当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【驚愕】各主要都市の美しい街並みの中で1つだけ、あれっ?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/03

city

中国のウェブ上で流行っている写真集がある。各国の大都会の空撮写真を載せて比較する目的だ。それを利用して自国の現状をからかったり、ダメ出ししたりする中国人がたくさん出た。

まず写真集を見てみよう。
多いけど最後まで続けて見てくださいね。面白い発見ができるかも(笑)

1. ドバイ
1

2.ニューヨーク
2

3.パリ
3

4.シドニー
4

5.バーン・スイス
5

6.ギーザ・エジプト
6

7. リオデジャネイロ・ブラジル
7

8.ベニス
8

9.ケープタウン・南アフリカ
9

10.オレンジ郡・カリフォルニア
10

11.チューリップ田・オランダ
11

12.上海
12

13.北京
13

あれ?最後の一枚はおかしいじゃないか!お~い、写真が現像してないぞ~!!

ははは、お分かりになったでしょうか?北京はPM2.5がひどいので、空から何も見えないわけだ!

この写真集のタイトルは色々あるが、一番目を引き付けるのは「綺麗すぎる!各都市の空撮が話題を呼んでるぞ~。北京は醤油を買いに来ただけだ!」である。

それはどういう意味かというと、”すべての都会の空撮写真が千差万別に綺麗なのに、北京だけは例外なのだ。”ということだ。

あくまでも冗談のつもりで作られた写真集なのかもしれないが、その裏には中国の人々の環境汚染への心配と自嘲が含まれている。

発展途上国の共通の問題だ。経済を発展するために、環境破壊は避けては通れない問題である。空気汚染の面でいうと、悪評が立つ光化学スモッグが真っ先に挙げられるだろう。

1940年代に最初の発生地ロサンゼルスをはじめ、カナダ、ドイツ、オーストラリア、オランダ、イギリスなど、今はまさに先進国集団がどの国も免れなかった。

日本も1970年代に被害報告が出た以来、年間300日を超える光化学スモッグ注意報が発表されるぐらいの空気汚染のピークを迎えて、その後環境保護意識が高まって積極的に取り組んだ結果、今の綺麗な日本がある。

しかし、隣の中国は現在発展の真最中なので、空気汚染がひどくなりつつある。その影響で、日本も多少被害を受けているのではないだろうか。

空気汚染について、中国のネットユーザーはどう反応しているのかを見てみよう。

前の写真は良かったけど、最後の白紙写真は殺風景。北京のPM2.5指数の高い日に撮った写真を投稿するっていうのはちょっと思いやりに欠けるんじゃない?

でも、PM2.5を早く減らさないと大変だからね。北京に青空と白い雲を返すのは目下の急務だ。

北京の写真を見て我慢できなくなった(何を我慢したかはよくわからない、多分ダメ出し)。帝都には秘密が多いので、隠さなきゃ。
ドバイの写真はどうやって撮ったんだ?長い間撮影してきたけど、あのような写真が撮れる都市は一つもなかったよ。誰か教えてくれないか?

いいカメラだったら、明かりがよくなくても綺麗にいろんな情報を映せる。前の写真で使ったカメラは上海の写真で使ったカメラとは同じレベルじゃない。

あと撮影の時間や角度、ロケ地なども関係してるからね。シドニーの靄の朝を撮ってみな。上海と同じに見えないに違いない。

ロンドンはどれだけの苦労をして環境汚染に取り組んできたかわかる?アメリカだって空気汚染のせいで死んだ人がたくさんいたよ。
二つの選択肢をあげる。PM2.5に包まれているがこれから減らす努力をする中国と、車もパソコンも携帯もない昔の中国。はたしてどっちを選ぶだろう。
前の方の言ってる通りだ。政治を感じるコメントだ。発展には犠牲が必要なんだ。
ドバイの写真は地上5千から1万メートル以上でないと撮れないよ。僕らの空撮とは質が違う。
上海と北京を否定しようとしてるけど、広州も毎日青空というわけではない。偏見を持ってはいけない。
見えない都市以外は、スイスが一番感じいい。シドニーは一番ダメ。
お前はそれでも中国人なのか?死ね!
自国を非難したら頭が悪い?そういうことを言う人こそ頭が悪いんだよ。
北京は画龍点晴(僅かなことで全体がひきたつ)だよ。これで安心した。日本と戦争したら全体負けない。中国には透明人間もいるし、ステルス機もある。更に目に見えない都市もあるからね。
本当だ。北京の防空体制が超一流だよ。どこの国も並ぶものがない。レーザー武器も使い道がなくなるじゃん。
北京をよくするには副首都を作ることだ。もともと中国人の発祥地じゃないし。
写真集を作った方へ質問。上海の写真は本当に空撮?その高さだったら飛行機が高層ビルにぶつかるぞ。
眼鏡をかけてお風呂に入ったような気がした。でも、メガネを拭いても北京が見えなかった!
車の所有者に環境改善税を徴収すればいいんだ。
ははは、思いっきり笑っちゃった。
とっても面白かった。PM2.5は社会が発展するには避けては通れない問題だよね。百年前のロンドンを見てごらん。心配しないで、そのうち良くなるよ。
ずっと昔から中国の西北部で木を植え続けている日本人がいる。黄土高原の砂漠化を少しでも食い止めようと考えているからである。

しかしたとえ砂漠化が止まったとしても、経済発展に伴う環境汚染がどうにも手を付けられない。

中国当局も空気汚染をはじめとする環境問題の深刻さに気付き始めて、一生懸命に取り組んでいるところだ。

近い将来、日本のように青空と白い雲が満天に広がるようにと願ってやまない。

(参考)http://bbs.tiexue.net/post_7081091_1.html

あまりに上海や北京の状況がひどすぎて、心配を通り過ぎて笑いが出てしまう。

しかし中国は日本の隣国であり、ニュースでPM2.5飛来の報道もされているので他人事ではなくなってきている。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.