句を言う市民がいないというのもスゴイ!!

パリでは一週間にわたりバスと地下鉄がストライキ!?

一週間もの間、大都市のバスと地下鉄が動かなかったら一体、どうなるのでしょう?学校にも会社にも行かれない。東京で同じことが起きたら、それこそパニック。パリも大都市だし旅行者も大勢いるのに・・、何で?

ただ、パリのストは交通機関が100%ストップするわけではありません。路線によっては、運行を全面的に停止する場合もありますが、大半は「間引き運行」でストライキを実施します。そこが日本の交通ストと違う点。「よかった」と安心。

驚いたのは、ストライキ期間中、運賃がタダになることです。バスに乗って「いくらですか?」と聞くと、運転手さんは「いや、いいんだよ」と料金を受け取ってくれません。

なんとなく得した気分。とは言え、旅行者にとってこれは、まさに一大事。空港までは無事に到着しても、ホテルへ向かう足がないのでは悲しすぎ。

こんなセンチメンタル・ジャーニーにしないため、「花の都パリ」を訪れるときは前もって、交通情報をチェックすることをおすすめします。

手術も後回し、お医者さんのストが先!?

02
イギリスの医療制度NHSのドクターはこのところ、断続的にストライキを行っています。2016年3月9日に行われた「48時間スト」の影響で、治療と手術をキャンセルされてしまった患者さんの数は、なんと5000人。

イギリスの病院(プライベートを除く)は全てNHSの管轄下で運営されているため、日本のように別の病院を選ぶことはできません。なので「ストがあるから手術、延期です」と言われてしまうと、待つしかありません。

「今日の午後1時から手術の予定だったんだけど」と頑張ってもムダ。「しかたないでしょ。ストで今日は、ドクターがいないんだから」。他のことならともかく、これはちょっと???

上の写真はストをするドクターの様子です。笑っているように見えるのですが・・・・?!

ドイツはスゴイ!生徒も先生もストライキ 

ドイツでは生徒も先生もストライキを行いました。目的はそれぞれ違いますが、ストで思いを訴えるという姿勢は共通しています。

生徒がストライキを決行した理由、それは政府が実施している「教育改革政策」に反対するためです。大学に割り振る国家予算を低減し、教育機関を民営化に移行する動きがヨーロッパ全土に広がっています。ドイツも例外ではありません。

先生のストの理由は「賃上げ」と「年金」に関する要求です。ありがちな理由で当たり前すぎ。

当たり前でなかったのが「全国規模」で大規模に展開された点でしょう。ベルリンは月曜日からストに突入、別の地域では火曜日から・・・と。まるで、お祭り騒ぎのよう。

ホテルのストライキのおかげでホリデーは最悪に。部屋を掃除してくれないし、外では早朝から大声をはりあげている。料金は普通に払っているのに。
航空会社のストライキで予定のフライトに乗れなかったけれど、別の航空会社を用意してくれたので助かった。
ユーロスターでフランスへ行ったとき、ストで地下鉄に乗れなかった。駅はロープで閉鎖され、タクシーもつかまらない。サイテー!
パリで交通ストがあった時、「国外行き電車」へ乗り継ぐ場合にのみ、地下鉄に乗せてくれた。自分の顔がフランス人っぽくないので、とぼけて外国人の振りをしてセーフだった。
ドイツで乗り継ぎ便を利用した時、ストライキのため搭乗便が変更されてしまった。ヨーロッパではよくあることなので、慣れていない人は直行便の方がいいと思う。結構、不安だった。
ストライキのため、バルセロナで航空便が変更された。しょっちゅうなのでイヤになる。
フランスへ留学中、ストライキは年がら年中だったよ。交通機関のストは本当に困りもの。自転車が唯一の救い。
先生のストライキは、ちょっと問題あるんじゃない。
お医者さんのストライキのおかげで手術がのびのびに。もう、どうでもよくなってきた。
ストラキ中は、給与が支払われないのが原則と知って驚いた。
最近は工場のストが増えてきた。以前はあんまりなかったのに。
イギリスに語学研修に行ったとき、地下鉄ストのため1時間歩いて学校へ行ったことがあるよ。
日本はストが少ないし、交通機関が時間通りなので旅行していても心配がないね。
カナダにきてストライキが多いのでビックリ!イメージ的にストが少ない国だと思っていたのに。
ロンドンで「地下鉄の一週間チケット」を買ったとたん、地下鉄が「48時間スト」に突入。勘弁してくれよ~
ロンドンに来てから5ヶ月。地下鉄のストは、これで3回目。
久しぶりにヨーロッパへ行ったら、ストでフライトがキャンセルされてしまった。
中国で日本企業の中国人労働者がストライキを決行したけど、ビジネスにあまり影響はなかった。
公務員が年がら年中ストをやるので、本当に困る。
先生のストライキのため、期末テストが中止。成績は出席率だけで決定!ヘンだけど嬉しい。

日本では、ストライキのため生活に大きな影響がでることはほとんどありません。しかし外国、特にヨーロッパでは深刻な影響がでている国もあります。

学校・病院・ゴミ処理など、日常生活に影響が出てしまうのは本当に困りもの。交通機関のストで、飛行機の乗り継ぎ便がキャンセルされてしまう。地下鉄が動いていない。日本人の多くの方がこうした体験を口にしています。

ヨーロッパ旅行を考える時、「直行便」と「乗り継ぎ便」の選択を熟考する必要があるかもしれません。サービス業を利用しているのに、自分でリスクヘッジを管理しなくてはならない。皮肉な話ですが、これが現実です。

(参考)http://www.nationmaster.com/country-info/stats/Labor/Strikes
https://en.wikipedia.org/wiki/Strike_action
http://www.bbc.co.uk/news/health-35757347
https://www.virtualtourist.com/travel/Europe/France/Ile_de_France/Paris-
99080/Warnings_or_Dangers-Paris-Labor_Strikes_Greves-BR-1.html

ゴミが1ヶ月回収されないなんて!逆にそんなに溜めたら再開したときが大変なんじゃないかと思うけど、ストライキやるまで和解できないなんて強硬手段すぎる。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年7月27日 1:56 AM

    JRがまだ国鉄だった頃は毎年ストやってたイメージだな。
    ストが決行されるか回避されるか直前まで分からなくて迷惑した。
    教師も時々交代しながらハンストとかやってたけど、いつぐらいからかそういう話も聞かなくなった。

  2. 日本の名無しさん
    2016年7月27日 5:47 PM

    ゼネストは日本も前のようにガンガンやりゃいいのだ。

  3. 日本の名無しさん
    2016年7月27日 5:50 PM

    ストをやる弱者を非難する美しい国だからな

  4. 日本の名無しさん
    2016年8月24日 4:19 AM

    ストをやる勇気のない美しい国

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.